横浜市神奈川区の遺品整理などの様々な意見と感想をまとめました

横浜市神奈川区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に横浜市神奈川区の遺品整理などの様々な意見と感想をまとめました

横浜市神奈川区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

遺品整理という言葉はご存知ですか?
簡単に言ってしまうと亡くなった人の物を整理するという事で、それを専門にする会社もあるぐらいです。

確かに少し考えると絶対に必要なお仕事ではありますよね。
ただ、人の生死に関わる問題ですから、あまり知られる事は無いですけれどね。

私も全然知らなかったのですが、祖母が亡くなった時に依頼させて頂く機会がありました。

理想としては私達家族のみで遺品整理出来たら一番良いのですが、現実的な事を言ってしまうとなかなかそのような時間も取れないという事で業者さんに依頼するという運びになりました。

調べてみると業者さんも多くあるみたいでどこが良いのかというのは分からないものですね。
食べ物屋さんみたいに多数の口コミというのも無いですし。

そんな時に母の知り合いが利用した事があるという事で貴社を紹介して頂き、依頼しました。

作業はスムーズかつ丁寧に行っていただきました。
作業の中身自体を見れば引っ越し作業と同じなのでしょうが、亡くなった人の物ですので、家族やご本人にとっても大事なもので繊細に扱わなければなりませんよね。

大変なお仕事とは思いますがこれからもがんばってくださいね。

横浜市神奈川区の遺品整理に関する色々な感想・2

先日の事ですが、母が亡くなりました。

私に家族が出来た事をきっかけに母は一人で住んでいましたので、母の遺品整理をしなければなりませんでした。
兄弟も特におらず、親戚も遠い田舎にいるものですから、基本的には私一人で行わなければなりません。

とはいえ、なかなか量も多く、仕事の合間でやるという事で思うように整理が進まなかった記憶があります。
そしてもう一つ問題がありまして、母が借りていた家を返す期限が迫っており、このままでは間に合わないという事で、遺品整理を行ってくれる会社に依頼しました。

私自身遺品整理をしていただいた事が無いのでどのような感じでやってくれるのか想像がつかなかったです。
あまり高価な物は無いですが、母の大事な物もあるので、丁寧にやってくれるかなという不安も正直ありました。

当日は来ていただいたスタッフの皆さんの働きぶりは、それはもう素晴らしいの一言です。

今までの私の遺品整理があまりに遅すぎて比べるのも失礼なのですが、とてもスムーズなんですが、かといって雑では無い仕事ぶりにまさにプロだなと感じました。

おかげさまで無事に片付き、部屋の期限に間に合う事ができました。

どうもありがとうございました。

横浜市神奈川区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

物に魂って宿ると思いますか?
突然の質問なのですが、日本では八百万の神と言いまして、色々なものに神が宿るという考えがありますよね。

なんでこんな事を思いついたかと言いますと、先日父が他界いたしまして、あまり仲が良かった訳では無かったのですが、いざこの世から居なくなってしまうとやはりさびしいものがあります。

葬式が終わり、父の部屋に入ると色々と父の私物がある訳ですけれども、そこには私が持っている父との思い出があります。
そして逆に父には自分だけのその物との思い出がありますよね。
こんなに思われているとそれには魂が宿るのかな?とふと疑問に思ってしまった訳です。

遺品整理に関しては専門の業者さんに依頼しました。
冒頭の話に少し戻りますが、日本には物に魂が宿ると考えている人が少なからずいると思います。
ですから、遺品整理という仕事はなかなかに神経質にならざるを得ない仕事だなと感じました。

私の時もそんなに気を遣わなくてもと思うぐらい、丁寧にやっていただきました。
私が少し無頓着なだけかもしれませんが。
普通であれば、大事な人が亡くなった直後ですから、あれだけ丁寧にやるのは普通の事かもしれませんね。

横浜市神奈川区の遺品整理行った上での感想・4

大事な人が居なくなるというのはとても悲しいことですよね。

私も先日とても大事な人を亡くしました。

小さな頃から私の事を実の娘の様に可愛がってくれたお義母さんです。

ある事情により小さい頃からお義母さんと共に暮らしていました。
そんなお義母さんが先日病気で亡くなってしまい。
本当に悲しかったです。

悲しくて悲しくてなんであんな素敵な人が死ななければならないんだろうと思ってしまったほどです。
小さい頃だったらずっと泣いているでしょうね。
ただ、今はもう大人です。
現実を見なければなりません。

私がまず行った事は母の遺品整理でした。
そのままにしておいてもいいのですが、遺品整理を行う事によって私自身の気持ちも整理したかったというのがその時の気持ちでした。
こんな風に言ってしまうと、母を忘れるように聞こえてしまうかもしれませんが、自分の気持ちを整理して、前を向いて歩きだすために必要な事だと思います。

要らない物もあったので、そういったものは専門の業者さんに引き取っていただきました。

そもそもそういった要る要らないの選択が当時は非常に辛かったのでそういった部分をしていただいたのは本当に助かりました。

今では母の死受け止める事が出来、前向きに考える事が出来るようになりましたね。

横浜市神奈川区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

亡くなった人の所持していたものを整理するというのは残された家族にとっては非常に辛い作業であると言えますよね。
そんな時に役に立つのが遺品整理を専門に行う業者の存在です。

作業自体は通常の引っ越し業務となんら変わらないですが、故人の持ち物を扱うという事はこれ以上ないぐらいに繊細さを求められます。
一般的にお亡くなりになられてから早い段階で遺品整理を行う事が多いため、家族の悲しみはまだまだ深い状態にあります。
そのような時に故人の大事な物を粗末に扱われたら余計悲しみが増えますよね。

ですから、あまり知られていないですが、遺品整理という仕事はとても大変ですが、誇りある仕事であるといえますね。

私はそういった仕事に付いている訳では無いですが、知人が行っているので、ちょくちょく話は聞きます。
その友人曰く大変な仕事ではあるが、終わった後の家族の顔はとてもほがらかな顔をしており、とても感謝されるから凄くやりがいがあるそうです。

大変だとは思いますが、少しでも遺族の悲しみが減るのであればとても意義がある仕事だと言えますよね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP