横浜市保土ケ谷区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

横浜市保土ケ谷区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に横浜市保土ケ谷区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

横浜市保土ケ谷区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

友人の祖父が亡くなった時、困ったのは遺品整理についてだったらしいですね。
友人の祖父は一人暮らしで家族から離れて生活していたので死んでから発見が遅れて後始末が大変だったとか。
なにせ家具も一人暮らしで大量にあるので素人だけでは運び出せない量があったそうです。
処分するべきものと取っておきたいものの分別にも時間がかかる上に契約の問題で素早く処理して後を綺麗にしなければいけないというのが問題だったそうです。
時間をかければなんとかなるのかもしれませんけど、そうそう皆も暇なわけじゃありませんものね。
死んだ人間のために生きている人間がどうにもゆかなくなってしまったら本末が転倒です。

だから友人たちは遺品整理の専門業者に片付けを依頼したという事です。
そういったプライベートな事を頼むのは恥ずかしいかもしれませんけどしょうがないですよね。
業者さんたちは流石にプロなだけあって見事な手並みだったそうです。
雑多な生活空間のなかから通帳などの貴重品をきっちり見つけ出し、引き取れないような衣類やタンスなどの家具類も丁寧に運び出して部屋の清掃まで完璧にやってくれたそうです。
流石専門家だと友人は感心していました。
自分も親族の遺品整理をしなければいけなくなった時は専門の業者さんに頼ってみようかと考えています。

横浜市保土ケ谷区の遺品整理に関する色々な感想・2

遺品整理にも資格があるそうです。
少子高齢化が進んでいる現代社会で遺品整理のニーズが高まってきてから粗悪な業者による問題が増えてきたのが背景にあるようで。
部屋の片付けなどが仕事の何でも屋がこういう相談を受けると普段やっていないような家具の処分などをする事になります。
すると捨て方がわからずに不法投棄や違法投棄して済ませたり、引き取った遺品を古物商の許可もないのに売りさばいたりして問題になったりするんですね。
だから業界の正常化のため、モラルと法律を守った専門家が必要とされてきたのが原因ということです。

遺品整理と言われても部屋の清掃から家族が引き取れない家具の処分、ところによってはリフォームまで仕事の範囲になったりするそうです。
幅広い業務についての知識や理解が求められるのだから大変ですね。
需要は今後も増えるでしょうからよい資格なのかもしれませんが。
一般社団法人遺品整理士認定協会という所が試験を出して資格を認定してるそうですが、国家資格になる事を目指しているようです。
こういった専門の業者や資格が登場するのも時代の流れなんですね。
誰でも親類が死んで後始末を付けなければいけない状況に当たることがあるでしょうから必要もあるし大切な仕事です。
しっかりとした資格があるのはいいことなのかもしれませんね。

横浜市保土ケ谷区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

片付けられない叔母が亡くなり遺品整理をした時は大変でした。
買い物依存症の気がある叔母の家はどこもかしこも物で溢れかえっていて足の踏み場もないような状態でした。
ほとんどが不用なものなのですが、ひょっとすると重要なものがあるかもしれませんし、いっぺんに片付けるわけにもいかなかったのです。
しかし私達も色々忙しかったのでじっくり片付ける時間がありませんでした。
一つ一つの物を確認していると故人との思い出が蘇ってきますし、本人が取っておいたものを捨てるという罪悪感から気が滅入ってしまうものです。
そこで私達は遺品整理を専門とする業者さんを呼んで片付けてもらおうと思い切りました。

色々な遺品整理業者さんに見積もりを出してもらい比べてみると意外と値段やサービスにばらつきがあるのが驚きました。
不要品が少ない場合、郵送で回収してくれるサービスなど様々なニーズがあるのだなぁと感心してしまいました。
最近では少子高齢化で亡くなった方の親戚の数が少なくなる傾向があり遺品の行所を見つけるのが難しくなってきているためそのような業者が増えてきたのでしょうね。
私達もそのような人たちの一人だったわけです。
一軒丸ごと片付けなくてはいけないという事情から少々値段はかかりましたが結果的には良かったと思っています。

横浜市保土ケ谷区の遺品整理行った上での感想・4

大切な家族が亡くなるのはとてもつらい事ですが、いつまでも悲しんでばかりはいられません。
前を向いて生きていくためにもきちんと遺品整理をし、気持ちにも整理を付けることが大事だと思います。
いつまでも故人のものをそのままに残しておくとどうしても感情が後ろに引かれてしまいます。
亡くなった人を忘れろというわけではありませんが、ずっと思い出に浸って悲しみ続けるというのはあまり健康的なことではありません。

いつまでも使いもしない家具や衣服で部屋の中を埋めているのは経済的にも精神的にも良いことではないでしょう。
故人が残したものでもしかるべき所にリサイクルしてもらえば別の人に使ってもらえます。
その方が物にとってもありがたいことなのでは無いでしょうか。
遺品整理を専門とする業者さんに頼んで古品を別の必要とされる人に渡すという事を考えてみてはどうでしょうか。

亡くなった人の物を整理して家の中を綺麗に掃除することで気持ちにも整理が付き、前向きに生きることが出来るようになります。
そういう意味で遺品整理はお葬式と同じ位大切な行為だと思います。
自分一人では肉体的・精神的にできないという方もいるでしょう。
そんな方は専門の業者を頼ってみてはどうでしょうか。

横浜市保土ケ谷区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

高齢化社会の現代日本では遺品整理の需要が高まったことにより専門の業者がどんどんと生まれてきています。
こうした成長中の業界ではよくあることですがあまり質の良くないサービスの業者も存在しています。
ブームに当て込んで粗悪な便乗商品が出てくるのはよくあることですが、それはサービス業でも同じだということですね。
そのような業者を避け遺品整理に纏わるトラブルを回避するにはどのような所に注意すればいいのでしょうか。

まず実際に片付ける状況を見ずにすぐに値段を決めて仕事を受ける業者は信用してはいけないようです。
片付けにかかる手間数や必要経費は実際に見ないと正確にはわからないものですから、後から思わぬ出費がかかったり扱いが乱暴だったりするケースがあります。
また見てもらってから見積もりを出してもらっても最終的に払う料金が多くなっているという事がしばしばあるようです。
作業の途中で「これはオプションなので別料金です」と言って追加料金を取ろうとする手口は廃品回収などで良くあるやり方です。
同じようなことをしてくる遺品整理業者もいるので見積もり時には正確な金額をきっちり詰めて確認しておくことが重要だと言えるでしょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP