横浜市戸塚区の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

横浜市戸塚区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に横浜市戸塚区の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

横浜市戸塚区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

先日、テレビで「遺品整理」の仕事のドキュメンタリーを観ました。

私はそれを観て、グッとこみ上げてくるものがありました。

全く知識も無く、イメージすら無かったので、とても興味深く観たわけですが、特に印象的だったのが故人に対する業者の遺品の扱い・接し方です。

故人に敬意を払い、遺品整理をしていくなかで、きちんと整理するだけでなくその場所の故人の想い出も送り出していくという、とても素晴らしい職業だなと思いました。

皆様も観た事ありましたか??
観た人は心打たれるものがあったと思いますし、「生き方」というものを見つめ直す良いきっかけになったのではと思います。

自分らしい生き方をして、遺族に心から偲ばれて送り出される・・
そんなことを色々と考えてしまったわけですが、遺品整理の仕事というのはどんな形で故人が生きてきたとしても、そこには必ず素晴らしい出会いや家族への想い・安らぎがあったわけで、そこの大事な暖かい部分を掘り出してくれる・・・そんな素晴らしい大事な仕事だということですね。

横浜市戸塚区の遺品整理に関する色々な感想・2

もし自分が亡くなった場合、自分の所有物ってどうなるんだろう?
しかも一人暮らしだったらどうなるんだろうか?
高齢化社会がどんどん進むなか、こんなこと考える人は少なくないと思います。
私はすごく考えてしまいます。
もちろん高齢になるにつれて、そこでコミュニティーを作り上げて助け合うことも重要だと思いますが、全ての人にそれは当てはまりませんね。

色々とネットで調べていくと、「遺品整理」をしてくれる業者がいるらしいのです。
一体「遺品整理」とは何だろうか?スラスラと読み、また次・また次と色々と読んでチェックしていけばいくほど遺品整理はデリケートな仕事でした。
遺品整理に携わる人の人格までも問われそうな仕事なんですね。
そのくらい仕事の質もかなり厳しく見られているらしいです。

それはそうですよね。
自分自身に置き換えて考えてみたら絶対に祖末に扱ってほしくないですし。

業者によって仕事の質は千差万別のようですが、やはり基本的に質の高さ重視なので、今後は質の高い業者しか残らない、もしくは質の平均がどんどん上がっていくのでしょうね。

遺品整理の仕事はとても「気高い」仕事ですね。

終わり良ければ全て良し!

横浜市戸塚区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

遺品整理ってどんな仕事?

故人の残した生活雑貨全般の整理を請け負う仕事です。

遺産でなく遺品、土地や資産でなく一般的に財産価値の低いものの整理をするわけです。

貴重品・・通帳や金品、印鑑など
家具や家電製品・・生活家電や家具類
食料・・冷蔵庫内の食料や缶詰等の保存食
思い出の品・・手紙や写真、趣味の収集物や道具等

<依頼の理由として>
1、遺品整理に時間的・体力的に労力を掛けられない場合
2、一括して大きなものの廃棄や大規模な清掃などを依頼できる
3、清掃でも専門的な清掃(消臭・脱臭など)が依頼できる
4、賃貸・借家の場合の全て一気に片付けなければならない場合

主に大きい作業を一気に行いたい場合の理由が多いようです。

業者も得意分野が様々で、遺品の売買を得意とする業者やプライバシー重視の業者など、
依頼人の目的によって業者の値段も様々なようです。

業者選びの大事なポイントは、遺品整理の何を重視しているかということですね。

あらゆることにサービスを見出し、仕事の質を高めていくことは日本人の得意とするところですね。

「遺品整理」という仕事は、日本人の心の最たるものではないでしょうか?

横浜市戸塚区の遺品整理行った上での感想・4

最近は遺品整理という仕事がありまして、とても注目されているようです。

日本は困っていることには全て対応するみたいなところがありますから、こういう職業も出てきて当然なのでしょうね。

それにしても遺品整理は、本当に驚きです。
といいますかとても助かるでしょうね。

色々と調べれば調べるほど奥深く、遺品整理といっても色々な業務が多岐にわたっています。

業者によってサービスの質も多種多様のようですし。
単なる機械的な請負業務ということではなくて遺族・故人を尊重したうえでの遺品整理が前提にあるわけですから、それを前提に様々なサービスがあるというのは本当に驚きです。

一生に数回しかないであろう、あまり触れる事のない遺品整理。

その数回にとって、この遺品整理を手伝ってくれる業者がいることは非常に心強いですよね。

特に下記の問題で依頼するパターンが多いようです。

*場所が離れている場合
*膨大な遺品がある場合
*賃貸や借家物件で早急に引き払わねばならない場合
*整理する人手が少ない場合
*廃棄処分や清掃も兼ねてくれる

あと気になるところは、遺品を祖末に扱われないだろうか?ということですよね。

業者にもよると思いますが、プライバシー重視の業者もいるようなので、目的によって業者選びができるというのはとてもありがたいことですね。

そのくらい遺品整理という業種は、今かなりのニーズがあり、だからこそサービスも多様化してきているということなのでしょうね。

横浜市戸塚区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

昭和の家族団らんの時代から平成の核家族の時代へ。

そしてその核家族も年齢を重ねて高齢化社会とその高齢者の一人暮らしが増えています。

このような社会は必然であり、当然の過去の結果が今であります。

そんな社会で問題・不具合が起きれば、それに反応して対処して仕組みが作られます。

その最たるものが、「遺品整理」ではないでしょうか。

以前は家族のことは家族でやる。
→そして今はそれがバラバラの個々の時代に突入。

そのバラバラの状態を誰かが気付いて社会のサービス・仕組みを作っていく。
→そしてまた新たな課題・問題が浮き彫りになる。
→解決に向かう

そんな繰り返しなのでしょう。

しかしその「遺品整理」という仕事には「人間の尊厳を守る」というような根本的な考えがあるわけで単純な作業ではないわけです。

もちろん、単純な作業でこなす業者もあると思いますが、それは値段や利用者の声で嗅ぎ分けられるでしょう。

ともかくもこの「遺品整理」が進んでいった先にはどんなことが待っているのであろうか?
個々の人間の尊厳を守るということにフォーカスすることによって、自然とまた日本国民全体の団結力につながっていくのかなとも考えてしまいます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP