横浜市緑区の遺品整理を行った方の様々な感想をまとめました

横浜市緑区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に横浜市緑区の遺品整理を行った方の様々な感想をまとめました

横浜市緑区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

私は遺品整理ができて本当に良かったって思ってます。
本当の気持ちを言えばそれは「全部手元に置いておきたい」って思います。
でもそんなことをしたら個人にとって失礼になっちゃいますよね。
それに実は引っ越すことが決まっていて置いとくこともできないんです。

神奈川県横浜市緑区を去ることは心残りの部分もあります。
祖母とともに暮らした街ですし、私の故郷ですから。
でも業者さんに頼んで本当に良かったなって思うんです。
捨てたくないって気持ちはいまだにあります。
でもそういう思いを遺品整理とともに一緒に持って行ってくれたかなって気もするんです。
たまたまホームページで見つけた某社さん。
初めは心配でしたけど、いざお願いすると気持ちもなんだかすっきりしたんです。

引っ越し先に持っていくものはフライパンに決めました。
私がいつも祖母におねだりしていたオムレツ。
今度は私が作ろうと思います。
そのほかのものはほとんど遺品整理でお願いすることにしました。
引っ越し先が狭いのもありますし、残し過ぎると吹っ切れない気持ちもあるからです。
オムレツの思い出があれば、きっと頑張れると思うんです。

某社さんの対応には感謝してます。
丁寧で繊細な作業は私もオムレツを作るときに見習いたいなって思います。
もし知り合いの中で何かあれば某社さんをオススメしておきます。
大切なものを思い出させる素敵な業者さんですよって。

横浜市緑区の遺品整理に関する色々な感想・2

神奈川県横浜市緑区で先日母が亡くなりました。
まだまだ若い70歳です。
かなり元気だったと思いましたが、亡くなるときは人間あっさりと逝ってしまうものです。

正直いってまだまだ元気でいてほしかったです。
だって親孝行なんてほとんどしていないし、実家に帰ることも僕はあまりなかったですから。
ついこの前も電話で話していて「いつ帰ってくるの?」なんて聞かれたばかりでしたし。
交通事故というのは本当に悲しいし、突然すぎますよね。

里帰りのつもりが、遺品整理をしなくてはいけなくなりました。
母はわりと物持ちの良い方でかなりのもので溢れていました。
仕分けは妹と一緒にしていましたが、どれもこれも思い出のあるものばかりで難しかったです。
たまたま妹が某社さんのホームページを発見しました。
どうせなら遺品整理お願いしちゃおうかな、と二人で話しました。

他人に任すということで心苦しい点もありましたが、二人ではどうしようもないのでお願いしました。
でも不安も当日には一気に吹き飛んでしまいましたよ。
だってあんなに心遣いのできる業者さんもいないと思うんです。
初めての遺品整理でしたが、あれにはいたく感動しました。
故人への敬意、遺族への気遣い、遺品の丁寧な扱いどれをとっても一級品です。

遺品整理ですから「最高だった!」なんておかしいですけど、某社さんは本当に最高でした。
本当にありがたかったです。

横浜市緑区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

なぜこんなことをしなくちゃいけないんだ!と最初に匙を投げたのは私でした。
祖父が亡くなって遺品整理をしていんたんですけど、あんなに大変だって思わなかったんです。
大好きだった祖父が亡くなって、まだ悲しみもあけないうちに遺品整理だなんて…悲しくて仕方なかったんです。

今思えばたぶん他の家族だってみんなやりたくなかったんだと思います。
だって祖父にはみんな優しくされてましたから。
思い出の品を処分するなんてとてもじゃないけど想像もしたくなかったに違いありません。
でも母が言いました。
「おじいちゃんのためにも私たちがやるのよ」って。

それでも納得しない私を案じてか、神奈川県横浜市緑区の業者さんを弟が探し始めました。
私は「人に頼むの!?」なんていきり立ってしまいましたが、弟は冷静に某社さんのホームページをみつけ、そのままお願いしていました。

私は当日まで機嫌悪く作業していました。
でもけっきょく遺品整理当日になると諦めもでてきたんです。
ガックリしている私の前に現れたのは某社さん。
とても紳士的でした。
私みたいなものにも気づかいをしてくれてありがたかったです。
人の優しさって大切だなって思います。
私の心もすっかり溶けました。
遺品整理は辛いことです。
でもやらなくちゃ何も進みません。
私にそう気づかせてくれた某社さんには感謝したいと思います。
あと、某社さんを見つけてくれた弟にも。

横浜市緑区の遺品整理行った上での感想・4

初めての遺品整理でトラブルが発生しました。
なんと、処分するものがわからず、残すものばかりになってしまったんです。
正直言ってなんのために作業したのかわからないくらい残ってしまいました。

祖父が亡くなったのは2か月前で神奈川県横浜市緑区の自宅でした。
いきなりの話だったので驚いてしまい、会社でパニックになったのを覚えています。
血の気が引くって本当にあのことを言うんだなって思います。
同僚にはかなり心配されてしまいました。
課長も気づかってくれて、すぐに早退させてくれました。
いつもはうるさい上司だけど、こういう時はいい人なんです。

お葬式も終わり、落ち着いたころ遺品整理をしなくちゃということになりました。
正直いってあまり気乗りしませんでした。
というのも「何を残して、何を処分すればいいのか」というのがわからなかったんです。
たぶん、家族全員そんな感じです。
一向に作業は進まず、冒頭の状態になってしまったわけです。

最終的には遺品整理業者の某社さんにお願いしました。
実は課長のところの祖父が亡くなった時にお願いしたそうで「とにかく丁寧だ」とのこと。
実際に荷物はかなり大事に扱ってくれて故人への敬意を感じましたね。
私たちにもしっかり大人の対応をしてくれたのが印象的でした。
こういう時の課長は本当に頼りになります。
そして遺品整理の時に頼りになるのは某社さん。
これは絶対です。

横浜市緑区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

ついこの間、神奈川県横浜市緑区で遺品整理をしました。
まさかの母の突然死だったのでかなり焦っていました。
生活そのままの状態だった部屋は遺品整理するには本当に大変でした。

家族総出で行ってけっきょく一週間以上使ったと思います。
日用品なんかはすぐに処分できるんですが、大きいものや想いでの品はやはり難しいものです。
素人がすぐにあれこれできるものでもありません。
そこで業者さんにお願いしようと思い、ネットで検索しました。
某社さんというところが見つかってすぐにお願いすることにしたんです。

母はすごくものを大事にする人でした。
私が子供のころにあげた飴玉なんてものもあったんです。
捨てようかな…と思いましたけど、なんとなくそれは取っておきました。
だって私が物心ついて最初にあげたプレゼントですから。
あとで桐箱かなんか買って仏壇に置こうと思います。

そんなこんなでようやく処分するものも決まりました。
某社さんにお願いする段階です。
実際作業をしてもらっているとすごく迅速なんですけど、丁寧なんです。
遺品整理の業者さんってみんなこうなのかな?って思うくらい。
でも実際は悪いところもあるらしくて私は運がよかったんだと思います。
作業終了後は私を始め、家族全員で頭を下げました。
よろしくお願いしますって。
スタッフさんはなんとも優しい笑顔で頷いてくれたのが印象的でした。
心のこもった対応は本当に気持ちがいいです。
ありがとうございました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP