横浜市栄区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

横浜市栄区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に横浜市栄区の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

横浜市栄区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

遺品整理と言えば亡くなった方の遺品を葬儀などが一通り終わった後に親族で行うものかと思います。

しかし以前我が家では専門の業者さんに依頼して遺品整理をしていただいたことがあるのです。

遺品整理を依頼した経緯は、祖母が亡くなったことによる家族全員のショックによるものが一番でした。

年齢のことを考えれば長くはなかったのですが、それでも元気な人だったので急になくなるなんて誰も思っていなかったのです。

祖母とは一緒に暮らしていたので、急にいなくなった瞬間から歯車が狂ったように何もかもうまくいかない家族になっていました。

そんな状態でしたから遺品整理を親族で取り行える状態ではなかったわけです。

遺品整理をどうするか話しながらも日々の仕事に忙殺されていたある日、父が遺品整理の業者さんについて話出しました。

業者さんのことをよく知らなかった私たちは賛成したわけではありませんでしたが、かと言って他にいい案があるわけでもなく最終的には業者さんに依頼することになったのです。

今になってみたら家族が落ち着きを取り戻したのは遺品整理をお願いしたことがきっかけだったと思います。

細やかな気づかいと丁寧な仕事ぶりに、すさんだ家族の気持ちが一つになっていくような感覚でした。

遺品整理はこの先の人生で何度も経験することではありませんが、同じ業者さんにまた依頼しなければ遺品整理で誰かにここまで感謝することはないのかなと思います。

横浜市栄区の遺品整理に関する色々な感想・2

友人から聞いた話なのですが、遺品整理を専門に扱う業者さんがいるようです。

以前友人の祖父が亡くなった時に遺品整理を依頼した経験を教えてくれたことがありました。

友人の祖父は部屋に誰も立ち入ることを許さなかった方で、小さい頃に遊びに行った時に私が部屋に入ったらひどく怒られた記憶すらあります。

そんな人だったので、遺品整理の段階になってどこから手を付けていいのかまったくわからなかったことが遺品整理を依頼した理由のようです。

細かい話の内容は正直あまり覚えていませんが、友人が業者さんにとても感謝していたのを憶えています。

親族ですらあまり知らない、開かずの間と化した人の部屋を丁寧に扱い、心配りを欠かさなかった業者さんの態度について熱心に話していました。

不謹慎かもしれませんが、我が家の祖父母も年齢的に長いわけではありません。
うちに開かずの間が存在しているわけではありませんが、実際二人分の遺品のことと仕事に追われる忙しさを考えると現実的に遺品整理はすんなりいきそうにはありません。

あれだけ業者さんのことを熱弁していたのでもしもの時は我が家でもお願いしてみようかと思っています。

友人の話からはそれだけけの価値を感じることができました。

横浜市栄区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

最近心が温まった話を紹介します。

少し前に祖母が亡くなりました。
ずっと元気であちこち自分で歩き回っていたのに本当に急なことでした。

病床で長い間苦しみながら亡くなっていく方のことを思えば祖母は幸せだったのかもしれません。

しかし残された家族にとっては絶望以外の何物でもありませんでした。

誰も想像すらしなかったタイミングでの突然の別れに大きなショックを受けてしまったのです。

心のどこかで、ちょっと昼寝でもしているだけで少ししたら目を覚ますのではないかと本気で思っていました。

現実は残酷なもので当然祖母が目を覚ますことは二度とありませんでした。

葬儀や火葬などを経るにつれ、現実が突き付けられ、家族全員が疲弊していくのを肌で感じていたのを鮮明に覚えています。

葬儀関連が一しきり終わったところで遺品整理をしようかという段階まできましたが、誰にもそんな気力は残っていませんでした。

そこで遺品整理専門の業者さんに依頼をすることになったのですが、この時の彼らの対応が本当に素晴らしいものだったのです。

まるで彼らが遺族の一員であるかのように遺品を整理していく様子に涙してしまいました。

ショックのあまり葬儀では泣くことすらできませんでしたが、この時心から泣くことができたのです。

あの経験は二度と忘れることができません。

丁寧にご対応いただいた業者さんには心から感謝しています。

横浜市栄区の遺品整理行った上での感想・4

遺品整理は誰もがあまり経験することではないかもしれません。
それだけにやり方も決まりきっていないでしょうし、実際誰かが亡くなる瞬間は予見できるものではありません。

それだけに遺品整理の必要性が生じるのは突然のもので、遺品を残した人が亡くなった衝撃からなかなか簡単に行えるものではないと思います。

我が家の場合は実際に祖母が亡くなって、遺品整理どころではない状態でした。

あまりに突然の死を本人もわかっていなかったのか、遺産があるのかないかもわからず、遺品まで整理することを考えるととてつもない長い道のりに思えてしまいました。

どうしていいのか誰もわからない日々を送っていましたが、ある時親族の一人が遺品整理業者の話をしてきました。

現実的に我々だけではどうすることもできないので、専門の方ならということで依頼することになったのです。

正直他人の遺品を扱うわけですから機械的な作業になるのだろうと思っていましたが、そう思っていた自分が恥ずかしくなるほど心のこもった丁寧な遺品整理をしていただけました。

お陰さまで親族も今では心の余裕を取り戻しています。

何事もそうなんでしょうが、専門の方がいる限り素人がどうこうするより、任せてしまうのが一番だと思いました。

横浜市栄区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

どうすればいいのか分からず頭が真っ白になる瞬間というのが人生で何度かありますが、あまり付き合いがなかった親族が亡くなった瞬間程何も考えることができなくなったこともありません。

先日祖母が亡くなりましたが、元々親子仲がよくなかったので、私自身小さい頃に会ったことがあるらしいのですが記憶すらありませんでした。

しかし祖母には私たち以外に身寄りがなく、葬儀から遺品整理まで我々が行うことになりました。

亡くなった人に対して非常に不謹慎かもしれませんが、会った記憶すらない人の葬儀はなんとも現実味のないものでした。

葬儀が終わるところまではよかったのですが、冒頭でも触れた頭が真っ白になった瞬間が遺品整理をしなければならないという段階でおとずれました。

どこから手を付けていいのか本当にわかりませんでした。
祖母と言えど会った記憶すらない人の遺品なので当たり前なのかもしません。

それでもそのままにしておくことはできなかったで、正直わらを掴む思いで遺品整理専門の業者さんにお願いすることになりました。

自分たち以上に関わりのない祖母の遺品を丁寧に整理している姿には感動すら感じるものでした。

人生であまり接点のない祖母でしたが、最後にこれだけ素晴らしい遺品整理をしてあげることができてよかったと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP