横浜市都筑区の色々な遺品整理関連の意見と感想をまとめました

横浜市都筑区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に横浜市都筑区の色々な遺品整理関連の意見と感想をまとめました

横浜市都筑区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

エンディングノートというものがあります。
高齢者が自分が死んだ時や判断力や知性の喪失に備えて葬儀の方式や遺品整理の仕方、相続のことになどについて希望を書き残しておくノートの事です。
遺言は法的効力があるものですが、エンディングノートには特にそういったものはありません。
あくまで本人の希望・意志を残しておくためのものです。
かと言ってあまり意味のない自己満足的な存在がエンディングノートなのかというとそんなことはありません。
あなたの死後残された家族は多くの選択肢の中悩むことになります。
エンディングノートに自分が介護や看護が必要となった場合どうして欲しいか、葬儀やお墓の希望、お葬式に誰が来て欲しいかのリスト、遺品整理・財産処分の手続き案が書いてあれば、遺族はそれにしたがって亡くなった後の後始末をスムーズに進められるというわけです。

故人の遺志がはっきり残されていることで遺族同士の争いを避ける事が出来ます。
遺品整理や財産処分で問題が起きることも少なくなるでしょう。
エンディングノートは自分の死を見つめ、後に悔いを残す事無く気持ちを整理する働きと、例えば葬式は略式でいいなどと遺族の負担を減らす働きがあります。
最近では遺品整理士が作ったエンディングノートなどというものも出来てきているようです。

横浜市都筑区の遺品整理に関する色々な感想・2

故人の遺品整理をする事になった友人から頼まれて、遺品整理についての資料を集めたことがあります。
探してみてわかったのですが、遺品整理の事を専門に取り扱った本というのはあまりないという事です。
多くは遺言の為の本や老後についての本の一部として遺品整理が取り扱われていました。
遺品整理屋の業務について本人が語った本はありますが。

少子高齢化社会が問題になって老人問題が盛んに取り扱われていますが、まだまだ遺品整理を主題とした本はあまり無いようです。
老後の不安を抱えている中高年の方は多いのでしょうが、流石に死んだ後の事について考えるのは怖いからでしょうか。
老後の人生を実り多く過ごす方法や第二の人生をどう過ごすかなどという話題について書かれた本は多いのですが。
しかし、自分が死んだ後の問題について考えておくのは有意義な事だと思われます。
誰もが必ず最終的には死ぬわけです。
死んだ後のことは関係ないからと開き直っている人でも目の前に死が近づいてくればどうしても後の事を考えざるを得なくなると思います。
死に瀕して思い残すことがないように生前から準備をしておけばいざという時に心配することはないのでは無いでしょうか。
そのためにも遺品整理や生前整理についての本はもっと出て欲しいですね。

横浜市都筑区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

遺品整理業者という職業は最近ではすっかり定着した感があります。
孤独死が増えてきたり親戚や近所のつながりが薄くなっているという時代を反映しているのでしょうか。
お世話になるのは高齢者だけではないようです。
若くても火事で亡くなった人の部屋をまるごと掃除したり、あるいは殺人事件が起こった現場を掃除したりもするそうです。
遺品整理の仕事を頼む依頼者も親戚家族から亡くなった人が住んでいた物件の持ち主や葬儀社など様々です。

遺品整理の現場であった事について書かれたブログを読んで思うのは自分の人生の終末のことです。
その一つ一つの記事を読んでいるうちに他人事とは思えなくなってくるのです。
それだけ身に迫る実体験の重さというものを感じます。
また、整理する作業の現場が自分の住んでいる世界とつながっていてすぐ側にあるような気持ちがしてきます。
どこにでもあるようなアパートやマンションで人が死んで後片付けされているという当たり前ですが普段意識しない事を確認させてくれます。
死ぬということは意識しなくても身近にある事と何時自分がその当事者になるかわからないことがわかります。
私は遺品整理について自分の親と話し合う機会を設けました。
生きているうちに話しておかないと手遅れになるかもしれないからです。

横浜市都筑区の遺品整理行った上での感想・4

先日テレビで遺品整理の特集がされていました。
遺品整理を専門とする清掃業者に取材し、実際の仕事の現場を撮影したドキュメンタリーでした。
整理される家は孤独死した高齢者のもので、死臭の漂う中作業する姿には壮絶なものを感じました。
モザイク越しにしか映らないようなものも多く、遺品整理をする作業員の方は凄いなと感心してしまいました。
人間の持っている一番の能力は慣れることだと言ったのは確か星新一だったでしょうか。
毎日仕事をしていれば慣れるものなのかもしれませんが精神の磨り減るお仕事なのは間違いないでしょう。

見ていて思うのは遺族と亡くなった方の関係です。
父とはもう一切関わりたくないという方もいれば遺品を見るのが辛いという母親の方まで様々な遺族の姿がいました。
家庭の形など他所からあれこれ言うことはできませんが、どうしても生きていた頃の両者の関係について想像を巡らせてしまいます。
また、遺品の中には生前の環境を想起させるものが多く、亡くなった方の生前の生活が生々しく残っていて見ていてつらいものがありました。
見終わった後生きているうちに遺品整理について考えておくのは必要なことなのかもしれないと自分の部屋を見なおしてみました。
まずは床に散乱した本や雑誌類を片付けることから始めてみようと思いました。

横浜市都筑区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

アントキノイノチという映画があります。
遺品整理業者をテーマとして、さだまさしさんの小説が原作になった映画です。
主人公が遺品整理業者の見習いとして働く中で命というものと向き合っていく感動モノの映画です。
しかし、興行収入的にはイマイチだったとか。
なんとなく理由はタイトルからわかると思います。
映画館で上映前に予告が流れますが、その時この映画の予告編を観て思ったのは何の映画何だかわからないということでした。
だってタイトルが「アントキノイノチ」ですよ。
どう考えてもアントニオ猪木のパロディで真面目な映画には思えないのに映像を見ると真面目な感動系のようで混乱しました。

遺品整理業者というテーマは非常に興味深いと思います。
比較的新しい職業で、注目度も高いでしょう。
興味をそそる題材です。
仕事の現場には様々なドラマがあるでしょうし、色々な人の人生を遺品から見ることができて面白いと思います。
それだけ重厚なテーマなのですから、変なタイトルを付けるより直球で勝負すれば良かったのではないでしょうか。
難病モノの映画でよく気軽に死が取り扱われていますが、それよりずっと志が高い映画になったと思います。
思うにシナリオを付けようとしても実際の遺品整理業の仕事の重さに負けてしまったのかもしれません。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP