三浦市の遺品整理を行った方の様々な感想をまとめました

三浦市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に三浦市の遺品整理を行った方の様々な感想をまとめました

三浦市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

テレビを付けていると、遺品整理業者というお仕事について特集がなされていました。
そうしたサービスがあるのは知っていましたが、実際の映像を見ると、なるほど結構ハードなお仕事なんだろうなと胸が痛くなりました。

他人のプライベートに関わる仕事っていうのはやっぱり大変なんだと思います。
それぞれに事情を抱えているわけですから、気も遣いますし、精神的な負荷もかなりあんでしょうね。

ですが最終的に、依頼者の笑顔や感謝の言葉に救われて、これまでやってこれているという業者さんの言葉には少し胸を打たれてしましました。
誰かの役に立つというのはやはり素敵なものなんですよね、きっと。

この世の中を動かしているのはそうしたたくさんの「誰かの役に立つこと」なんだと思います。
今回見た遺品整理もそうですし、深夜までやっているコンビニや、市役所の人たち、床屋さん、なんだってそうです。

誰かが喜ぶこと、誰かが困っていることを解決するお仕事。
なんて素敵なことでしょう。
そうした誰かに頼れる社会というものがあってはじめて、私たちは平穏に暮らすことが出来るんでしょうね。
遺品整理という大変なお仕事に就いてる人たちは、こうした想いを抱えて、毎日お仕事を頑張ってくれているのでしょう。
とても尊敬します。

三浦市の遺品整理に関する色々な感想・2

ネットサーフィンをブラブラしていると、本当にいろいろな情報が入ってきますよね。
今日たまたま見つけたのは、いろいろなことを引き受けてくれる、要は「何でも屋さん」というお仕事です。

このお仕事、あまりにもする事が多岐にわたるので、本当に一人一人のポテンシャルが高いんだろうなぁと想像できます。
バイクの無料引き取りをしてくれたり、お部屋の掃除をしてくれたり。
中には遺品整理なんていうヘビーな業務もあるようです。

本当に大変な仕事なんだろうと思いますけど、こうした人たちがいるのってやっぱり大切なんですよね、きっと。
自分ではどうしようも出来ないことって、実は結構あるじゃないですか?特に年齢を重ねていくと自分の体なのに言うことが聞かなくなりますし、そのせいで部屋も散らかって、それを眺めるとよりやる気が…

でもお部屋の片付けや遺品整理をしてくれる業者って、結構あるものです。
誰かにお願いするって、結構勇気がいることだと思うんです。
だって、だらしない自分を相手に見せなくちゃ行けないんですからね。
でも、その一歩wp踏み出せば、今までの問題を一気に解決してくれる方法があるんです。
だから、迷っていないでまずは電話してみるといいんじゃないですかね?散らかった部屋を見渡しながら、自分にそう問いかけていました。

三浦市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

こんなことを書くのは不謹慎かも知れませんが、せっかくなのでたくさんの人に情報共有をするため、筆をとらせてもらいました。
先日、愛する夫に先立たれ、もう失意のどん底にいたわたしをある遺品整理業者の方が救ってくれたお話しです。

とにかくもう、何も手に付かない、何もしたくない、いっそ自分も…そんな想いを抱えながら毎日を過ごしていました。
夫がいない人生なんて、これから何の価値もない…生きているのが辛い…そんな風にも思ったんです。

その姿を見かねたのか、私の姉が「遺品整理」というものをしようと提案してきました。
私は断固として反対しました。
夫のものを他人が触るなんて許せない。
今思い返せば、なんて浅はかだったんだろうとも思いますが、その時は冷静にものごとを判断出来ていなかったんでしょう。
姉の言葉をまるで聞いていませんでした。

しかしふと、生前夫が残した言葉を思い出し、我に返ったんです。

「俺が死んだら、遺品整理をキチンとやって、君は次の人生を歩むんだ」
すっかり忘れていた彼の言葉が頭を駆け巡りました。
ここでようやく、お別れをしようという気になったんです。

遺品整理業者の方は本当に丁寧に気配りして頂き、救われる想いでした。
主人とこれで本当に別れなくてはならないという気持ちもありましたが、第二の人生を生きていく為には仕方ない…そう思い、手を振りました。

三浦市の遺品整理行った上での感想・4

今でも覚えています。
主人が笑ったときの顔や、腕の組み方。
大好きだったギターを弾くときの腕の筋肉。
私の前だけで見せるほころんだ表情。
その全てを愛していました。
いつまでも、その思いを胸に生きていくつもりでした。

ですが、彼が他界してから10年、いよいよ心配になったのでしょう。
私の姉が、彼の持ち物などを一旦片付けるようにアドバイスしてきました。
遺品整理。
そんなこと、考えもしなかったことです。
だって私の中で彼はある意味生きていましたし、これからも一生、そばにいてくれるものだと持っていましたから。

つまり私は、少し心が乱れていたんだと思います。
10年もの間、時計を止め続けていたのだと。
彼もそれをのぞんでいる、そんな風にすら思っていたと思います。

結局、姉に対しては反抗をし続けて、その時は遺品整理の話題は終わりました。
ですがその後一人になった時に、ふとそのことを考えるようになったのです。
もしも先に死んだのが主人ではなく、自分だったら、と。

そうしていくと、自然に、彼の部屋を片付ける気になりました。
姉も安心してくれたようです。
私は遺品整理の業者を呼び、彼の部屋を本当に綺麗さっぱりとしてもらいました。
寂しい気持ち、当然あります。
ですが新しい旅立ちを、夫も臨んでいるはず。
そう思ったんです。

三浦市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

ゴミ屋敷という状態、テレビでよく見かけますよね?あれってどうしたらここまでゴミが溜まるんだろうって不思議になっちゃいます。
きっと、なんでも捨てるってことができないんでしょうね。
部屋が散らかっていることが許せない僕にとっては信じられないことです。

あんまりにも片付けられない人の心情って、どんな感じなんでしょうね?例えば僕なんかは、机の上にゴミがあったら当然ゴミ箱まで運びます。
もちろん、少し忙しがったり疲れていたりしてたら後回しにすることもありますけどね。

でもいい加減片付けなきゃまずい、と思うタイミングがあるじゃないですか?このままじゃ人も呼べないって思ったり、何より自分の生活に支障が出るって思ったりしたら。
ゴミ屋敷に住む人って、そういう感覚がないんでしょうね。

そうした人たちが頼むのがお部屋掃除のサービスだそうです。
その業者さんって、お掃除意外にも遺品整理とかの仕事もするそうですよ。
遺品整理って、結構ヘビーな内容っぽいですよね。
自分にはやっぱ無理だなぁって思います。
でもこういう人たちがいてくれるからこそ、たくさんの人が助かっているんでしょうね。
いやはや、世の中にはいろいろな人がいるものです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP