相模原市緑区の遺品整理を行った際の意見や感想をまとめました

相模原市緑区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に相模原市緑区の遺品整理を行った際の意見や感想をまとめました

相模原市緑区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

この前、亡くなった叔父の遺品整理を手伝ってきました。
子供のころから私のことをまるで息子のようにかわいがってくれた叔父の死。
受け入れがたいものでしたが、仕方のないことだとも思っています。

叔父の家は神奈川県鎌倉市で、私もちょくちょく遊びに行っていました。
子供のころはもちろん、今でも年に数回は顔を出していたと思います。
叔父には子供がなく、私の父は「叔父さんはお前のこと息子と思ってるから、大事にしろよ」なんて良く言われていたんです。

遺品整理は涙なしにはできませんでした。
私があげたプレゼントやお土産などがちゃんと保管されていたんです。
まさか幼稚園のころに描いた絵まであるとは思いませんでした。
私からのものは段ボールひと箱分でしたが、それ以上の重みを感じました。
腕ではなく、心にズシリとくるような、そんな重みだったんです。

業者にお願いするのは正直迷いました。
でもずっと置いておけるわけでもありません。
形見分けをした残りはやはり遺品整理の業者に頼むしかないと思いました。
某社を見つけたのはそんな流れからです。

結果的には某社に頼んで良かったなと思います。
繊細な作業で心配りも細かく、非常に好感が持てました。
大好きな叔父のものだからこそ大切に扱ってほしい。
そんな願いが伝わったのかもしれません。
もし誰かに何かあれば紹介したい、そんな気持ちです。
感謝しています。

相模原市緑区の遺品整理に関する色々な感想・2

神奈川県の鎌倉市で、かねてより病床に臥せっていた祖父が亡くなりました。
93歳でした。

90歳を越え、年齢的には大往生といえばそうかもしれません。
でも人が亡くなるというのはとても悲しいことです。
つい1年前には私の結婚式にも出席してくれました。
私の花嫁衣装を見て「お前も綺麗になったな」なんて言ってくれたのがまるで昨日のことのように思い出されます。

遺品整理中もいろいろなことを思い出しました。
記憶の奥に眠っていたものが、遺品によって一気に蘇るような感じです。
私のお古のデジカメはかなり使っていたみたいです。
結婚式の写真がまだデータに入っていました。
もうプリントアウトしてはいたんですが、どうやら祖母に聞いたら「アルバムみたいにしてみてたのよ」とのことです。

思い出が詰まった祖父のもの。
遺品整理に業者を使うのは最初反対していました。
実は友人からあまり良い評判を聞いておらず、態度の悪い業者もいるとのことだったからです。
それでも結局頼まないわけにはいかず、某社さんにお願いすることになりました。

「嫌だな」という気持ちは本当にありました。
でも段々と「感謝」の気持ちになっていきました。
故人への敬意や遺族への気遣い、それが遺品の丁寧な扱いから受け取れたからです。

いまになって思えば、某社さんに頼んで正解でした。
これからもがんばってほしいなという気持ちでいっぱいです。

相模原市緑区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

実は先日、神奈川県鎌倉市で亡くなった父の遺品整理をしていました。
かなりの量のものを仕分けなくてはいけませんでした。
体力的にも時間的にも、なにより精神的にきつい作業だった記憶があります。

仕事が終わったら父の遺品と向き合う日々。
そんな毎日に嫌気がさしていたんです。
でも妹がこんなことを言いました。
「お父さんのためにもがんばろうよ」と。
私と10歳離れている彼女、まだ20歳です。
30歳の私に比べて「こいつこんなにしっかりしてたっけ?」と思いました。
父のためにも、兄としての姿を見せるためにも、「もうひと頑張りしよう」そう思いました。

私は遺品整理業者を探す担当になりました。
ネットに強いということもありますが、「兄なんだから代表してやって」という妹の言葉もありました。
イマイチ意味はわかりませんでしたが、それでも「大切な父の遺品整理を任せる業者を探す」という大役には身が引き締まりました。

某社というところを見つけお願いすることになりました。
理由はなんとも言えませんが、ただ「心動かされる」ような気がしたんです。
当日のスタッフさんたちの作業には驚かされました。
思っていた以上に紳士的な対応で、遺品を大切に扱う姿勢に感動しました。
「いいところ見つけたね」妹はそう言いました。
私もそう思います。
某社さんの仕事ぶりは、本当に感動し感謝できるものだったんです。
ありがとう、もう一度そう言いたいと思います。

相模原市緑区の遺品整理行った上での感想・4

遺品整理、絶対に誰かにお願いした方がいいですよ。
自分たちだけでなんとかしようとすると、大変ですしきっともったいないです。

祖母が亡くなったのは先日のことです。
神奈川県鎌倉市の自宅で静かに息を引き取りました。
親族が見守る中、本当に眠るように亡くなったんです。
悲しみに暮れつつも、こんなことを言うのは変ですが「良い死に方だったな」とも思いました。
親族が集まり、きっと祖母も寂しくはなかったはずです。

遺品整理を始めたのは葬式が終わって2週間くらい過ぎた後でした。
バタバタしてましたし、量がけっこうあったこともネックでした。
初めは「祖母の大切なもの、自分たちでやろう!」なんて言ってましたが、すぐに無理だとわかりました。

けっきょく遺品整理の業者にお願いすることにしました。
実はちょうど、母の旧友のご家族が亡くなられたときに使った某社というところを紹介されました。
なんでも「丁寧で親切」とのことで、旧友さんは「遺品整理で感動することもあるのよ」なんて言ってました。

「まさか」とは思っていましたが、実際に来てみるとそれは本当だったんです。
遺品を運ぶのは丁寧なのは当たり前、優しい応対や遺族に対する心遣いを感じることが多々あったんです。
思わずポロリと涙を流すほどです。
人に感動を与える仕事ぶり。
遺品整理業者を選ぶなら某社です。
自分たちだけでやるなんて、感動を損することにきっとなりますよ。

相模原市緑区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

以前、神奈川県の鎌倉市で遺品整理をしました。
その際、某社というところにお願いしたのですがとても良かったです。
遺品整理は作業ではなく、人情なんだなって思いました。

父が亡くなり数週間後、遺品整理をしはじめました。
まぁ右も左もわからないわけですから、「どれを残す」「どれを処分する」なんてものはなかなか決められないものでした。
遺品ひとつひとつに思い出があるし、簡単に処分できるようなものは何一つないんです。

もちろん大変だからといって投げ出すわけにはいきません。
生きている人間が亡くなった人間に対してできること。
それは遺品整理だと思います。
放置しておくよりも、心新たにするためにスッキリさせることが大切なはずです。

「素人だけじゃダメだ」そう思った私は遺品整理業者を探し始めました。
ネットにはかなり多くの業者がありました。
神奈川県鎌倉市で調べて出てきたのが某社です。
うまく言葉では言い表せられませんが「ここなら良さそう」そんな印象を持ちました。

某社に来てもらった日はなんだか気持ちがソワソワしました。
「もし、イメージと違ったらどうしよう?」なんて思っていたんです。
でも良い意味で裏切られました。
思っていた以上に優しさと人情味溢れる仕事ぶりだったんです。
大切に父の遺品を運ぶ某社さんの姿を見て「間違いなかった」そう確信できました。
人の情けがわかる某社の遺品整理。
ぜひ何かあれば利用してほしいと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP