相模原市南区の色々な遺品整理関連の意見と感想をまとめました

相模原市南区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に相模原市南区の色々な遺品整理関連の意見と感想をまとめました

相模原市南区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

人生にはさまざまな出来事が起こります。
その中でもかなりヘビーな問題が、肉親の死です。
こうした事態は生きている内に、そうそう頻繁に起こる事ではありませんので、たいていの場合、どうしたらよいかわからず、途方にくれてしまうでしょう。

葬儀に関しては、ある程度決まった手順をするだけですので、忙しいとは言えども滞りなく済ませることが出来るはずです。
その他の手続きについても、誰かに相談すればきっと答えが返ってくることでしょう。

しかしもっとも大変なのが「遺品整理」です。
ここではある意味、亡くなった方と直接向き合わなくてはなりません。
家族としては、精神的に非常に辛い瞬間でしょう。
中には自分たちではどうしても出来ない、と半ば諦めてしまう方もいるはずです。

こうした場合は、遺品整理業者に連絡をするのがスマートな解決法と言えます。
映画「アントキノイノチ」などで一躍有名になったこのお仕事ですが、その前からかなりの需要がやはりあるのです。

家族との別れは辛いもの。
更にその遺品整理を自分たちでするだなんて…考えただけで気持ちが落ち込んでしまいますよね?時には誰かの手を借りることだって重要です。
思い悩んでいるのなら、家族で話し合う機会を是非一度持たれてみてはいかがでしょうか?

相模原市南区の遺品整理に関する色々な感想・2

親族の死というのは家族にとって非常に辛いものだとおもいます。
私の親友であるAは去年お母さんを亡くし、毎日悲しい気持ちですごしていたとのことでした。

Aにとってお母さんは本当にかけがえのない存在で(もちろん誰にとってもそうだとは思いますが…)いつまでも悲しみをぬぐい去れないまま、時間ばかりが過ぎていったそうです。

彼女が立ち直れない理由のひとつとして、お母さんの遺品整理という問題がありました。
自分たちでなんとかしなくてはならない…でも、中々手を付けられずにいたそうです。

もしも自分に同じようなことが起こったらと考えると、やはり私も彼女たち家族と同じように、どうしようも出来ず放置してしまうでしょう。
ですが、心の中にその思いが残って言う限り、いつまでたってもお母さんの死を受け止めることは出来ないのだと思います。

私は彼女に思い切って、遺品整理を業者さんに依頼してみては?と助言してみました。
もちろん彼女は嫌がりました。
大切なお母さんのものを、他人に触らせるなんて、と。

ですがその後、結局Aの家族は業者に遺品瀬理をお願いすることとなったのです。
それはお父さんの決断だったそうです。

今ではAもずいぶん明るい表情になりました。
きっと、しっかりお部屋の整理をしたことで、気持ちに区切りがついたのでしょう。

自分たちではどうにもならないことなんて、たくさんあると思います。
遺品の整理も同じ事。
そういう時は、だれかに頼ってみることも大切なんですね。

相模原市南区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

インターネットを見ていると、いろんな仕事があるんだなぁとつくづく感じます。
これってどんな意味があるの?と思うものから、中々大変そうだなぁと思える物まで本当にさまざまです。

そんな中で、不謹慎かもしれませんがちょっと興味深いな、と思ったのが「遺品整理」というお仕事です。
死んだ人の部屋に遺されたさまざまなものを整理するというこのお仕事。
一見するとかなりヘビーな感じですよね。

でも、きっとこのサービスを利用する人ってかなりの決断で依頼をするんだと思います。
だって、他人に自分の家族のものを触られるのって、やっぱり嫌じゃないですか?特に亡くなったとなればなおさらです。

それでもこの業者にお願いすると言うことは、いかに遺族が自身の手で遺品整理をするのが高いハードルなのかを伺わせますよね。
本当だったら自分たちでなんとかしたい…だけども、どうしても二の足を踏んでします。
そんな人たちって、世の中にたくさんいるんだと思います。

そうした人々に代わって、部屋の整理をするのってかなり大変だと思います。
でもだからこそ、価値のある誇り高い職業だな、とも。
たくさんの人から感謝されているに違いありませんよね。

相模原市南区の遺品整理行った上での感想・4

息子から「遺品整理を業者に頼もう」と提案されたときは、正直この子は鬼かとまで思いました。
夫が死んで確かにかなり日は経ちました。
だからといって、まだまだ夫の遺したものを整理する気にはなれなかったからです。

しかし息子は辛抱強く私を説得しました。
そして「きっと父さんは、いつまでも悲しい姿でいる母さんを見たくはないはずだよ」という一言がきっかけとなり、私もついに、遺品整理をする決断が出来たんです。

作業当日はいろいろな思いが交錯して、正直自分でも何が何だか訳が分かりませんでした。
あっという間にキレイになる主人の書斎。
こんなに本があったんだな、なんてよく分からない感想まで心の中で唱えていました。

そして全てが運び出されすっきりした部屋を見渡しているうちに、はじめて「ああ、あの人は死んだんだ…」という実感がわいてきました。
そこで一気に涙があふれ、床に崩れ落ちました。

今ではずいぶんと心が軽く、遺品整理の経験をこうして文章にできるまでになりました。
遺品整理を行ったおかげで、ようやく主人の死をしっかり認識出来たんだと思います。
亡くなった人は帰りません。
だからと言って、後ろばかり振り返っていては、きっと主人も成仏できないはずです。
遺品整理は心を整理すること、そんな風に思います。

相模原市南区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

今年で70になる父が突然家族の前で、自分の死後について説明しはじめたのにはびっくりしました。
いつ死んでしまうかわからないから、と元気そうに語る姿は、なんだかある意味で頼もしくも見えました。

「葬儀に関してはこうしてくれ。
費用はこの通帳に入れておく。
死んだ時は誰々に連絡を入れてくれ。
すべてファイルにまとめておく」

こんなことを聞いていると、いつか父も死んだよな、という気持ちがわいてきます。
親孝行しなくちゃな…そんな思いも生まれてきました。

「次に、遺品に関してはすべてここの業者に遺品整理をしてもらうように」

なんと父は、自分の遺品整理を行う業者までも考えていました。

「どうせお前たちはお父さんが死んだ後、ぐずぐずと部屋の整理が出来ないままでいるはずだからな。
出来るだけ早く、きれいさっぱり片付けてもらいなさい」

確かに、父の持ち物を自分たちで捨てるのは心苦しいもの。
いつまでもそのままにしておいてしまうはずです。
こんな所まで気を遣ってくれる父を、僕は本当に誇らしく思います。
もちろん、出来るだけ長生きをして欲しいので、第二第三の「死後会議」が行われることを期待しながら、父の話に相づちを打っていました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP