大和市の遺品整理などの様々な意見と感想をまとめました

大和市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に大和市の遺品整理などの様々な意見と感想をまとめました

大和市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

遺品整理は亡くなった人と向き合う機会だとよく言います。

人間は怖い生き物で、常に本心をさらして生きている訳ではありません。
むしろ本音だけで生きている人はほとんどいないでしょうね。
ですから亡くなった人の持ち物に、その人が本当に思っていたことが強く表出すると考えられます。

例えば手紙や日記、本や服。
そういうものに偽りを施す人は少ないでしょう。
日記なんて本人の感情吐露のためにあるようなものですから、これをみることはその人の心の深淵に触れるようなものですよね。
それによって喜びを得るか後悔するかで言ったら、後者の方が多いと思います。
だって人に言えないと自覚しているからこそ隠れて日記に記しているのですもの。

私はあまり自分の醜い感情をさらしたくないと考えています。
子どもならまだしもいい年齢をした大人が怒りや悲しみを周りに吐き散らしているのを見ると、とても不愉快なんです。
そういう性質もあってか、プライベートにずかずか入ってこられるのを好みません。
たとえ自分が死んだ後でも、あまりものを触られたくないですね。
日記は書いていませんが、持っている本で私の内面が見透かされてしまいそうなのが怖いです。
最近は読書をスマートフォンで済ませられますから、全部売り払おうかと画策しています。

大和市の遺品整理に関する色々な感想・2

今年の日本は異常気象に見舞われていますね。

秋ごろから何回台風がやってくるんだという感じです。
周囲の会社勤めをしている友人を見ていると、ほとんどが「強風の影響で全く電車が動かない!」と嘆いています。

彼らは普段は「会社に行きたくない」と嘆いている。
しかし行けなかったらそれはそれで苦しむ羽目になっているのを、私は何とも言えない気持ちで見ています。
出勤できなかったら、会社にたどり着けた同僚に申し訳ないだとか、そういう罪悪感が湧いてしまうのでしょうね。
私も今の在宅の仕事を始めるまでは、そういう気持ちに何度かなったことがあるのでわかります。

しかも家でぬくぬく電車が動くまで待機するのではなく、電車の中に湿った空気の中すしづめ状態にされるのは最悪です。
今でもいやな思い出として、生々しく記憶に残っています。
電車から出ることができず、座ることもできず、暇だからスマホを狭い中でいじるしかないあの感じ…とてもいや!

でも私が比較的影響を受けにくい地域に住んでいるからそれで済んでいるものの、他の場所では人の命が奪われているんですよね。
台風で家ごと破壊というパターンもあるんでしょうね。
そういう時は家がめちゃくちゃになっているだろうから、遺品整理がものすごく大変そうです。

大和市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

最近物を買っても天国まではもっていけないんだなぁ…とよく思います。
欲しいものはたくさんありますが、あまりに持ちすぎると今度はそれによって部屋の広さに不満を持つようになるでしょう。
物質的な欲求にはキリがないですよね。
そこに執着して満たし続けようと思うと、空しい思いをするような気がします。
それにもしそんなものにあふれた中で亡くなってしまったら、遺品整理などの後片付けをする人に迷惑がかかります。
だから物質的ではなくて、精神的に満たされることを目的に生きていきたいと思っているんです。

そのためには、もし買い物をする時には上質なものを選んで買うべきだと思います。
それはもうこれを買ったらあと十年は同じものを買わないと言うぐらいの意気込みで。
「モノにこだわらないと言いながら執着しているじゃないか」と言われてしまいそうですね。
しかしそもそもモノを全く使用しない生活というのは不可能です。
生きていたら絶対に必要になってきます。
だからと言って流行やその場の気分に流されて不必要な分まで大量に購入し、全く使わないというのは何だか変に思います。
それこそモノに執着して、振り回されている人間の姿のように感じませんか?だからこそ何かを買う時は慎重に判断すべきなのです。

大和市の遺品整理行った上での感想・4

人間は生まれる前に何らかの課題を選ぶと言われています。
そしてその課題に合った容姿、環境、性格で生まれてくるのだそうです。
面白いですよね。

ある人がその人生でお金について学ぶことを決めたのであれば、借金を背負ったり、宝くじで大金が当たってその使い方で苦しんだりするのかもしれません。
また恋愛を深く味わうことを選択したのであれば、異性を利用し利用され、時には不倫や略奪愛などを行わざるを得ない激しい人生を送ることになるでしょう。

これはもう抗えないことで、それらをすべて学び終えたらその人は死を迎えることができるのだそうですよ。
それが病死だろうと事故死だろうと殺害されたのだろうと関係ないのです。
ちなみに自殺はそれに適用されません。
これは自分で決めた人生の課題から逃げたとして、あの世で重いペナルティーを課せられるそうです。
それはまた自殺をするような苦しい人生を、克服するまで繰り返させられるというもの。
恐ろしいですね。

もしあなたの周りで亡くなった人がいるのであれば、その人の遺品整理を手伝うなどして人生の軌跡をたどってみると色々なことが分かるかもしれません。
どういうことが出来事としてよく起こっていたのか、分析してみるとそれが明確になってきます。

大和市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

誰でも秘密というものはあるものだと思います。
私もこの歳になると、他人に言えないことがいくつかできてしまいました。
子どものころはその重さに耐えられなくなって、親や友達に懺悔してすっきりしてきました。
しかし大人になると、なかなか素直になりにくくなっていくんですよね。
軽いものから重いものまで様々ありますが、墓場まで持っていくことになるのでしょう。

でも秘密を持ち続けるのって本当に精神的にしんどいです。
時間がたてば風化する場合も有りますが、現在進行形で問題が渦巻いている場合はなおさらですね。
いつもそのことばかりが頭の中に巣くっていて、何かに心から集中することが難しくなります。
疲れると癒されようとリラックスを心掛けますが、変に力が入って疲労感は取れなくなります。
だから他人に言えないようなことをするのはお勧めできませんね。
常に日の当たる場所を歩んでいきたいものです。

人が亡くなると、遺品整理で初めてその人が隠していた秘密が明かされるということがよくあるようです。
まあ隠してきた訳ですから大抵他人が知って嫌なことでしょうね。
日記や手紙やパソコンなんかは文章として様々なことが残っている可能性があります。
精神力がある人が取り掛かった方が良いかもしれません。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP