海老名市の遺品整理の様々な感想をまとめました

海老名市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に海老名市の遺品整理の様々な感想をまとめました

海老名市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

遺品整理業という職業が存在する事をテレビのドキュメンタリーで見てはじめて知りました。
遺品整理を頼む親族たちには色々な人たちがいるようです。
何年も故人と連絡をとっていなかった事を後悔する人。
生きている間に何があったのか故人とは絶対に関わりたくないし、遺品整理の現場にも来たくないという人。
自分よりも先に娘が亡くなってしまい、ショックを受けてしまった人。
見ていて辛かったですが、それでも見るのをやめられませんでした。

色々な現場を経験しているからか遺品整理屋の人たちは落ち着いているように見えますが、とても自分にはできない仕事だろうなと思いました。
ただ整理をするだけでもかなり労働量はありますが、加えて遺族と顔を合わせなければいけないのが精神的に辛いと思います。
死を知らされてそれだけでもショックだろうに後片付けを早急にしてくださいと言われた遺族の方からの依頼というケースを見ると、遺品整理業というのは世の中に必要とされて生まれた仕事なんだと理解することができました。
自分も死んだ後はもしかしたらお世話になるのかもしれないなあと思うと頭が下がる思いです。

海老名市の遺品整理に関する色々な感想・2

遺品整理屋という職業が生まれてきたのはここ10年ほどの事だと言われています。
個人向けに部屋の片付けや清掃のサービスを行っていた職業はそれまでもありました。
「便利屋」などと言われ、ゴミ屋敷などの問題に対してはこれら業者さんが対処していました。
しかし、人が亡くなった現場を清掃するためには特別な作業が要求されます。

人間の死体は死んだ直後から腐敗を始めます。
死臭を実際に嗅いだことがある人は少ないかと思いますが、衣服や身体に染みこんで取れない酷い臭いがするという話は聞いたことがあるのではないでしょうか。
死臭は部屋にも染み付くため、壁や床全体の掃除を遺品整理屋さんはしなくてはいけません。
特殊清掃とも呼ばれるのはこのためです。
時にはリフォームに近いような事もしなければいけない時もあります。
また死体には大量の虫が湧くため、殺虫剤の取り扱いなども必要になります。
また、遺品を処分するためには一般廃棄物収集運搬や産業廃棄物収集運搬の許可が必要になります。
遺品整理屋は肉体的、精神的に負担がかかるだけではなく様々な分野の知識が要求される仕事だといえるでしょう。

海老名市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

生きているうちから死んだ時にどんな葬儀を受けたいか、遺品整理はどうするのかなどについて希望を書いておく事をエンディングノートといいます。
死に備えるだけではなく事故で植物人間状態になった時のためや、認知症で判断能力を失った時のためでもあります。
遺言と違うのはあくまで本人の希望を示しておくためのものであり、法律的に効力をもっているわけではない事です。
しかし、人が亡くなった後に葬儀や遺品整理の事で親族が揉めることは意外によくあるそうです。
そんな時に故人の遺志がわかっていればそれにそってスムーズに整理を済ませる事ができます。

人間は社会的な生き物であり、死ぬことも本人一人だけの問題ではありません。
亡くなった後も親族や周りの人たちは生きていかなければいけません。
立つ鳥跡を濁さずといいますし、残された人の気持ちを思えばエンディングノートを書いておくのはいい事だと思います。
また、生きている間に葬儀のことや遺品整理の希望について考えることで自分の人生観や考え方を再確認する事もできるでしょう。
何から書いていいかわからない人もいるかもしれません。
そんな方の為には遺品整理士がエンディングノートを書く手伝いをするサービスを行っていたりするようです。
いざという時後悔する前にエンディングノートを書いてみてはいかがでしょうか。

海老名市の遺品整理行った上での感想・4

高齢者の孤独死が現在社会問題になっています。
急激に進む社会の少子高齢化に今までの生活プランが追いついていないのだと思います。
かつてはご近所付き合いが当たり前であり、親戚や家族同士の間にはつながりがありました。
濃厚な人間関係は疲れるものですし、最低限の人付き合いで生きていけるようになったことは世の中が便利になったという事でもあります。
しかしその弊害の一つが孤独死問題だと言えるのではないでしょうか。
老後は子供に世話をしてもらうという考え方はまだ一般的ですが、実際の暮らしとはそぐわなくなってきています。
この十年ぐらいで遺品整理屋という職業が生まれてきたのがその証拠だと思われます。

孤独死した後の部屋は死臭や汚れが染み付いたり大量の虫が湧いたりするので遺品整理を専門とする業者さんを呼んで清掃してもらわなくてはいけません。
その費用は部屋を貸している大家さんが払わなくてはいけなくなります。
すると高齢者の入居を断る大家さんが増えてくることが予想できます。
高齢化社会はこれからも続くので高齢者の住居問題やホームレス化などが起きるでしょう。
社会全体でこういった問題に対処しなくてはいけないのではないでしょうか。

海老名市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

友人の祖母がいわゆる「片付けられない女性」だったそうで、葬儀の後の遺品整理にひどく苦労したそうです。
一人暮らしをしていたのですが、なんでも家の中に溜め込んでしまう癖があったそうでゴミ屋敷と化していたとか。
近隣の住人の通報で孤独死していたのがわかったそうでそのことも後始末を大変にした一因だったそうです。
親族が集まっても運び出せないほどの家財道具などの山が一軒家に詰め込まれていたそうです。
借家だったので貸していた大家さんから文句を言われて大変だったと語っていました。

契約の問題から早く処分しなければいけなかったのですが、とても数日で片付く量のゴミじゃなかったので遺品整理を専門とする業者さんにお世話になったそうです。
大変な現場に慣れているだけあってきっちりと丁寧な仕事をしてもらったそうですが、ああいう仕事は大変でしょうね。
ただ荷物を運び出すだけではなく部屋の清掃や貴重品を選り分ける事も仕事に入るのでただの清掃業者よりやることが多いわけです。
普通の家でも大変なのに友人の祖母のようなゴミ屋敷を片付けるとなるとどれだけ労力がかかるのかとても想像がつきません。
友人が頼んだ清掃業者さんは親切に対応してくれたそうですが何にしてもお疲れ様と言いたいです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP