川崎市川崎区の色々な遺品整理関連の意見と感想をまとめました

川崎市川崎区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に川崎市川崎区の色々な遺品整理関連の意見と感想をまとめました

川崎市川崎区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

ニュースを見ていると、最近はどうやらお年寄りの「孤独死」というものが社会現象にもなっているようですね。
伴侶を亡くされた方が息子さんや娘さんを頼るでもなく一人暮らしをする。
個人的には、身内を頼ったり、施設に入るなどをする方が良いのでは?とも思うんですが、中々うまくはいかないようです。

一人暮らしですので、さまざまな生活用品が、亡くなったあと遺されます。
遺族としては全てを家に持ち帰って保管したいという思いもあるでしょうが、現実的にはやはり難しいでしょう。

そんな時に力になってくれるのが「遺品整理業者」です。
この方々は遺品瀬理のプロですから、しっかりと部屋の整理をしてくれるでしょう。
遺された遺族への気配りも忘れません。
自分たちの手で、遺品をどうにかしようと考えず、こうした業者さんを頼ってみるのも、ひとつの手なのではないでしょうか?

もちろんお金はかかりますが、それで問題が解決するのならば、時には必要なことと割り切ることが大切です。
だれだって、愛する家族との別れは辛い物ですからね。
そんな時に遺品整理までしっかり考えるのは難しいでしょう。
是非一度、検討してみてはいかがでしょうか?

川崎市川崎区の遺品整理に関する色々な感想・2

遺品整理というお仕事を知っていますか?私はついこの間まで、遺品整理という言葉すら知りませんでした。
しかしある出来事をきっかけに、このお仕事について深く知ることとなったのです。

それは友人の突然の死でした。
彼女とは高校のときからの知り合いで、一緒に部活をしたり、旅行に出かけるほどの仲でした。
社会人になってからもそれは変わらず、お互いに近況をメールしあう日々が続いていました。

しかしそんなある日、彼女の実家から私の携帯に着信がありました。
出てみると、彼女のお母さんからでした。
はじめは、明るい声で「お久しぶりです!どうしたんですか〜?」なんて言っていたんですが、おばさんからの一言で体が凍り付きました。

交通事故なんて、ちょっと他人事だと思ってたんです。
身の回りに起こるはずない、なんて。
でも実際、私の友人はそれで命を落としました。
悲しんでいるのはもちろん私だけじゃありません。
彼女の家族もみんな、ほとんど放心状態という感じでした。

その後彼女の部屋は遺品整理業者さんによって片付けられたのです。
私は、正直反対だったのですが、彼女の家族が決めたことだったので何も言えませんでしたですが作業当日は、立ち会わせてもらえることになったんです。

彼女の部屋が綺麗になっていくのを見ていると、自分がいかにこのお仕事に偏見を持っていたかがわかりました。
丁寧に遺品を運び出し、心遣いもしっかりとしてくれる。
私はその模様を見て、なんだか泣けてきてしまいました。
ああ、本当に彼女はいなくなったんだな。
ようやく彼女の死を実感出来たんです。
立ち会って、本当に良かった…

川崎市川崎区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

世の中には実にさまざまな仕事があるのだな、と思います。
ついこの前ネットで知ったのが「遺品整理」という業務です。
この仕事は読んで字の如く、亡くなった人の遺品を整理する仕事だそうです。
ちょっと想像しただけでも、なかなかハードなイメージですよね。
だって、人の死と向かい合う仕事です。
精神的に大変な場合も多々あるでしょう。

しかし、こうした仕事はやっぱり世の中に必要なんだろうな、ということも理解できます。
もしも自分の家族の誰かが亡くなった時、やっぱり遺族である自分には、その整理は難しいと思うからです。

物にはたくさんの思い出が宿っています。
他人からはゴミにしか見えない物でも、その当事者にしてみれば、大切な宝物だったりするはずですから。

こうしたものを扱うのって、やっぱり気を遣うでしょうし、ただの掃除とは意味愛が全然違うはずです。
ですがそれだけ、きっと人から感謝される仕事なんでしょう。

誰かの悲しみをぬぐい去る手助けをしてあげる。
こうした仕事は本当に意味がありますし、誇れる物だと思います。
人から喜ばれる、感謝されることが仕事の基本ですからね。
社会貢献という意味では、これほど素晴らしいことはないでしょう。

川崎市川崎区の遺品整理行った上での感想・4

父を失った母は、息子の僕から見ても明らかに精神的にまいっているようでした。
普段は明るくテキパキと家事をこなす母が、朝から晩まで父の書斎に閉じこもり、ずっと机の上でうなだれているのを見るのは、僕としてもかなり苦しいものでした。

元気を出してもらおうと色々なことを試しましたがダメでした。
ショッピングに誘っても、旅行を計画しようとしても「出来れば家から…お父さんのそばから離れたくないの…」の一点張り。
これはもう、父の部屋の遺品整理をしなくてはどうにもならない…そう思ったんです。

母を説得するのには相当な根気が必要でしたが、とにかく父は今の母を見て悲しんでいるはずだという事を伝え、なんとか納得をしてもらいました。
そして僕が遺品整理業者に電話をかけ、日程を調整しました。

作業当日は、親切な作業員の方がテキパキと父の遺品を片付けてくれました。
これでやっと母も踏ん切りがつくかな?そんな風に思いました。

遺品整理業者さんが帰るときに、深々と頭を下げた母の姿、一生忘れないと思います。
きっと母も、これで良かったんだと思ってくれたんでしょう。

今では親子二人で、あたらし暮らしをすごしています。
来月には親子水入らずで旅行にもいく予定です。
母がこんなに元気になって、本当に良かったです。

川崎市川崎区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

最近では、自分の死後の処理をしっかりと手帳などに書き留めておく高齢者の方が増えていると言います。
葬式はどんな風に行って欲しいといった希望を、遺書や自分の手帳に書き残しておくのですね。
遺族としては、こうした突然の出来事にたいしては、心中の悲しみもあるせいか中々スムーズにことを運べない物ですから、こうした準備があるというのは、変な話ですが非常に助かるようです。

そして中には自分の家やお部屋の遺品整理すらもあらかじめ業者などを下調べし、詳しく書き残しておく人もいるのだとか。
確かに遺族にとっては、自分の家族との別れは辛いもの。
追い打ちをかけるような遺品整理という行為には、どうしても積極的にはなれないはずです。

こうしたことをあらかじめ本人が準備しておくことで、遺された家族の負担を軽減することが出来るのですね。
ある意味で、これは愛とも呼べるのではないでしょうか?

人はいつか、その命を落とすもの。
ですが遺された人の人生はこれから何年も続くのです。
自分の大切な家族だからこそ、負担は最小限にしてあげたいという思い。
非常に気高いと言えるのではないでしょうか?

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP