川崎市幸区の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

川崎市幸区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に川崎市幸区の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

川崎市幸区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

つい先日、父の遺品整理を行ってきました。
突然死というのは本当に遺族にとっても突然のことです。
遺品整理も急なことでしたし、かなり大変なものでした。
何を片付ければいいかもわかりませんでしたし、気持ち的にも整理がついていませんでした。

父は自宅で急に倒れました。
神奈川県足柄下郡真鶴町の家です。
就職が決まってからというもの、年に数回顔を出すものの、それ以外は帰っていませんでした。
父がこっちに来てくれたのも数えるほどでしたし、私は家を出てからほとんど父と会っていませんでした。

最後に会ったのはたまたま連休になりなんとなく実家に帰った時です。
別になんの理由もなかったんですが、家族の顔が見たくなったんです。
今思えば虫の知らせってやつだったんでしょうか…。

とにかく物が多かったので個人でやるには骨が折れると思い、業者に頼むことにしました。
たまたま弟が見つけたHPから貴社というところを知り、そこに決めたんです。
「まぁどこを選んでも同じだろう」そんな気持ちでした。

しかし、貴社はとても素晴らしい対応をしてくれました。
仕事ぶりが真面目なのは当然です。
それ以上に心遣いというか敬意というか、人間味を感じたんです。
突然の死で悲しんでいましたが、別れは仕方のないことです。
貴社の遺品整理に触れ、「死を受け入れる」ことができたと思います。
感謝したいと思います。

川崎市幸区の遺品整理に関する色々な感想・2

先日ついに祖母が亡くなってしまいました。
生まれ育った神奈川県足柄下郡の真鶴町にて息を引き取りました。

もう90近い年齢でしたから、こう言ったら変ですが「いつ死んでもおかしくはない」とは思っていました。
実際に祖母も「いつでも悔いはないよ」なんて口癖のように言ってました。
現実に亡くなってしまうと…やっぱり後悔ばかりがあります。

遺品整理中に思ったのは、本当に祖母は私たち孫を好きでいてくれたんだなということです。
孫ごとに写真がアルバムに整理されていました。
私が生まれたころから、現在までのものがあったんです。
ちゃんとひとつひとつにコメントが書いてあって、驚きや感動、悲しみなどいろんな感情が込み上げてしまいました。

最終的には御社というところに遺品整理をお願いする形になりました。
やっぱりしっかりしたところがいいだろうという父の考えからです。
どうやら母の知り合いから評判を聞いたらしく、対応がしっかりしていると知ったのだそうです。

私は遺品整理の業者のことはあまり知りません。
でも確かにすごく良い印象を受けました。
ただ物を運ぶだけかなと思いましたが、そんなことありません。
挨拶も、礼儀もしっかりしていました。
大切な人の大切なもの。
それをちゃんとわかっているんですね。
こういう御社のような業者にはこれからも頑張ってほしいです。
ありがとうございました。

川崎市幸区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

遺品整理というものは本当に大変だなとつくづく思いました。
大切な人のものだから、「何を処分すればいいのかわからない」という大変さがあります。
大切な人を亡くし、悲しい気持ちがまた作業を滞らせるんです。

先日私の祖父が神奈川県足柄下郡真鶴町の病院で亡くなりました。
実家からほど近い場所で私はちょくちょくお見舞いに行っていたものです。
ほとんど寝たきりのような状態でしたが、意識ははっきりとしていました。
世間話や思い出話、いろんな話をして面会時間なんてすぐに終わってしまいました。

ある日こんなことを言っていました。
「使っていた煙管をお前にやるよ」って。
どうやら年代物で、何代も前から使ってきた煙管なんだそうです。
そんな大事なものとは思いましたが、いざ遺品整理で出てきたそれはとても愛おしく感じたものです。

御社さんという業者さんに遺品整理をお願いしたんですが、煙管はとっておくことにしました。
せっかくくれるというものを整理してしまうのはもったいないですから。

ちなみに御社さんはとても良いスタッフさんばかりでした。
初めてのことでしたが、あんなに対応がいいんだと感心したものです。
遺品整理に業者を使うというのはイメージにありませんでしたが、いざ使ってみるといいものだなと思いました。
晴れやかな気持ちというか、清々しい気分になるものです。
感謝したいと思います。

川崎市幸区の遺品整理行った上での感想・4

大切な人が亡くなったら必ずやらなくてはいけないこと。
それは遺品整理です。
もし自分たちだけでやろうとしているならやめた方がいいです。
肉体的にも、精神的にもかなり大変ですよ。

実はこの前、私の父が亡くなりました。
まだ70歳です。
早すぎる死で親族はもちろん、知人たちもとても驚き、悲しんでくれていました。
お葬式にはかなりの人がきてくれて、「人望があったんだなぁ」なんて思ったりもしました。
意外なことに、お葬式の時はそれほど悲しくなかったんです。

でも遺品整理になると悲しみがこみ上げてきました。
物とともに思い出が溢れてきてしまったんでsう。
あれもこれもそれも、みんな全部、父の使っていた品々。
とてもじゃないけど、これを処分するなんて無理だって感じました。

それでもやらなくてはいけません。
遺品整理は生きているもののつとめですから。
個人では無理だと感じた私は業者にお願いすることを考えました。
そこで見つけたのは某社というところです。

某社はとても対応が良くて作業もとてもテキパキしていました。
とはいっても、遺品を乱雑に扱うようなことはありません。
高価なものを扱うように大切に大切に運んでくれました。
ちょっとした気遣いではありますが、大事なことですよね。
粗雑に扱われたら怒ってしまいますから。
本当にありがたいなって思いました。
これからもがんばってほしいです。

川崎市幸区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

神奈川県足柄下郡真鶴町で母の遺品整理をしてきました。
とても家族だけではできないと判断し、某社というところにお願いしてみました。
あまり期待はしていませんでしたが、いい意味で裏切ってくれました。
仕事ですから丁寧なのは普通ですけど、あそこまで丁重に扱ってくれると、なんだか嬉しい気がします。

母が亡くなった原因は病気です。
もう死期も宣告されていましたので、驚きはありませんでした。
ただ悲しみというのはわかっていてもあるものなんですよね。
葬儀の際はガマンできましたが、遺品整理になるとやっぱり駄目でした。
故人の思い出は遺品にたくさんつまっているんです。

本当は全部残しておきたい、それが本音でした。
でも現実的ではありません。
ならば「少しでも良い業者にお願いしたい」と思いました。
そこでいろいろな知り合いから情報を貰ってたどり着いたのが某社さんです。

某社の評判は本当に良いものばかりでした。
中でも決めるきっかけになったのは「心ある対応」という評価でした。
正直それがどういうものかはわかりませんでした。
でも実際にスタッフさんの作業を見て、「心報われる対応」だなと感じたんです。

言葉ではうまく伝えられません。
ただ丁重に遺品を扱う姿、礼儀正しい対応、優しい受け応えなどに人情があったんです。
こういう業者が少しでも多くなってくれればなと思います。
感謝しています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP