川崎市中原区の遺品整理などの様々な意見と感想をまとめました

川崎市中原区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に川崎市中原区の遺品整理などの様々な意見と感想をまとめました

川崎市中原区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

この前近所で夏祭りが行われていました。
比較的小さな自治体の夏祭りなので規模は大きくないのですが、毎年行われると今年も夏だなーという事で季節を感じる事ができ、大人ながらに毎年楽しみにしているのですが、先日行った時に少し気が付いたのは知らない顔の人が結構いるなーという事です。
私が小さい時や10年前ではほとんどの人が顔見知りでしたが、今では近所づきあいも希薄になってしまったなーと痛感します。

近所付きあいが減るとあまり良くないと言われています。
今問題になっているのは孤独死ですね。
私の近所でもつい先日、男性の方が一人で亡くなられました家族も居ないという事で、遺品整理のプロの方を呼んで遺品整理を行ってもらったようです。

その業者の方と話す機会があったのですが、今ではこのような依頼が多いようです。
日に日に孤独死の方の遺品整理の依頼が増えているとの事。
それを聞いて少し悲しい気持ちになりました。

誰か近所の人が気づいてあげる事は出来なかったのかなという思いが頭をよぎりますが、今や過剰防犯とも言える世の中では、近所付き合いも難しいと言えます。

寂しい世の中になったな~と痛感しました。

川崎市中原区の遺品整理に関する色々な感想・2

この前朝テレビを眺めていたら遺品整理士という仕事が紹介されていました。

この仕事というのは、家族や大家さんに変わって遺品整理を行うという仕事ですが、今ではとても需要が多いそうです。

人の生死に関わる仕事ですので、需要が増えるという事はあまり良い事ではないのかもしれませんが、亡くなるという事は人に誰しもに訪れる事なのでしょうがないと言えますよね。

ただ、今ではその亡くなるという現場が変わってきているそうです。
私自身亡くなる時には家族に見守られて安らかにという思いがあるのですが、今では誰にも見守られる事無く、亡くなってしまう孤独死というものが増えているそうです。
年間にして約3万人が孤独死をしているというデータもあります。
孤独死をしてしまった方というのは誰も遺品整理をする人が居ないので、大家さんなどが前述の職業の人に依頼をするという訳ですね。

これから先の日本を考えた時に、さらに孤独死をしてしまう人が増えると言われています。
とても悲しい現実だとは思いますが、そうならないようにするためには日々の近所付き合いやもしもの時の連絡手段などを確保しなければいけませんよね。

いやー私の知らない所でそういったお仕事をしている人がいるとは。
頭が上がらない思いです。
本当にご苦労様です。

川崎市中原区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

テレビでたまたま遺品整理のお仕事の特集がなされており、非常に興味深い内容でしたので、自分で色々とインターネットで検索したところ、今では、色々な業者の方が居るようですね。

これから先の日本を考えた時にこれほど需要がある仕事も無いのではないかと思われます。
将来に向けて日本は高齢者が増加し人口も減少していくという中で、ほとんどのサービスのニーズが減って行く中で、こういった業界のニーズは逆に増えます。

これは人口統計学で決定されている事でもあります。

家族が居れば家族の方が遺品整理を行うのでしょうが、家族が居ない場合や居ても高齢者の場合にはその作業をするのが難しいと言えます。
そういった中でこのようなサービスというのは感謝されるお仕事なのではないでしょうか。

実際に今やそういった専門の勉強をなされている人も増えているようです。
ただ、良い医者も居れば悪い医者も居る様にどんな業種でもお金を優先に考える人は居ます。
人の生死に関わる仕事だけにそういった人を除外するような制度などが無ければ、業界全体が批難の的にさらされてしまうのかなと思います。
狭い業界だけにあっという間に人の目を惹きつけますよね。

とはいえ、これから先必ず必要となる仕事といえますよね。

川崎市中原区の遺品整理行った上での感想・4

毎年夏になると戦争に関する映画やドラマが放送されますよね。
戦争の是非は別として若い私でも命について色々と考えさせられます。

命の定義や価値観も国や地域、人によって様々ですよね。
日本人は無宗教の人が多いですが、これを海外の人が聞くとビックリされるようです。
無宗教なら、何を基準に人生を歩んでいるのと言われるぐらいに。

宗教を信仰している人というのはその信仰神に定められた規範を守って生活しています。
神が隣人を愛せと仰ればそのように振る舞うという具合にですね。

では、日本人は?と考えると無宗教だけれども何か日本人全体で共有している規範のようなものがある様に感じます。
例えば人が亡くなって残された遺品に対して雑に扱う人は居ないでしょう。
親族総出で遺品整理をしたりわざわざ業者の方を呼んで遺品整理を行います。
海外の人からすれば、雑に扱っても問題無いと考えるでしょう。
でも何故か日本人はそうしません。
これは脈々と受け継がれてきた日本人としての価値観や常識と言われるような物の様な気がします。

日本人は宗教を信仰しているという自覚をしている人は少ないですが、私から見ると無宗教という宗教を信仰しているように感じます。

川崎市中原区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

私は関東の団地に住んでいるのですが、今そこでは一つの大きな問題に直面しています。

その問題とは一人で住んでいる高齢者が多い事です。
一見すると大きな問題ではない様な気がしますが、今や日本全体の過疎地域で孤独死という問題が発生しています。

これは誰にも見守られる事無く一人で命を落としてしまうというものです。
大体のケースでは亡くなってから数日で発見される場合が多いのですが、近所付き合いが希薄な方では1ヶ月近く発見されなかったという場合もあります。

孤独死をしてしまう方というのは家族との付き合いも希薄な場合が多く遺品整理を行う人も居ません。
そういった場合には専門の遺品整理のプロの方を呼んで遺品整理を行うそうです。
今ではこういうケースが増えていると仰っていました。

実はつい最近も1件ありました。
特に顔見知りの方と言う訳では無いのですが、やはり少し悲しい気持ちになるものです。

これは日本全体で考えて行かなければならない問題ではないかなと思っています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP