川崎市宮前区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

川崎市宮前区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に川崎市宮前区の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

川崎市宮前区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

自分が遺品整理をされるとしたら、整理をしている人のためにサプライズのようなことをしたいですね。
もちろんいい意味で驚かせたいと思います。
そうするにはどうすればいいのでしょうか?自分が遺品整理をする立場で考えてみました。

まず驚かせるにはギャップが必要らしいですよね。
しかも最初の印象を悪くしてから、どーん!と喜ばせるようなものを見ると良い効果が生まれるそうです。
だから一見遺品整理をする時に「何これ、面倒くさい」と思わせておいて、「何これ感動した、笑える。
嬉しい」というオチをつければいいのです。

簡単に言いましたが、なかなか難しいですね…。
まず喜ばせる内容ですが、手紙とか動画とかの作成でしょうか。
また私は絵を描くのが好きなので、関わってきた人の似顔絵にメッセージを添えて残しておけば面白いかなぁと思います。

それで悪印象の付け方ですが、どうしましょう。
埃だらけの汚そうなゴミばかり入っていそうな箱にでも詰め込むことでしょうか?潔癖症な人に片付けてもらった場合は、本当にいや~な顔をされそうですね(笑)いや、むしろその嫌な思いをさせた分だけ、サプライズ度が増すかもしれません。

そういう感じで、私が死の予感を感じたら実践してみようと思います。

川崎市宮前区の遺品整理に関する色々な感想・2

最近の私の趣味は、ラジオの人生相談番組を聞くことです。
様々な人の悩みを真剣に聞いて、相手の心をズバリと言い当てるこの番組にいつも感心してしまいます。
私も将来このカウンセラーさんのように、深いことを言えるような老人になりたいですね。

そして思うのが自分よりはるかに年上の人でも「何だこりゃ?」というような考え方をしている人が多いのに驚きます。
私だって至らないところがたくさんありますから、あまり批判的に言えることではないです。
しかし皆、そういう幼さを持っているものなのだなという気づきがありました。

こうやってその番組を聞いていく中で、私はそういう幼さを死ぬまでにできるだけそぎ落としていきたいなと思いました。
魂が体を抜けて、体を燃やされて、墓に入れられて、遺品整理をされて…それまでに様々なことが人生の中であるんでしょう。
20数年生きてきましたが、既にちょっとくたびれているくらい色々なことがありました。
年上の泥水をすすってきた人に言わせれば、何てことがないらしいです。
同年代の人には「人生面白いことになっているね~」とも言われます。
だから年齢の割にちょっとハードだけど、年上の激しめの人生送ってきた人には劣る感じでしょうか?そういう試練も洗練されるためなら、頑張れそうです。

川崎市宮前区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

私はあまり遺品整理をされたくないなー、という思いがあります。
持ち物や部屋って、その人がふだん周りに隠しているところが丸見えになりますよね。
私はクローゼットが今一番他人に見られたくないです。
私の部屋って一見スッキリしてるんですけど、見えないところはぐちゃぐちゃしているんですよ。
女子力と整頓力が低いんでしょうね。
残念な女です。

これでも昔よりはきれいにするようになったんですよ。
昔は父親に豚小屋みたいな部屋だとののしられ、無理やり片づけさせられた思い出があります。
私としては特に不満がなく、そこでだらだらしていたいのにね。
しかも片付けた後にドヤ顔で感想を求められて、「えー、微妙…」と素直すぎる回答をしたらキレられて再度散らかされました。
その時は片付いていることの快適さにピンと来ていなかったんですよね。
そんな私もどうにか成長し、「お、スッキリしているほうが楽じゃん」という方向に意識がシフトしました。
必要だったら自然にやるもんですね、人間って。

でもまだ進化の途中だからか、見えないところは未だにグチャグチャの私…。
うーん、でも私は分かりましたよ。
なぜクローゼットがグチャグチャになるのか!もともときっちりはしていないんだけど、その上に服が無駄に多すぎるんですよね。
これに尽きる。

川崎市宮前区の遺品整理行った上での感想・4

私が今の状態で死ぬときに、クローゼットを見られたくなくて遺品整理されたくないと言うのがあるんです。
だって見えないことにかこつけて、超ぐちゃぐちゃだから。

むかし元カレを部屋に招いた時に、クローゼットを勝手に見られていたようなのです。
そして別れ際に「あの汚さにドン引きしたよ…」と言われた、いわくつき。
整頓していない私も私だけど、振られたからってそんなこと言うのは器の小さい人だなと思いました…。
正義にかこつけて怒りをぶつけるのは、一番たちが悪いですな。
ていうか不満があったなら交際中に言いなさいよって話、うん。

でも私自身もぐちゃっている状況を良しは思っていないんですよね。
本当はスッキリきれいにしたいから、毎年大掃除の時期になると片付けます。
でも2か月くらいで乱れ始める魔法の小部屋です。
いたずら妖精さんでも住んでいるのかしら…。

それでそうなる原因は、着ない服を無駄に持ち続けていることにあると気付いたんです。
そう、おそらくクローゼットのキャパシティに比べて無駄に服が多い。
だから明日にでも要らないものを整理して、売りに行こうかと思います。
今は在宅のお仕事だから、そもそも服を着ないんですよね。
だからこの際ぱーっと片付けてしまいます。

川崎市宮前区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

私は遺品整理をされるのに抵抗があって、その理由はクローゼットの中がグチャグチャだから。
私の片付け能力の低さもあるのですが、無駄な服が多すぎることに散らかる原因が有るのだと思うのです。

それで明日にでも要らない服を処分しに、近所のリサイクルショップ(徒歩20分)に行こうと思うのです。
それで売るための服の判断基準として、まぁ全然着ない服はもちろん第1候補としてあげます。

続いて着心地が悪い服。
これはデザインが良いと無理に着る時もあるのですが、身に着けているうちにストレスが溜まるんですよね。
だから家に帰って脱ぐ段になって、「着なきゃよかった…やっと脱げる…」という気持ちになります。

そして最後に黒い服。
これを売り払ってしまおうと思います。
黒い服って着やすくないですか?気分が落ち込んでいるときなんて気が付いたら全身ブラックコーディネートだったなんてことがあります。
逆に白いズボンなんて明るい気持ちの時にしか着られませんよ。
会社を首にされた次の日に白いワンピース…絶対選ぶ気に何てなれない!だからこそ黒い服を捨てようと思うんです。
暗い気持でも無理やり明るい服を着ていたら、心も上向きになってきそうじゃないですか?

そんな基準で片付けていこうと思っております。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP