平塚市の遺品整理を行った際の意見や感想をまとめました

平塚市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に平塚市の遺品整理を行った際の意見や感想をまとめました

平塚市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

遺品整理で検索した求人広告をいくつか見ていきたいと思います。
いま実は遺品整理というのはブームになっていて、最近は少し下火みたいなんですけど、それでも珍しい職業ってことでそこそこなんか人気みたいです。

でも正直、遺品整理って死体が転がっていた部屋に入るハウスクリーニング的な仕事もあるので、はっきり言って常人の神経なら頼まれてもしたくない仕事だと思うんですね。
なので、そんな仕事を「一緒にしませんか?」って言わなければならない求人広告を見れば、その仕事の魅力を少しぐらい知ることができるのかなって思った次第です。

まあたぶん給料ぐらいしかアピールするところないと思うんだけど、まあ最近はハウスクリーニング屋も乱立している状況みたいだから、優秀な人の奪い合いかもしれないですね。
といっても優秀って何を持って遺品整理に活かせるスキルなのかわかりませんが。
腐乱遺体に動じないハート?っていうところでしょうか。
いずれにしてもちょっとそのあたりを調べてみたいと思います。

平塚市の遺品整理に関する色々な感想・2

えー遺品整理で検索して引っかかった求人情報についていろいろ検証してみたいと思うのですが。

まず検索して思ったんですけど、遺品整理ではなかなかいかにもそれっぽい求人にはヒットしません。
んで駄目もとでハウスクリーニングで検索したら、かなりヒットしました。
しかしハウスクリーニングは実態が掴めなくて、いわゆる富裕層向けの「掃除のおばちゃん隊」を抱えた掃除代理業に留まっているのか、それとも大っぴらには言えないけど「そういう」仕事も請け負っています、という感じなのか。
そのへんが掴めません。
もちろん求人原稿を見ても、遺品整理的なことは一切触れていません。

とりあえず検証するためには明らかに「ああ、これはたぶん孤独死された方々のお部屋に入るんだな」というのがわかる求人でないと意味がありません。

そういう感じで遺品整理が駄目なら特殊清掃で調べてみると、ヒットしました。
案外一般的には特殊清掃のほうが認知されているのでしょうか。
確かに遺品整理って言葉、「大掃除」「衣替え」みたいな感じで、ビジネス的なニュアンスはあまり感じられませんよね。
一方で「特殊清掃」。
うーんこれもなんか職人系の仕事かなというとこですね。

でも特殊清掃だったら、「どんな清掃するの?そんな厄介なものがあるの?」となり、少しご時世とかも鑑みれば「あー、遺体とかね」とわかるかもしれませんね。

平塚市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

遺品整理の仕事について、いろいろ検索してみてまずはA社の求人原稿を検証してみたいと思います。
ちなみに検索ワードは遺品整理ではなく特殊清掃で引っかかりました。

まず仕事内容に関してですが、状況を全く知らない人が読めば、すごくやり甲斐のある仕事と思えなくもないです。
というのもやはり仕事内容には遺品整理というワードが入っているので、遺品と聞くと「そうか亡くなった方の品物を整理するんだ、なんかドラマがあるなあ」と思うかもしれません。
そこに遺品整理というワードの強みがありますね。
実際、特殊清掃だと腐乱遺体があるという前提ですけど、遺品整理だと本当に清掃なしで整理だけで終わることもあるわけですから、こっちのワードでもいいかなと思い始めてきました。

ちなみにこのA社。
求める人物像が、人の気持ちを理解できる人らしいです。
うん、確かに必要だ。
しかしもっと大事な、腐った人間の体液とかにも稀に出くわす、ということを伝え忘れています。
まあワザと言ってないだけなんでしょうけど。
そういうところにこの仕事の大人の事情を感じざるを得ないですね。

平塚市の遺品整理行った上での感想・4

遺品整理業者の求人原稿を検証しているのですが、遺品整理、特殊清掃に加えて、現場洗浄というワードもこの業界の共通ワードのようです。
確かに現場と聞くと、「なんの?」となりますもんね。
自ずとヤバい現場、事故現場というのが連想され、あーそういう仕事かとなりそうです。

そんな中でヒットしたのが続いてB社。
求人広告のキャッチコピーが単純明快です。
ずばり日給ウン万円というのを真っ先に持ってきています。
さらにこの広告の素晴らしいことはきちんと、キャッチのなかで体力よりも精神力が必要ということをアナウンスしています。
さらには出張で面接しますとも記載。
普通ないですよね、家に来てもらって面接してもらうなんて。
ここまでキャッチコピーで臭わしておいて、仕事内容に遺品整理や特殊清掃とあれば、求人検索している大人であればもう察しがつくはずです。
正直他の業種の求人広告から見れば、まだまだ仕事の内容を隠していると思いますが、その他の遺品整理屋の肝心な事を何一つ伝えない広告に比べたら、まだ良心的というか、入社後のアンマッチを防ごうという意志が感じられますね。

さらにこの求人広告では仕事場が、自殺発生現場や殺人現場ときちんと明記されています。
これでかなり絞られた採用ができるのではないでしょうか。

というかこんなことまで書いていいのかと逆に不安ですが。
この広告すごく尊敬しますけど。

平塚市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

遺品整理業者の方が、採用プロセスについて語っているブログがあったので、それに関していろいろ考えてみたいと思います。

まず「確かに」と納得してしまったのが、職を転々としている人はまず落とすということらしいです。
ちなみにこの業者はまず職務経歴書を送ってもらう前に、問合せ段階の声色などでかなり落とすらしいですが。
仮にそこを通って履歴書や職務経歴書の書類選考に進んでも、いろいろ会社を変えてきた人は無理らしいですね。
というのも、他のどの仕事よりも遺品整理はハードな仕事なのに、そんなコロコロ変えている人が長続きするとは思えないからだそうです。

確かにこのご時世、職を変えるイコール忍耐が無いと結びつけるのはいささか安直な気がしないでもないです。
キャリアアップで計画的に転職されている方もいらっしゃるでしょうし。
ただベーシックなキャリアアップに遺品整理の仕事が組み込まれるという可能性はすごく低いと思います。
「俺はマーケティングの世界で伸し上がってやるんだぜい!」という若者が、「プロダクトの流れを学ぶ為に遺品整理の経験が欠かせないんです」というのはかなり苦しいですよね。

よって職を転々とした人が遺品整理の仕事を選んでも、おそらくそこに明確なプランはないと判断しても良いかもしれません。
結果、そんな人にはたぶん続けられませんとなるのでしょう。

このブログは少し興味深いことを書いていたので、続きでも紹介していきます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP