伊勢原市の遺品整理の様々な感想をまとめました

伊勢原市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に伊勢原市の遺品整理の様々な感想をまとめました

伊勢原市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

今のご時世を反映する、「ヒット商品」ならぬ「ヒット産業」に、遺品整理業というものがあります。
ここ1、2年ニュースでも度々取り上げられているので、ネットで検索してみたところ、なるほどと思いました。

ある企業では、ヒットする理由のひとつ、消費者のニーズをがっちり掴もうという意気込みのようなものが、ホームページの入り口の、一番目立つところに現れているのです。

それは、人が亡くなることで求められる、付随したサービスでもある「遺産相続相談」や「不動産の解体」、はては、「散骨」にいたるまで、それぞれが連携プレイのように、簡単にアクセスできる形にされています。
それだけ見てもなかなか上手い売り方です。
ある意味、それら全ては相互に繋がっているからです。

葬儀だけでも大変なイベントであり、しかも急なうえに慣れないことである場合が多いのが普通です。
そこから、さらに遺品整理のことを調べるのですから、遺族にとってはまだまだやることは沢山ありそう、というわけです。

今、身近に必要がなく、幸いなことに、とりあえず自分が今日や明日、急死することはないと思われる私でも、「散骨・海洋葬」がすぐに目に留まりました。
死んだ後のことまで考えなければならない。
まさに、今はそういう時代になりました。

伊勢原市の遺品整理に関する色々な感想・2

そもそも、今は「ものを片付ける」ことが脚光を浴びているように感じます。

運送業や引越業はいつの時代もニーズがあるとして、自治体をも含んだリサイクル業や清掃業、廃品回収業などは、私たちの生活になくてはならない、重要な産業です。

そして、やがてそれらが遺品整理業というジャンルに枝分かれしたといいます。

昔から「便利屋」という業者がありましたが、遺品整理業が独立独歩で成り立つようになったのは、やはり、高齢化・核家族化が進んだせいでしょう。

ですが、物理的にひとり世帯の増加ということ以外にも理由があるように思えます。
それは、もう自分だけでは「片づけられない」のでお金を払って依頼する、といった感覚でしょうか。

実際、今よく問題となっている、いわゆる「ゴミ屋敷」というものがあります。
また、「断捨離」が流行語になったり、私たちが「収納術」に夢中になるのは、やはり片付けられないからで、まるで、私などは、逆にものにコントロールされているかのように感じることがあります。

「ものを片付ける」ということは、なんて難しいことだと改めて思います。

伊勢原市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

遺品整理のニーズが高まった背景には、高齢化や核家族化、少子化の他にも忘れてはならない要因があると思います。
日本人として悲しいことですが、自殺した人の数を目にすると、それは充分頷けることでしょう。

事件・事故ということもあるわけですし、病死の件数も多いのではないでしょうか。

つまり、必ずしも独居老人だけが遺品整理を必要とするのではないということです。

それは一方で、遺品整理には専門的な消毒などの清掃も含まれているということも意味しています。
故人に手を合わせ、お線香を焚く業者の姿も、印象深く報道されていました。

たとえ身近にはなかったとしても、隣家やマンション内で「ひとりで亡くなる」ということは、今や「普通に」あることだといえます。
また、若い人ほど実家があるわけで、そのように考えると、ひとりでなくても、高齢でなくても、この先、遺品整理というサービス利用することになる人は確実に増えていくのだろうと思います。

伊勢原市の遺品整理行った上での感想・4

遺品整理とは、今や誰もがかかわり得るもの、といえる現状があるようです。

そうなると、いくつかの業者もその理念として掲げているのが、サービス業として質を向上させていくことです。

いつか、自分が利用することになったなら、やはり優良な業者と出会いたいと願うのは当然のことですよね。
また、私たち遺族の向こうには故人がいるという、心情的にデリケートな面を持つ世界が遺品整理の現場でしょうし、できれば、そういう配慮があって欲しいものです。

サービスで最も大切なのは「心」ではないでしょうか。
多くの人はきっとそれを求めて利用するのだと思います。
故人を敬う心、遺族を気遣う心。
遺品整理とは、そんな、癒されるサービスであって欲しい、と思います。

ある企業のホームページにこんな言葉をみつけました。
「遺品整理は、人生最後の身辺整理のお手伝い」、「親と子を、子と孫をつなぐ仕事」。

その需要が増えれば増えるほど、私たちの期待もやはり高まっているのです。

伊勢原市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

遺品整理業の認知度は高まっても、いざ、初めて利用してみようというとき、新しいジャンルであるだけに、結構な勇気が要るかも知れません。

私ごとですが、以前に一度だけ、大手引越業者の「おまかせパック」なるものを利用した際、宝物のように大切にしていた、ルビーの指輪がなくなりました。
有名なT社のもので、思い出の品でした。
私はそれを食器棚のカップのひとつに入れており、つい余裕がなくてそのまま作業がなされてしまい、気づくと指輪は忽然と消えていました。

10年以上経った今でも、悔しくてなりません。

後にも先にも「おまかせパック」を利用したのはそれ一回きりで、それも、子どもが産まれて、どうにも引越作業などできないという状況でのことでした。
しかし、私はこの先、たとえまた、それを利用できることがあったとしても、恐らくもう二度と利用することはないと思います。
信頼とはそういうものだと思うのです。

何でもそうですが、「信頼できるだろうか」という不安を抱きつつ、新しいサービスに立ち向かうのが消費者です。

遺品整理業界では、今、そんな信頼感のある役割を果たそうということで、努力がなされているようです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP