高座郡寒川町の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

高座郡寒川町の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に高座郡寒川町の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

高座郡寒川町の遺品整理に伴う片付けの感想・1

遺品整理という仕事について知る機会が先日ありました。

それは普段何気なく読んでいる週刊誌に特集が組んでありました。

普段ならあまり注目して読むような事も無いのですが、なぜかその時には見入る様に読んでしまいました。
その記事には今は色々な理由から遺品整理の仕事の依頼が増えているとの事です。

孤独死をされてしまった方の部屋を片付けて欲しいという大家さんからの依頼から老人ホームからの依頼、はたまた家族の方からの依頼まで様々だそうです。

私がこの記事を読んでいて気になったのは人の生死に関わる仕事とかってあまり表に出る事は無いですよね?日本人の倫理観かもしれませんが。
あまりメディアでも取り上げられたりしません。
それが雑誌に出ているという事はそれだけ注目度があるという事ですね。

実際にその雑誌の中でもこれからの日本を考えていくとさらに遺品整理という仕事には需要があるが、その受け皿がまだまだ不足しているという事。
それに伴いその業界に飛び込む人もふえているんだとか。
いやはや私にはまだまだ身近に感じる事が出来ないですが、将来お世話になるかもしれませんね。

高座郡寒川町の遺品整理に関する色々な感想・2

孤独死という問題がとても深刻化しているようです。
日本は長寿世界一の国として知られていますが、その実態を覗いてみると色々と問題があるようですね。
孤独死もその一つとなっています。
そしてその孤独死と関連性の深い仕事に遺品整理という仕事があります。
色々な状況での遺品整理の依頼があるようですが、最近多いのが、前述の孤独死された方の遺品整理だそうです。

孤独死をしてしまう方は往々にして家族の方と連絡が取れないという人が多く、取れたとしても縁を切っているのでそちらでお願いしますなどと言われてしまう事もあり、大家さんや家の管理者は困ってしまうのだそうです。

そんな時にプロの方が作業をします。
作業されている方もこういったケースが増えているのは悲しいのですが、亡くなられた方に区別はする事無くどんなケースでも敬意を持って作業に当たられるとの事。

立派な信念だと思います。
人の生死に関わるお仕事だからこそこういった信念というのがとても重要なんじゃないかなと私は思います。

これから同じ様なケースが増えていき大変かと思いますが、頑張ってください。
陰ながら応援しています。

高座郡寒川町の遺品整理関連で見た様々な感想・3

先日祖母が亡くなりました。

それでお葬式や色々と行った後に遺品整理というものを行ったのですが、物も少ないしそんなに時間もかからないだろうと思っていたのですが、実際にやってみると。

どれを持って行ってどれを残すかという事の選択がとても大変なのです。

正確に言うとどれも必要な気がして選択をする事など出来ない!という感じなのです。
別段優柔不断という訳では無いのですが、遺品という物になると事情はまったく違ってきてしまいます。
選ばなかった物はもう今後一生会えないのだと思うと祖母とお別れしているような気持ちがしてきちゃうのです。

その現実と向き合うための作業なのかなと今になると思うのですが、当時はまだ時間もたっていなかった訳ですから、そんな風にはなかなか考えられないですよね。

という事でその時は遺品整理のプロの方にお願いする事にしました。
とても親切丁寧に作業して頂いたので、多少不安がっていた父も終わるころには安心していました。

その時の作業員の方本当にありがとうございました!

高座郡寒川町の遺品整理行った上での感想・4

団地は日本の縮図なんて言われ方をしていますが、本当にそう思います。
団地に住んでいる私が言うのだから間違いないかと思います。
高度経済成長期には子供のいる家庭が多く住んでいた団地ですが、それや今や高齢者が一人で住んでいる家が多いという現実があります。
こういったお家ではいざと言う時に誰も駆けつける人がおらず、自宅でお亡くなりになりそのまま数日から数か月発見されなかったという事が多いです。

大家さんや管理会社の方はとても困ってしまいますよね。
そんな時には遺品整理のプロの方を呼ぶみたいです。
この前同じ階にお一人で住まわれている方がお亡くなりになられた時にプロの方がいらしたので、作業の邪魔にならないところでお話を聞かせてもらいました。
元々は残された遺族の方を助けるという意味で会社を設立されたのですが、今ではこういった孤独死による遺品整理の案件がとても多いのだそうです。
仕事が増えるのはありがたい反面こういったケースで亡くなられる方が少しでも減って欲しいと仰っていました。

あまり知られる事の少ないお仕事なだけに興味本位で聞いてしまいました。
これからの社会を考えていくととても必要性のある重大なお仕事だと思いましたね。

頑張っていただきたいものです。

高座郡寒川町の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

先日の事ですが、遺品整理のプロの方にお世話になりました。

あまり聞きなれないお仕事だと思いますが、今とっても需要があるのだそうです。
こんな事を言ってしまうと不謹慎かもしれませんが、高齢化社会という事もあり、毎週の様に依頼があるのだそうです。

私の家も祖父が亡くなりました。
別段仲が悪かったという訳では無かったですが、自然と悲しくなかったのは幸せそうな人生を送っているなーと常日頃思っていたからかもしれません。

祖父の遺品整理はプロの方にやっていただいた経緯としては物自体がとても多くなかなかに大変という事が一番の理由でした。
そんなに物が多いなら引っ越し業者にでもまかせればいいのにと思えないのが遺品の特殊な所ですよね。
なんかこう、特別な感じがありますよね。
普通の物に比べると。
という事で専門業者の方に来て作業をして頂いた訳ですが、さすがにプロだなと思う様な作業っぷりでした。
スムーズでいて、なおかつ丁寧という言葉がぴったりな作業でした。

普段あまり接する事の無い業界のお仕事だから余計にそうみえてしまったのかもしれませんが、あっぱれな出来でした。

大切な人が亡くなるというのは悲しい事ですが、残された人達は現実を見なければなりません。
遺品整理というのはその現実を見るための一つの出来事かもしれませんね。
もしもの時の為に皆さんも色々調べてみるといいかもしれませんね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP