品川区の色々な遺品整理関連の意見と感想をまとめました

品川区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に品川区の色々な遺品整理関連の意見と感想をまとめました

品川区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

遺品整理業という仕事がメジャーになってきています。
テレビや新聞などで取り上げられているのを見てその存在を知った人も多いでしょう。
孤独死の増加や親戚とのつながりが薄くなった現代を反映した仕事なのではないでしょうか。
ですがお世話になるのは高齢者だけではないようです。
警察は人が死んでいても身体部分だけしか持って行かないので、例えば自殺した後の場合飛び降り自殺ならば脳漿などが飛び散っていますし、手首を切って自殺したならば大量の血痕がその場所に残されます。
こういった部屋や場所を掃除するのも遺品整理屋のお仕事だそうです。

遺品整理屋さんが書いた本を読むとどうしても自分の死に方について考えてしまいます。
現場であった色々な人間模様や状況を読んでいると実体験の重さというものを感じます。
淡々と事実だけを書いていく文体だけあって想像力を掻き立てられるわけです。
また人が死ぬと必ずその後を片付けなければいけないという当たり前ですが普段意識しない事が理解できます。
死ぬということは特別なことでも何でも無く自分の親しい人にも自分自身にも必ずやってくるという事が実感されます。
生きているうちに身近な人と死後の整理などについて話し合っておこうと思えるようになりました。

品川区の遺品整理に関する色々な感想・2

少子高齢化が進む社会のニーズにあわせて遺品整理屋という仕事ができてきました。
人が死んだ後しばらく放置されていたような部屋や自殺した後の大量の血が飛び散っているような部屋を清掃するお仕事です。
過酷な作業になるでしょうが需要は確かにあるようで多くの遺品整理を専門とする会社が生まれてきています。
ですが大量に出てくるとどうしても質が悪いものも出てきてしまうようで、遺品整理業絡みのトラブルも色々出てきているようです。
そこで業界の清浄化のために遺品整理士という資格が作られました。

遺品整理業というのは様々な分野についての知識が必要とされるお仕事です。
運びだした遺品を処分するためには許可が必要です。
無許可でやっていると不法投棄することになります。
リサイクルするためには古物商の許可がまた別に必要になりますし、法規制について把握していなければいけません。
また遺品整理にはリフォームや運送業などにも役に立つ知識があります。
今のところ国家資格ではないようですが、これからも当分需要がある業界にまつわる資格ですから取得を目指す人も増えてくるのではないでしょうか。

品川区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

亡くなった人の使っていた品物を処分することにはどうしても罪悪感が付きまとってしまいます。
しかし、使ってもいない物をいつまでも家の中に置いておくことはあまりいいことではありません。
経済的に場所がもったいないということもありますが、精神的に心の整理がつかないということもあります。
どうせなら必要とされる人の手に渡ってくれたほうが物にとっても故人にとってもありがたいのではないでしょうか。
ただ捨てるだけでは心苦しいかもしれませんがリサイクルと考えると遺品整理にも手がつけやすくなると思います。

遺品整理を専門とする業者さんの中には運びだした遺品をただ廃棄処分にするだけではなく、リサイクルして売ったり、売ることが難しいようなものでも寄付するなどして有効活用している会社もあります。
故人のものを死蔵しているよりもこういった形で再利用するほうが価値の有ることなのではないでしょうか。
全ての遺品を捨てることはありませんが、利用できるものは利用できるところに任せたほうが有用です。
遺品整理をしなければいけないが捨てるのは忍びないと悩んでいる方は業者に相談してはいかがでしょうか。

品川区の遺品整理行った上での感想・4

遺品整理屋という職種が最近になってできてきました。
なんでもここ十年ぐらいに急に伸びてきた業界なようです。
「特殊清掃業」とも呼ばれるようですが、今は遺品整理屋というのが一般的です。
遺品整理というとかなり狭いニーズにしか対応してないような気がしますが、それでもやっていけるということはかなりの需要があるのでしょうね。
少子高齢化が社会問題になり、高齢者の孤独死がニュースなどで取り上げられるようになりました。
孤独死した後の部屋というのはかなりの死臭がこびりついてしまうようで時にはリフォームが必要になったりするそうです。
ただの清掃業者と違うのはそういった過酷な作業が必要になるところでしょうか。

死体に湧いた大量の昆虫を退治するための殺虫剤の扱いや、部屋のリフォーム、もちろん遺品を運び出すための体力、運びだした品物を取り扱うための様々な許可、遺品整理業には色々な分野の能力や知識が必要になります。
求人の情報を見ると中々給料は高いのですが大変な仕事ということは想像ができます。
軽々しくなれるような仕事ではなさそうです。

品川区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

生前からの遺品整理について考える機会がありました。
親しい友人から家族が亡くなり死後の葬式のやり方や遺品整理の事で酷く揉めたという事を聞いたからです。
あまり故人が冠婚葬祭について大掛かりな事を嫌う人だったので簡素に済ませたかったそうですが、なんでも彼の実家は禅宗だったそうで結構な規模の葬式を出さなければ親戚の間で問題になるなどと言っていました。
お坊さんが複数人来てお経を読んでくれるのですが、その分お金は確実にかかってしまうそうです。
また遺品についても何を処分するか何をとっておくかでかなり議論になったそうです。

自分が死んだ後もそのように揉めるようなことがあるかもしれないと思うと色々と考えてしまいます。
友人の場合も故人がはっきりと希望を残しておいてくれればそれに従って諸々の手続きを進めていけばいいのですからトラブルにならなかったのではないでしょうか。
どうしても自分の死については普段から目をそらしがちです。
私もいつか必ず死ぬ時が来るというにもかかわらずあまり考えたことがありませんでした。
しかし、後々のことを考えると自分の理想の葬式や遺品整理の方針について書き残しておいた方がいいのかもしれないと思うようになりました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP