大田区の遺品整理などの様々な意見と感想をまとめました

大田区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に大田区の遺品整理などの様々な意見と感想をまとめました

大田区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

私のお兄ちゃんは癌でした。
それがわかった時にはすでに手遅れで、もう末期状態だったんです。
お兄ちゃんも私たち家族も、はじめは本当にどうしたらよいか全くわからなくて、狼狽しながら毎日を送っていました。

ですがある日、お兄ちゃんが一言「俺が死んだらさ、ひとつ頼みがあるんだよね」と言い出しました。
なんとそれは、お兄ちゃんの遺品整理でした。
お兄ちゃんが言うには、今から死ぬことはわかっているんだけど、自分であれこれ整理をするのはちょっと気が引ける。
だけど、自分の死後、家族に遺品整理なんてさせたくないから、業者に頼んで欲しい、とのことでした。

お母さんは涙を浮かべながら、うなずきました。
お父さんは黙って腕を組んでいましたが、後から聞くとお兄ちゃんのことを誇らしく思っていたそうです。
私は私で、何がそんなに大事なんだろう?くらいに思っていました。
まだお兄ちゃんが死ぬ、ということに対して実感がなかったんだと思います。

結局、お兄ちゃんが天国へと向かってから、お兄ちゃんの優しさに気づかされました。
わたしはお兄ちゃんの物に触れることすらできなくなったんです。
だから遺品整理の業者さんが来てくれたときは、少しだけ安心しました。
そして、おにいちゃん、本当にありがとう、と胸をなで下ろしました。

大田区の遺品整理に関する色々な感想・2

運命の人に先立たれた不幸というは、それはそれは想像すらつかない絶望でしょう。
これからも続く長い人生の道のりを、もう共に歩めなくなるわけですから。
こんなに悲しいことはありません。

もちろん、ご自身の息子さん、娘さんを亡くされた場合もこれは同じです。
本来ならば何かを遺してあげる立場にある自分が、子供からたくさんの悲しみを遺されてしまうのですから…

しかしどんな場合であっても、人は前に進んでいかなくてはなりません。
天国に旅立った愛しい人のためにも、一生懸命、生きていかねばならないのです。

しかし、人は葬儀の後灰になっても、彼らが遺した物はそのままになっています。
ずっと使っていた寝具から、コレクションが一杯の本棚。
その他にもパソコンや歯ブラシといったものまで。
たくさんの忘れ物がある訳です。

そんなの捨ててしまえば、と軽々しく口に出せる人は、まだ別れの悲しみを知らないのでしょう。
遺された遺族にとって遺品整理とは、本当に身を切る思いでする作業なのです。

そうした苦しみを半減させてくれる、遺品整理業者というものもあります。
ご自身で手を下すのがあまりにも辛い場合には、検討してみると良いかも知れません。

遺品整理というあまりに辛い行為。
しかしそれを乗り越えてこそ、新しい明日が始まるのでは内でしょうか?

大田区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

たった一日で、幸せだった風景が一気に変わることもあるのですね。
僕の友人はつい先日、交通事故で愛する妻と我が子を亡くしました。
二人ともまだ若く、将来に希望も抱いているような状態での不幸。
僕としても、奥さんや子供の笑顔がまだ目に焼き付いていて、ひどく落ち込んでいました。

しかしそれどころでないのは友人です。
彼はたった一人で、家族がいた広い部屋に置き去りにされてしまいました。
ただいまと玄関で言ったとしても「おかえり」の声はなく、ただその空間に虚無感を広げるだけです。

ですから彼が遺品整理について決断した時には、驚いたのと同時に「ようやく踏ん切りがついたか…良かった」とも思ったものです。
彼にとっては全てが宝物のような品々。
ですが、それは同時に、彼の足にいつまでもまとわりつく重しにもなっていたはずです。

家族で暮らしていた部屋を遺品整理業者に片付けてもらい、その後小さなワンルームアパートに引っ越した彼は、少しだけ元気を取り戻したようでした。
妻と子供の分も、自分がしっかり生きてあげなくちゃと目を潤ませながら話してくれたんです。
僕としても、一安心。
遺品整理のおかげだな、と感じました。

大田区の遺品整理行った上での感想・4

世の中には本当にたくさんのお仕事がありますけど、その中でも遺品整理ほど大変な仕事もないんじゃないかな、と思います。
とにかくこの仕事、ただお部屋や家を綺麗にすれば良いだけじゃないのが味噌と言うか…本当に大変らしいんですよね。

例えば、ただの清掃業者だととにかく目の前のものを綺麗にすれば良いだけじゃないですか?でも遺品整理業の場合は、遺族の想いというものがありますからね。
かなり気を遣うんだと思います。

実際、遺族にしてみれば遺品を乱暴に扱われちゃたまったもんじゃないですよね?愛する家族の遺してくれたものだからこそ、丁寧に整理してもらいたい。
そんな気持ちを汲まなくてはいけないのが、このお仕事の大変なところだと思います。

でも、全てが全て嫌なことだけでもないようです。
ネット調べて見ると、遺品整理のおかげで本当に心が救われたというような文章を見つけることができます。
きっと遺された家族は、前に進むための一歩を、遺品整理という形で踏み出すことができるのでしょうね。

こうした感謝される仕事っていうのも、中々ないと思います。
間接的にですが人の人生に関わり、ありがとうと言ってもらえる。
そういう意味では、最高の仕事なのかもしれません。

大田区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

ついつい遺品整理だなんて聞くと、他人に任せてはいけないものだなんて思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。
ですが、この考え方が大間違いなんです。

実際に、愛する人を亡くした経験がある人ならお分かりになると思いますが、とにかく生前の持ち物というのにはたくさんの思い出が詰まりに詰まっているものです。
ちょっと手に取っただけでも、昔の楽しかった風景がフラッシュバックしますので、遺族としては遺しておきたくなる気持ちもわからなくはありません。

しかしそれをいつまでも取っておくのは、これからの人生において大きな荷物を背負い込むのと同じことになってしまいます。
区切りをつけるという意味で、遺品整理は非常に大切なんですね。

ですが遺族がこれを整理するのは結構な精神的負担です。
前述したように、できれば残しておきたくなるからです。
その結果、いつまでも手を付けられずにいてしまう人も多いでしょう。

だからこそ、遺品整理はプロに頼むのが望ましいのです。
適切な処理の仕方を彼らは知っていますし、しっかりと気遣いもしてくれます。
自分たちの手ではどうすることもできないということは必ずあります。
そんな時は、誰かを頼りにしてみるのもひとつんお選択肢でしょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP