江東区の遺品整理を行った際の意見や感想をまとめました

江東区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に江東区の遺品整理を行った際の意見や感想をまとめました

江東区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

先日、人生初めての経験をしてきました。
祖母の遺品整理です。
今は一人暮らしなので会うことは年に数回でしたが、思い出というのはやっぱり深いものですね。
遺品に触れつつ、涙が止まりませんでした。

埼玉県飯能市の実家に戻った私。
お線香をあげてから遺品整理に取り掛かりました。
祖母も女性ですから、やはり物が多かったのが印象的です。
よくわからないチラシやメモ書き、ちょっとした小物などいろんなものがありました。

父は「おばあちゃんは物持ちだったからなぁ」なんて言っていました。
私もそう思います。
古い人ですから、特に大切にする意識が強かったんでしょう。
私の小さいころの写真もアルバムにたくさん詰まっていました。
大切にされていたんだなって涙がでました。

けっきょく遺品も多いことから業者を使うことになりました。
私は知らなかったんですが、遺品整理業者というのは多いらしいです。
父は知人から御社というところが良いと聞いていたらしく、すぐにお願いをしていました。

「遺品整理に良しあしがあるの?」なんて思っていましたが、実際の作業を見ると違いがわかりました。
あれほど丁重に遺品を扱ってくれるとは思いませんでした。
とても言葉では言い表せません。
敢えていうなら故人への敬意を感じられる作業だったと思います。
初めての遺品整理でしたが、気持ち良く終えられました。
御社にはこれからもがんばってほしいですね。

江東区の遺品整理に関する色々な感想・2

交通事故に遭ってそのまま亡くなる。
家族にとってはかなり辛いことです。
まさか母がそんな目に合うとは夢にも思っていませんでした。
飯能市の実家には年に数回も帰っていませんでした。
こんなことになるならもっと顔を出しておけばってとても悔やんでいます。

遺品整理は本当に苦痛でした。
涙しか出ませんでした。
あの父ですら泣きながら作業をしていたんです。
でも何度も何度も私にこう言ってきました。
「お母さんのためにできるのは、これが最後だからな」って。
わかってはいても、やっぱり苦しい。
逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。

御社にお願いできたことはとてもラッキーでした。
自分たちだけで遺品整理するなんて胸が苦しすぎて耐えられませんでしたから。
たまたま私がHPを見つけ、父に申し出たんです。
「悪いところじゃなさそうだな」と言い、依頼を出しておくようにと伝えました。

御社に依頼をしてからは作業は少しだけ楽になりました。
終わりのない作業に思っていましたが、遺品整理日は決まりましたし、そこに向けて頑張るだけでしたから。

作業に関しては文句はありません。
むしろ感謝の気持ちがあります。
丁寧な仕事ぶりはもちろんですが、ひとつずつ運ばれるたびに「心が軽くなる」そんな気持ちになったんです。
理由はわかりませんが、きっと御社の人間味がそうさせたんだと思います。
父も涙しつつ、感謝の言葉をかけていたのが印象的です。

江東区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

遺品整理なんてやらなくたっていい!そういったのは私でした。
本当は心の中ではわかっていました。
亡くなった父のためにできる最後のことだって。
でも理性と感情はまた別のところにあります。
頭でわかっていてもできないことってあるんです。

そんな私を見かねてか、兄は遺品整理業者を当たり始めました。
ネットを使って探していたらしく、ノートPCの画面を見せて「ここに頼もう」って言ってきたんです。
某社という遺品整理業者でした。

飯能市の実家には父の遺品はたくさんありました。
それこそいたるところに。
正直体力的にもやりたくないって思っていました。
でも兄が某社に頼んでしまった以上、やるしかありません。
他人様に迷惑はかけられませんから。

けっきょく当日までにはある程度終わり、某社を待つだけでした。
私は知らなかったんですが、遺品整理業者の作業というのはすごいものなんですね。
もっと粗雑に扱うのかもくらいに思っていました。

かなり丁寧に、傷もつけないようにと運ぶ姿。
故人への敬意とでも言うんでしょうか、とにかく見ていて惚れ惚れするくらいです。
兄は私に「遺品整理して良かっただろ?」と聞いてきました。
一瞬考えましたが「良かったと思う」と一言だけ返しました。
きっと父もそう思っているのだと思います。
某社に出会えて本当に良かったです。

江東区の遺品整理行った上での感想・4

なんでもっと早く業者にお願いしなかったんだろうって今になると思います。
祖父が亡くなって数年、恥ずかしいことに全然遺品整理は進んでいませんでした。
埼玉県飯能市の実家には大量の祖父の遺品が残っていたんです。

帰省するたびに「やらなきゃな」とは思っていました。
父も母もそう思っていたと思います。
でも誰一人「やろう!」とは言いませんでした。
それが数年続いてしまったんです。

ある日父がぽろっとこんなことを言いました。
「遺品整理業者に頼んでみる?」と。
なんでも、十年来の知り合いが某社というところを勧めてきたのだそうです。
突然のことに母も私も返答に困りましたが、やらないよりはやった方がいい。
そう思いOKと伝えたんです。

業者を使うとなると、なぜだか心のつっかえは取れました。
全然手つかずだった遺品整理が進みだしたんです。
処分するもの、必要なもの、みんなテキパキと動いていました。

当日はスタッフさんがテキパキしていました。
それはもうびっくりするくらいに。
かといって雑ではないんです。
むしろ丁寧すぎてこっちが恐縮するくらいでした。
あんなにできなかった遺品整理がついに終わる…私はつい泣いてしまいました。
父も母も…。

某社にお願いしたのがきっかけで、心のつかえが取れました。
みなさんもぜひ某社の遺品整理に触れてみてください。
きっと何かを感じるはずです!

江東区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

先月のことになりますが、埼玉県飯能市の実家に帰省していました。
祖父の遺品整理があったからです。
けっこう大変だったんですが、某社という業者のおかげで思ったより楽ができたと思います。

祖父はもうかなり歳でしたから、亡くなっても不思議はありませんでした。
もちろん葬式では涙もでましたし、悲しい気持ちはあります。
それでも思ったよりスッキリしているのは、安らかな顔をしていたからでしょうね。

遺品整理も物が多かったんで大変は大変でした。
でもやっていくうちに、祖父の想いに触れられましたし悪くはありませんでした。
それこそ涙は止まりませんでしたけどね。
まさか子供のころにあげた貝殻を大事に取っていたなんて知りませんでしたよ。

某社を使おうかと言ったのは私でした。
地元の友達の家でもお願いしたことがあったらしく、評判を聞いていたからです。
やっぱりこういうのは評判第一。
大切な人の遺品整理は安心できるところがいいですからね。

かなり重いものとかもあったんですが、某社の人たちはそれはそれは丁寧にやってくれました。
嫌な顔なんてまったく見せません。
ああいう業者がいる日本は素晴らしいななんて思えます。
これからもがんばってくれるよう祈っています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP