荒川区の様々な遺品整理体験などの感想をまとめました

荒川区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に荒川区の様々な遺品整理体験などの感想をまとめました

荒川区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

知らない事を知るというのは気持ちがいいものです。

人間には色々と欲がありますが、探究欲というのもその一つです。

先日テレビを見ていた時に、遺品整理というお仕事についてやっていました。
普段は何か作業をしつつテレビをみている事が多いのですが、その時ばかりは、何故か手を止めて凝視してしまいました。

というのも先日祖父が亡くなったという事もあったからです。
その時は自分達の手で遺品整理を行ったので業者に依頼するという事は考えなかったです。
というか、そのような業者がいるという事も知らなかったです。

今では様々な理由により、自分達の手で行うのが難しい場合に、遺族に変わって行うのだそうです。

それと今増えている孤独死をしてしまい、遺族と連絡が取れない場合にもこういった業者の方が行うのだそうです。

その特集の中でも触れていましたが、現在は後者の依頼がとても増えているのだそうです。
そしてこれからの日本の人口分布などを考えるとますます増えていく事になるのだとか。

確かに私のご近所でも一人で生活なされている高齢の方とかが多いですから、日本全国で見たらそういったご家庭は多いのかもしれませんね。

そういった状況がある中でこういったお仕事というのはすごく助かる人が多そうですよね。

荒川区の遺品整理に関する色々な感想・2

私の好きな祖母が先日、亡くなりました。

とても元気で私は100歳まで生きる!と勝手に考えていたのですが、突然の訃報を聞いた時は驚き、とても悲しかったです。

ただ、病気や事故などでは無く眠る様に亡くなったので寿命だったのかもしれませんね。

お葬式などを終えて、祖母の遺品整理を手伝う事になったのですが、とても物が多くて大変でした。
ただ、残された遺品を見ると祖母との思い出が蘇ってきて楽しかったです。

思い出にふけっていると中々作業が進みませんが・・。
荷物が多いというのともう一つ問題は、どれも必要な様な気がして捨てるという選択がとてもじゃないですが、出来ません。

普段は別段優柔不断という訳では無いですが、祖母の遺品となると話は別です。
ただ、私の家は大豪邸では無いので、全部は持って行けません。

泣く泣く選択をして持って行きました。
先日、このような話を友人にしたところ、友人は遺品整理の業者に依頼したのだとか。
へーそんなお仕事もあるのかと思いました。

確かに私は比較的時間の融通も利いたので作業出来ましたが、世の中には時間がどうしても無いという人やまだ悲しみが癒えていなくて作業が出来ないという人もいますもんね。
そういった人達に変わって作業を行うという事を考えたらとても大事な仕事なんだなと感じました。

荒川区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

世の中には私達の知らない様な仕事がまだまだあります。

特に人の生死に関わる仕事はあまりメディアなどで取り扱われる事が少ないですよね。
別に禁忌という訳では無いですが、日本人の妙な倫理観によってあまり好まれないのかもしれませんね。

とはいえ、死というのは誰にでも付きまとうものであり、いざという時には嫌でも意識せざるを得ない問題なのです。

先日、祖父が亡くなりました。
90歳という今で言えば平均寿命よりも長く生きたので本人も満足だったのではないでしょうか。
葬式を終え、いざ、遺品整理をするという段階で父親が遺品整理は業者にやってもらうから。
との事。
あまり聞きなれない名称にとまどいながらもどのような事をやるのかは、名前から察しました。

当日、半ば興味半分で作業を拝見させて頂きましたが、これがとてもスピーディーでいてかつ丁寧なこれぞプロだと思わせる仕事に関心致しました。

数年前に納棺士を題材にした映画がヒットしましたが、今後遺品整理の方を題材にした映画などがヒットするかもしれませんね。
もしかして、私が知らないだけでもうすでにあるのかもしれませんが。

荒川区の遺品整理行った上での感想・4

親戚のお兄ちゃんが遺品整理の認定資格なるものを取得していました。

初め聞いた時はなんじゃそりゃ?と思いましたが、話を聞いていくうちにこれはこの先の事を考えるととても需要があるお仕事かもしれないと思いました。

現在の日本は高齢化社会であり、これからどんなビジネスやる?と言われたら恐らくは高齢者の方を対象にしたフィットネスや老人ホームと答えると思います。
それだけ高齢者の方が多いという訳です。

遺品整理という仕事もこれらと似ていると思います。
人の死に関わる仕事ですので、それを金儲けに使うなんて!という批判があるかもしれませんが、結局は皆さんのお役に立っているので私はその批判は的違いだなと感じます。

まだ実際の作業の現場に立ち会った事が無いですが、話を聞くと遺品整理を終えた後には必ずと言っていいほどご家族の方から本当にありがとうという言葉を頂くそうです。
社交辞令では無く、心の籠ったやつです。

そして近年社会問題化しつつある孤独死に対する問題にだって対応していますよね。
こういった事を考えるとこれから先社会になくてはならないお仕事なのかもしれません。

今後ますます親戚の様に認定資格をとって業界で働くという人が増えるかもしれません。

荒川区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

この前、日曜日の国民的アニメを見ていてふと思ったのが、今やこういった家庭も少なくなった-という事。

どういう家庭かというとおじいちゃん・おばあちゃんがいるいわゆる3世帯家族の事ですね。
子供が家に帰ればおじいちゃん・おばあちゃんが居てという私達が子供の頃の当たり前の光景が今では珍しいですよね。

それどころか、高齢の方が一人で住んでいるという状況が増えてきているのだとか、ご本人なりの理由などがあるのでしょうが、きっと寂しいですよね。
そして最近増えている社会問題が、こういった方が人知れず亡くなってしまう孤独死という問題です。

大概、こういった方というのは家族と連絡が取れなかったりするので、大家さんなどが大変困ってしまうそうなのです。
遺品整理の問題もありますし。
こういった時には遺品整理の業者の方をお呼びして作業を行ってもらうそうです。

先日、私の近所でも孤独死をされてしまう方が居ました。
その時にも遺品整理の業者の方をお呼びしていたので、全国的にこういったケースは増えているのかもしれませんね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP