江戸川区の遺品整理などの様々な意見と感想をまとめました

江戸川区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に江戸川区の遺品整理などの様々な意見と感想をまとめました

江戸川区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

私は昔「人はこうあらねばならない」と強く考えているタイプの人でした。
だから自分の倫理観が絶対だと思っていたし、それに反する行動をする人を見ると軽蔑をしていたんです。
それも相手が分かる形で、例えば無視や強い言葉で責めるなど結構意地悪でした。
しかし生きて様々な経験をしていくと、自分の思う通りにいつも動けるわけではないと分かってきました。
今までの私のかたくなさは、幼いゆえにできたふるまいだったのだなぁと思えます。

多くの経験をした人ほど、心優しく頼りがいのある人間になると言います。
本当にその通りですね。
傷ついて学んできたからこそ、周りの人に起こっている出来事に柔軟に対応できるのでしょう。
悩み相談をされる人は、老若に関係なくたくさんの経験を積んでいる人のほうが良いと思います。
プロのカウンセラーでも、配慮に欠けた言葉でクライアントを傷つける場合があるそうです。
それはカウンセラー側が相談内容に今一つ入り込めていないことが、原因の一端になっていると思います。
それはおそらく彼らに類似した体験がなく、リアル感のない想像でしか物事をとらえられないんですよね。
例えば遺品整理の相談を受けても、相談された側にその経験がなければ実のないフワフワしたアドバイスしかできません。
そういうことなのです。

江戸川区の遺品整理に関する色々な感想・2

悩みが全くない人なんているのでしょうか?例えば祖母の遺品整理をしたいが物が多すぎて困っていると言う心配事。
これは人によっては「何だそんなくだらないことか」とか「それはとてつもない悩みを抱えているね」とコメントするのでしょうが、大きい小さいはないと思います。
その人にとっては頭の中を占拠している、やっかいな不要物があることに変わりはないのですから。

大抵の悩み事は、その人の中で解決法が思い浮かんでいるのだそうですね。
私も確かにその通りだと思います。
しかし多くの人がそれを実行するのにためらいを持ちます。
「他にいい方法があるんじゃないか?」と考えてしまうのでしょう。
私にもそんな心当たりがありますよ。
そこで人がするのが相談です。
新たな解決法方があれば聞きたい、なんでもいいから打ち明けたい、自分の考えを肯定してほしい…これらの思いから他人を聞き役として求めるのです。

もしこの話し合いが上手くいかなければ、相談者は前よりも精神状態が悪くなります。
だから相手を選ぶときは慎重にしなければなりません。
プロのカウンセラーに相談したけれどひどく傷ついたという例もあります。
サービス業の場合は誰が相談にのってくれるかわかりませんから、地雷を引く可能性もあるわけです。
身近な人で適任が居るのであれば、そちらに頼んだ方が良い場合も有るかもしれませんね。

江戸川区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

生涯を通じて気楽に生きられたら素晴らしいですよね。
でもそれってなかなか難しいもので、私は常に何かの悩み事を抱えています。
これって根が暗いからいけないのでしょうか?今は今ならではの問題で悩んでいるし、それが解決しているだろう老後には葬儀や遺品整理について頭を悩ませているのでしょうね。

ちなみに今悩んでいるのは、自分の働き方についてです。
私は高校生の時からコンビニ、塾講師、中華料理屋の厨房、児童クラブ、倉庫整理で仕事をしてきました。
それらを経験して分かったのが、職場の人間関係に強く左右されやすいことです。
気の合う人たちに囲まれたときは、すごく快適に働けます。
しかし誰か一人でも好きになれない人がいれば、職場に通うのが苦痛になるのです。
人の好き嫌いが激しいってことなのでしょうね。
我ながら面倒くさい性質です。
本当ならば気の合う人に囲まれて、和気あいあいと仕事をしたいところ。
しかしそんなのは運です。
もし入った時点ではいい雰囲気でも、いつ苦手な人が入社するかは分かりません。
だから最初から人間関係が希薄なところで働くのが、一番良いのかなと思っています。

そうやって平日に人恋しさを極めたところで、休日に友人たちと会うのが私にとって一番幸せかもしれません。

江戸川区の遺品整理行った上での感想・4

近頃私の周りでは結婚ラッシュです。
未婚の友人たちもそういう雰囲気に流されているのか、ザワザワし始めています。
結婚のいいところってどこでしょうね。
私は個人的に面倒くさいから生涯独身を貫きたい派なのですが、ちょっと考えてみました。

やはり安心感が生まれるところでしょうか?私は今日外で結構動いてきました。
だから適度にクタクタで、寒いなか空腹で家に帰りました。
その帰途で想像したのですが、もしも家について暗い部屋の中に母から「今日は夕飯の用意がありません」とのメモが置いてあったらどんなに切なくなることか!たまにあるんですよね、我が家ではそういうサプライズがっかりが…。

まあそんなことはなく、この時期にぴったりのあつあつホワイトシチューが待っていました。
これにどれだけ心癒されたことでしょう。
帰宅時に電気がついているのもポイントが高いですね。
「一人ぼっちじゃないんだよ」と言われているようで、ホッとしました。

私がそれとは真逆の生活を送り続けろと言われたら、結構つらいかもしれません。
もしかしたらなかなかの寂しがり屋なのかな…。
しかしこの安心感を得るためには、親戚づきあい、子育て、ローン、遺品整理、葬儀などの問題に関わり合わねばならないので、生涯付き合える恋人がいるだけで十分かもしれないです。

江戸川区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

自分の理想は、だれにも頼らずに生きていけるタフな女性になることです。
しかし心が弱いからでしょうか?ついつい誰かに甘えてしまったり、目的を見失ってボーっとしてしまったり…。
何かで悩むのは、自信がないからだと思うんです。
だからよく心が揺らいでしまうのでしょう。
最初に掲げた理想だって「私なんかが強くなれる訳がないし、そんなんじゃ老後は一人ぼっち。
葬儀や遺品整理をしてくれる仲間もいないまま、寂しい生を終えるのでしょうね。
」と根底からネガティブな私が揺るがしてきます。
この状態が我ながらとてもいやです。
自分を強く持っていればこんなことにはならないと思うのですが、そうあるためにはどうすればいいのでしょうか?

自信を得るためには、なんでもいいから毎日何かを継続するのが大切だと聞いたことがあります。
それが自分の自信につながるのだそうです。
弱気になった時に「いや、でも私にはこれを続けてきた根性があるじゃないか!」と復活できるのだそうです。
確かにアスリートも受験生も、今までに頑張ってきた時間を自信に変えて勝負に挑みます。
もしそこで練習や勉強をサボったことを思い浮かべたら、途端に弱気になってしまうでしょう。
だから私も今後、何かを継続的に行っていきたいと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP