新宿区の遺品整理の様々な感想をまとめました

新宿区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に新宿区の遺品整理の様々な感想をまとめました

新宿区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

最近になって孤独死が社会問題になっています。
親戚付き合いが減った現代では亡くなった後の整理をしてくれるような家族・親戚がいない人が増えてきたからでしょう。
孤独死した後の部屋は多くが放置された遺体から発生した臭いや虫がついて特別な清掃が必要になります。
そのような部屋を片付けたり、場合によってはリフォームしてくれる業者として遺品整理業者が生まれてきました。
運送業やリサイクル業をしていた会社が遺品整理ビジネスに乗り出したような事もあるようです。

部屋を清掃するための知識や殺虫剤の取り扱いなどが遺品整理屋には求められます。
また運びだした遺品を処分するためにも一般廃棄物処理業の許可などが必要になってきます。
これらの知識を持たずに事業に参入してくる悪徳業者も最近では出てきているようです。
運びだした遺品を遺族の許可を取らずに転売していたり、不法投棄しているというような事例もあります。
また整理を済ませた後に追加料金をとるなどのトラブルもあります。
こうした悪徳業者を減らし、業界を健全化するために遺品整理士資格も登場しました。
遺品整理業に必要な知識や遺品を取り扱うときのモラルなどの講習を受け、テストに合格すると遺品整理士の認定が協会から得られます。

新宿区の遺品整理に関する色々な感想・2

亡くなってから故人の家族がするのが遺品整理ですが、最近では生きているうちから自分の遺品整理について調べ不要品を整理したりする生前整理という概念ができています。
もう着ないであろう服、亡くなった後に見られては恥ずかしいもの、いらない家財道具などを生きているうちから徐々に進めている人は多いようです。
生きている時から死んだ後の事を考えるのは後ろ向きとみる人もいるかもしれません。
ですが死ぬ事はいつか必ず訪れる事です。
死んだ後には必ず誰かが整理をしなければいけません。
死ななくても大きな病気で寝たきりになったり認知症で判断能力を失ってからでは整理はできない事です。
ならば後悔しないようにできるうちから準備をしておくことはむしろ前向きなことなのではないでしょうか。

エンディングノートといって生きているうちに葬式の事や遺品整理の事について希望を残しておくノートも生まれています。
2011年にはエンディングノートを題材にしたドキュメンタリー映画も制作され多くの人が映画館に足を運びました。
このような人生の最後にむけて準備をすることは「終活」とも呼ばれ徐々に一般的な考えになってきています。
また一部の遺品整理業者には終活を支援するようなサービスをしているところもあるようです。

新宿区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

「終活」という言葉があります。
より良い人生の終わり方をするために行う生前の準備のことです。
その内容はお葬式の方式やお墓の種類、遺品整理サービスの手配、相続などの手続きなど様々です。
また死にまつわる事だけではなく、病気になった時延命治療を希望するかしないか、認知症で判断能力を失った時の介護についてなどの希望も含まれます。
2012年には流行語大賞にもノミネートされ、この概念の事を知っている人が増えました。
また終活をサポートする社団法人も存在しています。

昔は葬式やお墓などについてある程度決まっていて、そのやり方に従って済ませれば終わりでした。
ですが価値観の多様化によって様々な形の葬儀やお墓が存在するようになりました。
親しい人だけを呼んだ小さい葬儀やお坊さんを呼ばない無宗教の葬儀、遺骨をお墓に収めず散骨するなどその形態は様々です。
色々な選択肢の中から選べるようになると何を選ぶかが問題になります。
残された遺族の間で希望する方針が食い違いトラブルになることも増えてきました。
そんな時に故人が自分の希望を明確に残しておくと、葬儀や遺品整理についてスムーズに進めることができます。
エンディングノートといって法的拘束力はないが希望を残すためのノートも出てきました。
いつ何があるかわかりません。
自分の終活について機会があれば検討してみてはいかがでしょうか。

新宿区の遺品整理行った上での感想・4

友人の家族が亡くなり、葬儀や遺品整理の事について遺族間でトラブルになったそうです。
本来なら皆で故人を悼むはずの遺族が何かしらの原因で骨肉の争いをする事があるのは知識として知っていましたが、実際に知人から体験談を聞かせられると実感として感じられるものがあります。
他人様の不幸を他山の石とするのは心が痛まないでもないですが、これを機会に色々自分でも調べてみました。

すると最近では故人が生きているうちに死後の支度について希望を書き残す「エンディングノート」というものがあるようです。
いわゆる遺言とは違って法的拘束力はありません。
ですが遺言には守らなければいけない色々な規定があります。
そのため作成には弁護士などの助けが必要です。
ですがエンディングノートはあくまで本人の希望を書いておくためのものです。
立派なお葬式をして欲しい人もいれば家族だけでやって欲しいという人もいるでしょう。
先祖代々のお墓に入りたいという人から個人墓、遺骨を墓に入れず山や海に撒く散骨葬などお墓についての希望も様々です。
遺品整理についても処分して欲しいものや同好の士に渡したいコレクションなど色々な希望があるでしょう。
故人の希望がわかっていれば遺族の間で争いになることも少ないと思われます。
自分もエンディングノートを今の内に付けておこうかと思いました。

新宿区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

家族を亡くすということはとても辛いことです。
悲しみで何も手につかなくなってしまう人もいるでしょう。
ですが、いつまでも悲しみに浸っていることは故人も望んでいないと思います。
亡くなった人を忘れろというわけではありません。
ですが心の整理をつけて元の生活に戻ることは大切なことです。
お葬式というものは儀式を済ませることで日々に区切りをつけ、気持ちを整理する働きがあります。

また遺品整理も同じ意味があります。
亡くなった人の使っていたモノを日常的に見ているとどうしても故人の事を思い出して気持ちが後ろ向きになってしまいます。
家の中を整理することは心を整理することにつながります。
部屋の中を散らかっていると集中力がなくなるのと同じようなことです。

使わない故人のものが家の中を占領していることは経済的にも精神的にもいい事ではありません。
自分一人では片付けることができないという方は遺品整理業者さんに依頼するのもよいでしょう。
故人のものもリサイクルされ、再利用できるものは再利用されたほうがものにとっても良いのではないでしょうか。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP