板橋区の色々な遺品整理関連の意見と感想をまとめました

板橋区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に板橋区の色々な遺品整理関連の意見と感想をまとめました

板橋区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

廃品回収業として遺品整理も行う、A社のホームページに、次のようなキャッチフレーズがかかれています。
「故人の車やバイクも処分します」「男手のない方、お手伝いに伺います」―なるほど、車やバイクは他の人が利用しない場合は、すみやかに処分したいものですし、女所帯となると、やはり力仕事は大変です。

遺品といっても、それは全ての生活品に及ぶわけですから、従来の廃品回収業というジャンルと同じ仕事としてかぶる部分は、かなり多いといえます。

但し、そのかぶらない部分が、遺品整理という特化した点であり、ポイントでもあり、おそらくはビジネスとして重要なところなのだと思います。

そうなると、遺品整理の業界で競争が起こる場合、ふるいにかけられて上に残るのは、料金の安さもさることながら、あとは、故人や遺族に対するメンタル的なサービス以外の何ものでもないはずです。

スピーディに手際よく「ゴミ」を捨てて片付けるとか、安さだけは負けないといって雑な仕事をされたのでは、亡くなった方の遺族としてはやるせないものです。
それなら、業者に頼まず自分でやるということになりますよね。

故人や遺族を敬う心、それを持ってなされるべき仕事、それが遺品整理という新しい業種なのかも知れません。

板橋区の遺品整理に関する色々な感想・2

B社のホームページには、「孤独死を少しでも減少し、高齢者の方に健全な生活をしてもらえるようにするには、現実で起こっている問題を知ってもらうことが重要だと考え、…」と、そういった啓蒙活動を行っている旨がかかれています。

他社のホームページでも、(遺品整理というものは)「本当はない方が良いのです」との、代表者のことばがみられました。

孤独死などあってはならない、遺品整理も家族の手でできれば、と思うのが本来は当たり前でしょうし、それが、ある意味では、昔のこの国の姿でした。
でも、現実には今、家族という絆さえ形を変えてしまい、日々、自分に限らずとも「殺伐とした世の中」と感じる人は多いのではないかと思います。
逆にいえば、そう感じない人はとても幸せなのかも知れません。

ですから、遺品整理を扱う企業が、そのニーズを強調した宣伝だけに走るのではなく、こうしたモラルを表明しておくことも、根本的に好感が持てると思いました。

こんな、大変な社会の状況になったけれども、やむにやまれず人の手を借りたい人に応えるのだという、遺品整理業者の存在理由とでもいいましょうか。

遺品整理業ができたことによって救われる人は多い、これはまぎれもない事実のようです。

板橋区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

C社のホームページをみると、特に「遺品の形見分けや供養」のサービスをうたい文句としています。
さらに、「部屋の消臭・消毒の作業」の紹介にことさら力を入れていて、中でも「オゾン消毒」の有効性を強調し、そのメカニズムから細かく記されています。
オゾンを利用する方法が、脱臭や除菌にいかに効果があるかを説明しており、なかなか興味深いと思いました。

遺品整理という業種が広く活気を帯びているということが、こうした特色ある企業のカラーからも見て取れるようです。

この企業にはオリジナリティがあるように感じましたし、その反面、うたっていることは案外と「深い」ように思います。

「遺品の形見分けや供養」というのは、何よりも故人を敬う気持がなくては出来ないことだからです。
また、「部屋の消臭・消毒の作業」ということで他社とは一線を画すレベルを目指しているのも、プロとしてプライドの要ることではないでしょうか。
悲しいことに死後数日経ってしまい、故人のお身体が劣化を免れなかった場合、その状態は部屋に大きな影響を及ぼすといわれます。

部屋の消臭・消毒がきちんと行われなければ、たとえ借家でなかったとしても、どんなに生前すばらしかった故人でも、後々、いい思い出が半減するかも知れません。

遺品整理をして、綺麗に片付けがなされたとき、初めて故人を供養した感覚も生まれるようにも思います。

板橋区の遺品整理行った上での感想・4

とても大切な人を、突然亡くした場合など、遺品整理など到底できない、といった場合もあると思います。

米国のドラマには犯罪ものが数多くありますが、先日、私がみた回の犯人像は、追突事故で愛する人を失った恨みから、追突した車と似た車のドライバーに、次々と復讐していく、というものでした。
その犯人宅を捜索した係官は、亡き妻の遺品が10年もそのままの状態で段ボールに入っているのを発見し、「いつまでも前に進めない…」と犯人を分析しました。

よく、わが子を亡くした親御さんなどが、部屋をずっとそのままにしてあるという話をきいたことがあります。
あまりに衝撃的で受け入れることができないような気持、想像しかできませんが、わかるような気がします。

おそらく、前に進もうという気持にならなければ、遺品整理ということはできないのかも知れません。

そういう意味では、孤独死でも何でも、天寿を全うした場合の方が、家族は早い段階で、きれいに遺品整理をしようと思いやすいようには感じます。
もちろん、必要にせまられて泣く泣く、という方もあるでしょう。

いずれにしても、「死」を受け入れる心の整理がつかないと、遺品整理はできないようです。

板橋区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

遺品というほどのものではありませんが、私は亡き祖父母の面影をしのぶ、いくつかのものを持っています。

ほんの少しの写真や、小さなものですが、それを目にすると、幼いころ可愛がってもらった思いはいつまでも色あせないようです。

ところで、有名人の遺品整理というのはどうなのかと思いましたが、有名であればあるほど、後年オークションで何億円で落札された、というニュースが取りざたされています。
莫大な資産となりますし、大金を払って手に入れたいという人の欲望も満たすのですから、結構な話です。
しかし、庶民からしても、その遺品整理そのものが大変な作業だろうと推測できます。

イギリスの元皇太子妃に至っては、その優しい人柄から、生前名付けてあげた子どもたちで遺産の25パーセントを分けるようにという「口約束」をしたことで、あとでトラブルが発生したというのですから、なんだか心が痛みます。

人気者だった元妃の、善意の言動だったのにと残念に思いました。

今、故アメリカ大統領の愛娘である方が、駐日大使に就任され話題となっています。

それはもう、なんといっても50年前に暗殺された大統領の娘さんですし、「本物のセレブ」ですから、経歴からお子さまたちのことまで注目されています。

そんな中、テレビ番組で彼女のファッションが報道されていましたが、最も印象的だったのが、ごく普通にみえるパールのネックレスで、それが亡き母上の遺品だということでした。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP