練馬区の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

練馬区の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に練馬区の様々な遺品整理関連に関する意見と感想をまとめました

練馬区の遺品整理に伴う片付けの感想・1

あまりこういう経験はないなということが先日ありました。
実はこの前祖父が亡くなりまして、その遺品整理を実家のほうでしてきたんです。
こういうのって経験した人はしただろうし、僕みたいな若者はこれからもっとしていくんでしょうね。

埼玉県の桶川市に実家があります。
僕は会社勤めになったばかりで、昨年家を出ました。
それ以来、実は祖父とは顔を合わせてなかったんです。
わりと突然の死だったんで死に際にも会えませんでした。
悔いがないと言えば嘘になりますが、仕方のないことと割り切っています。

それでも遺品整理ってけっこうきますね。
触れるたびに涙がポロポロでます。
経験した人はわかると思いますが、思い出って物に詰まってるんですよね。
「これ使ってたなぁ」とか「僕があげたお土産だ」なんて思い出しちゃうんですよね。

業者は某社というところを選択しました。
たまたまネットで見つけたんですが、まぁこういうのは縁ですからパッと決めてしまいました。

適当に決めたんですが、これがまたすごく良いところでびっくりでした。
仕事だからパッパとやるんだろうなと思っていたら、意外にもすごく丁重な扱いをするんです。
まさかと思っていたので脱帽ものでした。

祖父の想いでの詰まった品々。
やっぱり大切に扱ってくれると嬉しいものです。
遺品整理で嬉しいっておかしいけど、そういう気持ちになれました。
某社さんには感謝ですね。

練馬区の遺品整理に関する色々な感想・2

先日うちの母が亡くなりました。
病気を患っていたのは知っていましたが、まさかそんなに重い病気だったなんて…という気持ちでいっぱいです。

実は父は母の病気について知っていました。
でも私には「伝えないで」という母の希望があり、黙っていたのだそうです。
奥ゆかしい性格の母ですからわからなくはないです。
でもやっぱり伝えてほしかった…そう思うのは当然ですよね?

遺品整理は本当に気の重いものでした。
遺品に触れるたびに「もっと桶川市に帰ってくれば良かった」と思ってしまいます。
正直言って遺品整理を投げ出したい気持ちでいっぱいでした。

父はそんな私をよそに遺品整理業者を頼みました。
某社というところです。
なんでも友人の知り合いが利用したことがあって、評判の良いところだとか。
でも私としては「どんなに評判良くても他人に任せるなんて」という気持ちがありました。

某社がやってきて作業を始めました。
最初は「みたくない」と思っていました。
でも父が「最後のお別れだぞ」と言うんです。

仕方なくじっくり見ていると、某社さんの動きに目が止まりました。
すごく丁寧な仕事ぶりでした。
言葉では伝えにくいですが「母への敬意」がしっかりとあるんです。
私でさえ恐縮するくらいの丁重さに思わず涙があふれてきました。

大切な母の後悔ある死。
でも某社さんの遺品整理によって少し救われた気がします。

練馬区の遺品整理関連で見た様々な感想・3

「遺品整理をするならしっかりと業者を使うべきだ!」と強く推したのは父でした。
私は知識も特になかったので「どっちでもいいんじゃない?」というスタンス。
でも母はあまり乗り気じゃありませんでした。

祖母が亡くなってから、私は埼玉県桶川市の実家で遺品整理を手伝っていました。
物持ちがいい人だったので遺品は大変多く、作業は難航していました。
家族みんなが肉体的にも、精神的にも疲弊していたのも事実です。

そんな折に父が遺品整理業者を使おう宣言をしたんです。
確かにこのままダラダラやるよりは…というのは私の本音です。
でも母の言う「他人に任せるなんて」という気持ちもわかります。

けっきょく某社というところにお願いしました。
私が連絡したんですが、対応はとても良かった記憶があります。
礼儀もそうですが、スピーディーな感じです。

作業自体はスピーディーというよりもスムーズ。
ひとつひとつの遺品を丁重にそれでいてテキパキと運んでくれていました。
母は最初はふてくされた感じでしたが、段々と心を開き「ありがとう」なんて言葉を某社のスタッフさんにかけていました。

業者にもたぶんいろいろなところがあると思います。
でも某社さんの仕事ぶりは母の心を開いてくれました。
部屋も片付きましたし、丸く収まって良かったなと思います。
感謝したいと思います。

練馬区の遺品整理行った上での感想・4

父が亡くなったのは急なことでした。
ある病気で入院していたものの命の別状はないと聞いていたんですが…。
体調が弱っていたのもあったのでしょう。
肺炎をこじらせてしまい亡くなってしまいました。

埼玉県の桶川市には父の遺品がたくさんありました。
趣味人だったので本当にかなりの量がありました。
急な死でしたので、整理もされていません。
遺品整理はかなり大変な作業となりました。

「亡くなった父への最後のたむけ」という思いで家族総出で取り組み半月くらいである程度のめどが立ったと思います。
それでもここから先は素人では…という壁にぶつかったのも事実です。

そこで弟が見つけてきたのが某社という遺品整理業者。
ネットで調べたのだそうです。
どうやら評判は良さそうで、お願いするならここがいいよと弟の太鼓判が押されました。

実際やってもらった感想としては「すごく良かった」というところです。
かなり重いものとかもあったんですが、嫌な顔なんて見せません。
仕事だから当然ではありますが、あれだけ丁寧に扱っていただければ故人も浮かばれるというものです。

遺族としては、というより私としてはちょっと切ない気持ちもでてきました。
突然の死で悲しむ間も無かったんですが、運ばれる遺品を見ていて涙があふれてきてしまったんです。

父を想う気持ちを、泣きたくなる感情を出させてくれた某社さん。
心で仕事をしている貴重な業者さんだと思います。

練馬区の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

もう先々月のことになりますか。
実は埼玉の桶川市の実家で遺品整理をしてきました。
祖父が亡くなったためです。
あまり行うことのないことで、貴重な経験でした。
某社さんという業者に出会えたことも良い人生経験だと思います。

祖父は入院期間も長かったので、そろそろかな…という思いは常にありました。
実際に亡くなってみるとやっぱり悲しいもので、父も母も、私も大泣きしてしまいました。
やはり大きい存在だったんだなと思います。

遺品整理中もやっぱり涙は止まりませんでしたね。
人の想いというものは物にも宿るものですから。
ひとつひとつの遺品にいろいろな気持ちが溢れるんですよね。

業者を使うことにしたのは父でした。
知人がいぜん利用したという某社というところです。
「こういうことはプロに頼んだ方がおさまりがいいものだ」ということで、みんな納得しました。

某社さんの仕事ぶりはとても素晴らしいものだったと今でも思います。
お金が発生することですから、真面目なのは当然です。
それ以上になんというか、心が通っている仕事ぶりだったんです。
遺族への礼儀や気遣い、故人への確かな敬意。
ただ仕事をしていたんじゃ出せません。
人間味があるんでしょう。

私も社会人となって1年目。
某社さんのような心ある仕事ができればなと思います。
そんなことに気づかせてくれた某社にはお礼をいいたいですね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP