立川市の遺品整理などの様々な意見と感想をまとめました

立川市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に立川市の遺品整理などの様々な意見と感想をまとめました

立川市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

世の中にはまだまだ知らない仕事というのが数多くあります。
先日私が知った遺品整理という仕事のその中の一つです。

仕事内容を考えてみれば昔からあってもおかしくない様な仕事なのに、なんであまり知られる事が無いのかなーと少し考えてみました。

まず、一つ目の理由が、人の生死に関わる仕事だからというのがあると思います。
日本人の倫理観とでもいいますか、価値観ともいいますか、人の生死に関する事と言うのはメディアであまり取り上げられないと思います。
メディアで取り上げられないという事はほとんどの人が知らないという事になります。
ですから、知らない人が多いのかもしれませんね。

次の理由としては昔は今ほど需要が無かったのでは?という事です、基本的には遺品整理というのは残された遺族の方が行いますから、プロの方をわざわざ入れる必要は無い訳です、ところが現代というのは孤独死の問題だったり、核家族などの問題により、残された遺族だけでは遺品整理をするのが難しくなってきています。

ですので、知られる事が無かった仕事が、需要の増加と共にメディアなどにも取り上げられるようになってきたと言う訳です。
実際、私もニュースの特集で知りました。

大変なお仕事のようですが、必要としている人は全国に居るので、頑張ってもらいたいですね。

立川市の遺品整理に関する色々な感想・2

私の近所で、最近あった話ですが、一人で住まわれているおじいさんが亡くなりました。

あまり近所づきあいが無かった方のようで、お亡くなりになられてから1週間の間、誰にも気づかれる事無かったそうです。

可哀想だな。
と思っていたのですが、どうやら今そういったケースが全国で増えているみたいですね。
私自身あまりそういった話を聞いた事が無かったので珍しいのかなと思っていたのですが、孤独死が全国的に増加しており、今回の様に発見されるまでしばらく経つケースも珍しくないという事を聞き、おかしな世の中になったものだと思いました。

残された遺品などはどうなるのかなと思っていたら、どうやら遺品整理のプロの方が作業をされたようです。
そのようなお仕事も知らなかったですから、ビックリいたしました。

そのお仕事も神経を使うお仕事の様です。
これからもそういったケースが増えていくと思います。
大変だとは思いますが、これからも頑張ってお仕事して行ってくださいね!

立川市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

誰にでも大切な物ってあると思います。
小さい頃の思い出がつまった人形ですとか、親に買ってもらった物ですとか、人それぞれですよね。
中には他の人からしたらガラクタに見えるような物でも本人にとってはとても大切な物だったりします。

先日、従兄弟が亡くなりました。
小さい頃から可愛がってもらい、本当に好きな方だったです。
葬式を終え、まだ遺品整理がなされていない部屋に入るとその方の遺品がたくさんある訳ですが、その中で古ぼけた箱を見つけ、中を覗いてみると、手書きの双六が入っていました。
それを見た瞬間、涙があふれ出てきました。
その双六というのはその方と私が、小さい頃に作ったもので、二人で一生懸命作って遊んでいたものです。

とっくに捨ててあると思っていたのにこんなに大事にとっておいてくれるなんて・・。

私はその双六を、叔母さんの許可を得てもらいました。
もし、私が気づかなければ遺品整理の業者の方に持って行かれていたのかなと思うと、見つけて本当に良かったです。

後日、その方の部屋に行くと、プロの方の遺品整理により、すっかり綺麗になっていました。

立川市の遺品整理行った上での感想・4

遺品整理という仕事について考えてみました。

先日、何気なくテレビを見ていた所、遺品整理という仕事について特集がなされていました。
名前は聞いた事があるけれども、その実態に関しては知らなかったので拝見いたしました。

昔からあるようですが、現在その需要は増えているのだとか、その理由としては、孤独死という問題が増えているという事、昔よりも家族が少人数化している為、遺品整理が難しい場合が増えているという事、これらの理由により、今依頼が多いそうです。

特集を見終えて思った感想は、これだけ社会に必要とされている仕事なのに今までなんで、知らなかったのだろうという事です。

私も遺品整理を行った事がありますが、大切な人を亡くした直後にその亡くなった方が持っていた品々を見るというのは時として苦痛を生じてしまう事があります。
そういった場合にも遺族の変わりにプロの方が作業を行う事があります。
知らない人からすれば、遺族が楽をしたいだけと思ってしまうかもしれませんが、私からすれば、遺族の悲しみを和らげるという事をしているのと同じです。

間接的なカウンセリングと同じだと思います。
これだけ社会に必要とされるお仕事ですから、今後ますます、需要は増えていくと思いますよ。
問題はその需要に対応するだけの受け皿があるかという事ですが、今やこの業界に携わる人も増えてきているようですから、将来的にはポピュラーなお仕事となるかもしれませんね。

立川市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

遺品整理の仕事について。

先日、ふとDVDをレンタルしようとレンタル屋さんに行った時に、遺品整理の仕事を題材にしたDVDが置かれており、普段ならスルーしそうなのですが、何故かその時はパッケージを手に取り裏面を読んでしまいました。
さすがに借りる事は無かったのですが、家に帰ってからインターネットで色々と調べてみました。

どうやら昔からあるようですが、最近は色々と注目されているようです。
実際に夕方のニュースで特集が組まれたり、雑誌などに特集されたり、DVDが出されている事が物語っていますよね。
注目されるようになった理由としては孤独死などが社会問題化してきているそうですが、その問題に対して対応しているからという事があります。
どういう事かと言うと、孤独死をしてしまった方というのは往々にして遺品整理をする方というのが居ないようです。
そういった場合に代わりに作業を行うのだそうです。

大家さんからは感謝されるのは当たり前ですが、きっと亡くなった方もどこかの清掃業者に雑に行われるよりはこういったプロの方に行って貰う方がいいのかなと私は思います。

これから先の事を考えるとどんどん需要が増えてくるようですが、決して作業が雑になる事無く、いつも利用者を一番に考えた仕事をしてくれたらなと思います。
個人的には応援しています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP