府中市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

府中市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に府中市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

府中市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

もし過去をやり直せるとしたら、どの地点まで巻き戻すか…。
そんな夢みたいな想像をした経験がない人はいないんじゃないでしょうか?「もし○○だったら~」の世界の話ですね。
意味がないとは分かっていても、私はついやってしまいます。

しかし現在の記憶を失ってまで戻りたいと考える人は、少ないでしょうね。
だって高確率で同じ過ちを繰り返してしまうでしょうから。
そう考えると、この運命は必然だったように思います。
むしろそこで学ばなければ、ほかで似たような経験をしていたのでしょう。
ポジティブに考えると、あそこで試練を受けていなければもっとひどい目に合っていたかもしれませんからラッキーです。

失敗はそうやって受け入れて、その後にどうするのが最善かを判断するのがとても大事だと思います。
そしてその苦痛の経験は、その人の宝になります。
だって痛い目を見たら、もう2度と過ちは繰り返さないと思えるでしょう?反対に言えばまだその経験をしていない人は、今後もしかするとその手の失敗をする可能性があるのです。

だから例えば幼いころに、祖父の遺品整理で初めて遺言状が見つかって親族の骨肉の争いを見た経験がある人が居るとします。
嫌な思い出でしょう。
これがあるからこそ、その人は遺言状に関して慎重になれて今後のリスク回避が可能なのです。

府中市の遺品整理に関する色々な感想・2

後悔のない人生を送りたいと考える人は多いでしょう。
私もその一人で、やりたいことをどんどん進めていけたらいいなぁと思います。
しかし感情や勢いだけでは、全ては上手くいかないものですよね。
しっかり頭を働かせることが必要です。

今年は感情に任せて、様々な思い切った行動をしてきました。
これのいいと思える部分は、気持ちにストレスが溜まらないところです。
心の疲れから様々な病気は生まれますから、健康にはとてもいいでしょう。
こういう行動をするようになってからは、お腹の調子が良くなってきました。
腸は第2の脳と言われていますから、感情の機微を察知するんですよね。

また悪いと思える部分は計画性に欠けているので、勢いで起こした行動がとん挫の可能性があるところでしょう。
例えば子どもが好きだからという甘い考えで、保育士になろうとしていた女性がいます。
いざ保育園に勤め始めたのは良いものの、抱っこの連続で腰を痛め、女社会の厳しい雰囲気に幻滅して早々にやめてしまいました。
これはこれで彼女にとって学びになっているのですが、きちんと調べておけば回避も可能だったかもしれませんよね。

後悔だらけの人生で、悔やみながら臨終。
親族に遺品整理をされながら「あの人は後悔だらけだったね」と言われたくないですよね。
そのためには感情と理性の兼ね合いが大切なのです。

府中市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

人の周りには波動が流れていて、その人の感覚に合ったものが引き寄せられると言います。
そう考えると今自分の周りにあるのは、人でも経験でも相応のものが集まっているということになるでしょうね。
つまり現状に満足していない人は、自分がそれに合ったエネルギーを発しているのです。

例えば病気にかかったとき。
これは心や体が悲鳴を上げているときにかかります。
厄介だと思うかもしれませんが、自分から「休め」と言われているのです。
弱った自分が病気を引き寄せている…そういうことになります。

また愚痴ばかり言ってくる人が周りに多くて、辛いと感じている人もいるでしょう。
しかしそれはあなたが「本当は嫌なのに聞いてあげる姿勢」をとっているからです。
愚痴をはく人も相手がそっけなかったり、ガンガン反論してきたりするのであれば次第に話しかけなくなってくると思うのです。
八方美人な態度がそういう人を引き寄せています。

また使わないものを、いつまでも溜め込んでしまう人もいます。
お年寄りに多い気がするのですが、彼らはペットボトルのふたやミカンの皮だとかを集めています。
そういうものが遺品整理をする際にごっそり出てきたら、親族はとても大変ですよね。
これは自分にとって現在何が大切か、しっかりわかっていない人が陥ります。
己を分かっている人の生活はシンプルなものです。

府中市の遺品整理行った上での感想・4

人は同じことを何度も繰り返してしまう傾向にあると言います。
本気で反省しないと浮気する人は何度でもするし、遅刻する人も同じです。
他人を傷つけると分かっているのに、こういう人たちはどうして同じ過ちを繰り返してしまうのでしょう?

私はそれを恐らく、罪悪感を持っただけできちんと反省していないからだと思います。
何となく「申し訳ないなぁ」と思いつつも、心の底から改善しようとは思っていないのでしょう。
だから同じような状態になりそうでも「まぁ良いか」や「どうにかなるだろう」と考えてしまうのです。

それではどうすればこの心の病気を治せるのでしょうか?私は他人が関わっていくのがカギだと思っています。
ガミガミ怒るのは効果的なように思えますが、それだけでは相手の心に「何だよ」という反抗心を芽生えさせてしまいます。
これでは心の底からの反省は生まれません。
大切なのは「そういう行為をされて私がどう思ったか」を発信することです。
「浮気をされて悲しかった」「私に何も言わずに勝手に祖母の遺品整理をされて、ないがしろにされていると思った」など、刺々しくせずに淡々と自分の気持ちを相手に伝えるのです。
そうすると人は構えずに、その意見に耳を傾けられます。
そこから反省が生まれるのです。

府中市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

私は悩んでいると、とにかく行動したくなります。
じっと待つのが耐えられない性分で、すぐにどうにかしたい思うせっかちなのです。
その性急さゆえに失敗してきたことが数多くあり、何でものをもっと冷静に考えられないのだろうとしょんぼりします。

だから今は我慢の修行中です。
考え続けても仕方のないことは思考の隅に追いやって、現在やるべき業務をするべきですよね。
そうだとは分かっているのに、なかなかこの煩悩は頭から出ていかず、我ながら苦労しています。

他の人はそういうむずむず感にどうやって対処しているのでしょうか?やっぱりひたすら我慢をして、そういう葛藤を抱えながら生きている?もしそうだとしたら人生って苦しいことの連続ですね。
みんながもっと明るく開放的に生きていけたら良いのにと、強く思います。

看護師の友人から聞いたのですが、臨終の際に患者が言い残す言葉に「もっとわがままに生きればよかった…」というのが多くあるそうです。
それを知ってしまうと我慢が良いのか悪いのか、よく分からなくなってしまいますよね。
就職、近所づきあい、結婚、育児、親戚づきあい、葬儀、遺品整理など、人生には多くの縛りがあります。
こういうものを気にせずに心のままに冷静に行動できたら、悔いのない人生を送れそうですね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP