昭島市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

昭島市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に昭島市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

昭島市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

気が進まなくてもやらなければいけないことというのはあります。
遺品整理はその一つです。
故人の愛用していた遺品を処分するのはどうしても罪悪感なしには行えませんし、残すものと捨てるものを分別していると故人との思い出が蘇ってきて作業の手が止まってしまうこともあるでしょう。

ですが、故人の死から立ち直るためにも遺品整理は大切な作業です。
いつまでも使わない故人の持ち物が家にあるのは精神的にも悪影響があります。
家の中を整理することは心の中を整理することにもつながります。
故人のものもただ死蔵されているより使えるものは新しい持ち主の手に渡ったほうがよいですし、遺品が占拠している空間を有効活用するためにも遺品整理は行ったほうがよいでしょう。
亡くなった人もきっといつまでも遺族が後ろ向きな気持ちのままでいることは望んでいません。
気持ちを整理して、元通りの生活に戻る儀式がお葬式ですが、遺品整理も同じような役目を持っています。

親しい人が亡くなって落ち込んだままの人は遺品整理について真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

昭島市の遺品整理に関する色々な感想・2

自分の死についてはどうしても目をそらしがちです。
ましてや自分の死後についてはそんな事を考えても仕方ないと思ってしまうのではないでしょうか。
ですがそれは間違いです。
人間は社会の中で大勢の他人と一緒にしか生きていけない動物です。
それは死にも言えることで個人の死は死んだ当人だけの問題ではありません。
家族がいる方は死んだ後、お葬式や相続などの問題、遺品整理など必ず遺族がやらなければいけないことがあります。
身寄りがなく、孤独死する方でも住んでいた場所は誰かが清掃しなければいけませんし、警察や遺品整理業の厄介になるわけです。
誰にも頼らず死ねる人は現代社会にいないと言ってもいいでしょう。

現代、死んだ後のいろいろな手続や起こると予想される問題について真剣に考えている人はエンディングノートというものを書いています。
葬式のやり方や望む遺品整理の仕方について書き留めるノートがエンディングノートです。
従来からある遺言と違うのは法的拘束力のないかわりに自由な形式で書いて良いということです。
こうして故人の希望がわかるだけで死後の色々な揉め事を回避できます。
エンディングノートを作る手伝いをするサービスがある遺品整理屋もあるようです。
死は誰の身にも訪れます。
自分の死と向き合うためにもエンディングノートをつけてみてはいかがでしょうか。
その中で自分の価値観がわかることもあると思います。

昭島市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

遺品整理をテーマにした物語は色々あります。
相続問題で残された遺族が骨肉の争いを繰り広げるというのは古典的テーマでしょう。
また残された遺品がとんでもないものでどうやって処分すればいいのか騒動になるというパターンもあります。
遺品から故人の思わぬ側面がわかるというものもありますね。
宮部みゆきさんの『勝ち逃げ』という短編はこのパターンです。
親戚の中で堅物だとされていた伯母が実は……というお話です。

そんな遺品整理モノの中でもちょっと変わった小説が『ドラゴンがいっぱい!アゴールニン家の遺産相続奮闘記』です。
タイトル通り登場人物がすべてドラゴンという変わった小説ですが、その中で書かれるドラゴンの文化がまた珍しいものです。
人間に向けての小説ですから当然内容は人間の問題を置き換えたものですが、ドラゴンの遺骸は遺族でわけあって食べ、子竜は親の力を受け継ぐなどといういかにもそれらしい説明が付いています。
ある竜が取り決め以上に遺骸を食べてしまったことから親族間のトラブルが起きるのですがこれなどは人間社会の遺産相続や遺品整理トラブルの巧みなアナロジーになっています。
ファンタジーに出てくるドラゴンが人(竜)間関係をこじらせて裁判を起こしたりするような奇想天外な小説で一読をオススメします。

昭島市の遺品整理行った上での感想・4

自分が死んだ後、愛用しているものやコレクションがどうなってしまうのかという事を最近考えるようになりました。
親族の葬式に立ち会い、遺品整理を手伝ったことがきっかけです。
亡くなった叔父はカメラのコレクターであり、色々なレンズやカメラが遺品としてありました。
これが古いものだったり高額なものだったらそれなりの扱いを受けるのでしょうが残念ながら中途半端に古いもので下取りに出しても大した値段はつかないだろうという事で乱雑な扱いをされていたのです。

自分の雑誌や写真集のコレクションも市場価値ははっきりいってほとんどないでしょう。
個人的な興味や好きだという気持ちで集めているものなのでそのことには不満ありませんが、自分の死後乱暴に扱われるのだと思うとどうしてもやりきれない思いがあります。
最近は生前整理といって生きている間に身の回りのものを処分したりして死後の手間を掛けないようにする考えが出てきています。
私も今のうちにコレクションを整理しておくべきなのでしょう。
理性ではわかっていますが、どうしても処分に踏みきれません。
生きている間から死んだらあなたにと渡す相手を見つけられればいいのでしょうが中々難しいですね。

昭島市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

生前整理という行為があります。
遺品整理は死んだ後に故人の残した品々を処分することですが、それを生きているうちから自分の手で進めておくのが生前整理です。
遺品整理を専門とする業者さんには生前整理の手伝いをするサービスをする所も増えてきました。
中には生きているうちから遺品整理の見積もりを出して予約までする会社もあるようです。
身寄りがなく孤独死に備えてという方もいれば、死んだ後遺族の手をかけないようにという方もいます。

死ぬことを生きている間から考えるのは縁起が悪いと顔をしかめる人もいるでしょう。
ですが、人間いつか必ず死ぬものです。
いずれやってくる死について備えておくことはむしろ前向きな考え方です。
目をそらして考えないようにしていても、死んだ後は必ず葬儀や遺品整理の問題を遺族や身の回りの方が片付けなくてはいけないのですから、自分で行きているうちに準備をしておくことは大切なことです。
老前整理といって、体力や気力が低下する前に身の回りを片付けておく行為もあります。
どうせ誰かがやらなければいけないことなのですから自分の手で元気なうちに整理をしてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP