国立市の遺品整理の様々な感想をまとめました

国立市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に国立市の遺品整理の様々な感想をまとめました

国立市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

人にとって最もつらく、悲しいことのひとつは、「わが子を失う」「子どもに先立たれる」ことなのではないかと、よく考えます。

比べるようなことでなありませんが、それを思うと、子どもをもつ親として、たとえば子育てしていて多少の悩みがあっても、どうにか乗り越えられるのではないかと感じています。
子育ては、いってみれば、私にとって思い通りにならないことの連続でして、子どもの年齢にもよるでしょうが、日々壁にぶつかるような思いを抱えます。

それでも、結局のところ、まあ、いてくれるだけでもありがたいと、気をとりなおしてやっています。

それは、逆にいえば、子どもを失うようなことには耐えられないということです。
しかし、そうなっても、実際は耐えなければならない状況になる方も多くいるものです。

健康に成人しても病気にかかってしまったり、事件・事故にあう場合もあり、現代はいじめを苦に、子どもが自殺するというニュースはもう珍しくなくなっています。

子どもを失った親が、その遺品整理をすることは相当に困難なことだと思います。

多くの方が、子どもの部屋を何年もそのままにしているといいます。
でも、何かの事情で、子どもの遺品整理が必要になったときは、自分たちではあまりに辛くてできないから、業者に頼むケースも意外とあるのでしょうか。

最も悲しい遺品整理、けれども、最も必要とされる遺品整理なのかも知れません。

国立市の遺品整理に関する色々な感想・2

私が高校生のころ、祖母が亡くなりました。

祖父より何年も先に、入院先の病院でのことでした。

うちは家業を営み、その頃はもう父母が引き継いでいて、毎日、店があるので忙しく、隣の街で入院していた祖母に、ついてあげることができませんでした。

祖母と親しかった、祖母の妹だった叔母さんや、誰かれが時々お見舞いにいっていました。

あるとき、私が見舞いにいくと、肺をわずらい日に日に苦しそうになっていた祖母が、「家に帰って畳の上で寝たい」と、私にいいました。
叔母さんがついていてくれましたが、私には緊急事態だと思え、急いで帰って両親に伝えました。

でも、家業で忙しく、酸素マスクをつけた状態で退院させることはできないという理由で、祖母の希望は叶えられませんでした。

私にとっても忘れられない辛い思い出で、親たちのやり方に反発を感じました。

そんな体験を思うと、病院や施設で最期を迎えるのは、耐えがたいと感じる人も多いのではないかと考えます。
もちろん、人それぞれの感じ方ですが、たとえ独居死でも、必ずしも孤独だとはいえない場合もあると思います。

今、好んでひとり暮らしをしている人であれば、自分の最期を考えるにあたり、施設に入るよりも、独居死を選ぶ人の方が多いかも知れないと、私は思います。

そのために、準備や工夫をする時代はもう来ています。
そして、その準備の中に遺品整理があり、自分で事前に予約をして遺品整理をするという方もあるのでしょう。

国立市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

自分の遺品整理というものを、事前に考えて準備することは、人としてなかなか格好いいことではないでしょうか。

なにより謙虚さがなければ出来ないように思いますし、潔く、美学があると思います。

哀れだと思う人もいるかも知れませんが、私はそうは思いません。

甘えるべき家族がいて、手を煩わせても、それが本意であれば幸せなことなのかも知れません。
ですが、そうはさせたくないという考え方が増えてきたから、遺品整理や生前整理というサービスが必要とされているのだと思います。

また、介護の場において、人の手を煩わせないで済むような商品がヒットすることも、同じ理由で、うなずける面があるのだと思います。

「痴呆」の症状として、色々と目を背けたくなるようなものがあると聞きます。

幸い、自分の身内でそういった症状の人はなかったのですが、高齢者がひどいヒステリー状態にあるケースは、時々社会のなかで見ることがあります。

高齢者に限らず、他人にヒステリーをぶつける方はいますので、よくある話なのかも知れませんが、たとえ「痴呆」であっても、人を傷つけたりしない方が理想です。

そういう意味で、私は、できれば自分の遺品整理について、きちんと考えて、何かしらの準備ができるようになりたいと思っています。
身近な人にあたりちらす位なら、孤独に耐えるほうがましだと思うからです。

国立市の遺品整理行った上での感想・4

「アントキノイノチ」という映画をみました。

もともと、邦画はあまりみないので、映画としての面白さはそれほどわかりませんでしたが、遺品整理という仕事を認知させるには、いい映画だと思いました。

青春ドラマというか、思春期のいざこざを回想で追う部分と、それで傷ついた若者が、遺品整理に携わる姿の、両方が描かれています。

遺品整理の会社の宣伝という色が濃いようにも思いますが、その仕事をソフトに淡々と描きながら、いくつかの人間模様を写しだしています。

主人公が、はじめて、孤独死した人の遺品整理にいったとき、先輩が、「家族に囲まれてたって孤独な人はいる」といったのが印象的でした。

そうして、人の生きざま、死にざまにかかわっていくうちに、若者が何かを学んでいくというストーリーで、今の日本の現実の断片がそこにあるようです。

特に若い人や、外人の方がみると、より面白いかも知れないと思いました。
遺品整理の仕事は、人の痛みや、人のむごさのようなものを知らない若い人には、やはり酷な部分があるように思えるからです。

でも、遺品整理が今の社会に必要とされている仕事だということがわかります。
これをみて、遺品整理の仕事に就いた人がいるのでないかと、思いました。

国立市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

「アントキノイノチ」では、遺品整理を通して、いくつかの家族の姿が描かれます。

故人の恥ずかしいような遺品は、家族にもさらさず「メンツを守る」といった姿勢。
これは気遣いですね。

「何もいらないから、処分してくれ」といいつつ、仕分けされていく遺品によって、心が解ける遺族のようすは、やはり家族なのだという絆のようなものを思わせます。

孤立死してひと月も経った人の部屋の遺品整理を、横柄に指図しながら、財産が隠れていないか躍起になるような家族。

「事実は小説より奇なり」などといわれますが、現実でも、実に色々なケースがあることでしょう。

そんななか、昔「家族を捨てた」母親が独居死した部屋で、娘に宛てて書きながら出せなかった、何通もの手紙を、主人公がみつけました。

先輩には注意されても、彼は、冷たく拒否する娘に手紙を届けます。

「関係ないんじゃ、俺たちみたいに壊れるんです」―主人公のセリフです。
人との繋がりを通して、彼は変わっていったのです。

こんな若い男の子が、やがてお節介をやくシーンに、暖かいものを感じました。

実際に、そんな担当者がいたらいいなと、遺品整理に興味がわいてきました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP