青梅市の様々な遺品整理体験などの感想をまとめました

青梅市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に青梅市の様々な遺品整理体験などの感想をまとめました

青梅市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

仕事をした後はぐったりとするものですが、最近は肉体労働の素晴らしさに気づきました。
あまり頭を使わずに、無になれるところが良いですね。
そもそも体を動かすのは心身ともに健康にいいとされています。
そのせいか終わった後は、心地よい疲労感が体を包んでいるのです。
頭脳労働も楽しいのですが、デスクワークはいかんせん体がカチコチになります。
首を後ろにそらすと、ゴキっと言う音が鳴ることもしばしばありますね。
そういう訳でずっと座りっぱなしは辛いものがあります。

それでも重いものを運ぶような腰に来るようなものは、長く続けるには限界が来るのではないかと不安になりますね。
もし病気にかかった時は休まざるを得ませんから、体調管理が必須になります。
だから一生の仕事にするのは少し危険なのでしょう。

どちらにせよ日本人は仕事に熱心ですから、やりすぎて心や体の調子を崩しがちです。
生きていくためには必須なのかもしれませんが、もっとゆとりをもって生活をしたいものですよね。
死ぬ頃になって「あんなに仕事を頑張る必要はなかった」と言い残して死ぬ人が多くいるそうですよ。
そんな状態だと未練たっぷりで、遺品整理の段になって化けて出て来そうですよね。
自分を肯定できる人生を歩んでいきたいと思います。

青梅市の遺品整理に関する色々な感想・2

心の状態が荒れていると部屋も荒れてくると言います。
確かに私も実体験としてうなずけるところがありますね。
自分の中で部屋が散らかっていた時期は掃除する気力が起きず、気分も沈みがちでした。
とある掃除専門家の話によると、部屋が汚い=太っている=行動がルーズの式が成り立つそうです。
何だかもうこれは最悪な状態ですね。
心が健康的であれば行動はテキパキしてくるので、行動がルーズになったり部屋が散らかったりすることはあまりありません。
ですからこれらの状態に陥ったら、意識的に改善を心掛けると負の連鎖は断ち切れるでしょう。

もしそのままのスタイルを貫いたら、肥満気味で健康状態が危ぶまれますし、ルーズだと対人関係やビジネスで支障が出ます。
それに部屋が散らかっていると、突然亡くなってしまった場合に遺品整理で首位胃の人々に迷惑がかかるでしょう。
そういう訳でメリットがありません。
デメリットしかありません。
しいて言うならば、ほこりなどの不潔な状態に免疫ができることと冬場は脂肪が守ってくれるので寒くないくらいでしょうか…。
世の中にはそれでも結構という人もいるでしょうが、とりあえず私は嫌ですがね。

この負のスパイラルにハマってしまっている人は、頑張って抜け出しましょう。

青梅市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

私はどこか依存的な部分があって、好きなものはずっと執着して離さないところがあります。
食べ物でも人でも習慣でもゲームでも考え方でも、ちょっと病的なくらいハマり続けてしまうのでどうにかしたいとは思っているのです。
しかしその状態がとても落ち着くので、最近ではこれをもう個性として捉えて上手に生かすしかないと考え方を変え始めました。

依存的を良く言いかえるのであれば、「飽きずに物事に集中して取り組める」ですよね。
普通の人であれば短期間で投げ出すことでも、継続して行えるのです。
「どうせ私はこうだからダメなんだ」と思うよりも、「こういうところがあって何てラッキーなのでしょう!」と明るく居られる方が人生楽しいですよね。

周囲からどう思われるかも、その特性を上手くいかせるかにかかってくると思うんです。
私のようなタイプは、あらゆる業務を要領よくこなさなければいけない仕事だと「そんなにじっくり時間をかけていないでパッパとやってよ!」と思われるでしょう。
それとは反対の一つのことに腰を据えて行う仕事であれば「この人は根気よく続けていて偉いねぇ」と評されます。
自分を活かすためにどういう選択をするかで人生の明暗が分かれます。
遺品整理をされながら「あの人は○○だったねぇ」、どういう風に言われたいですか?

青梅市の遺品整理行った上での感想・4

「自分探し」という言葉がありますが、人生は一生をかけた自分探しなのだと思います。
旅に出るのがポピュラーらしいですが、新しい体験ができるのであれば何でもいいのではないでしょうか?

一番いけないのは「ネガティブな決めつけ」です。
例えば私は走るのがめちゃくちゃ遅いです。
二十とびもろくにできないし、跳び箱もへた。
ドッジボールでもすぐに当てられてしまいますから、ここまで聞くと「なんて運動音痴なやつなんだ…」とレッテルを貼ってしまうでしょう。
しかし実は私はバレーボールが得意なんです。
特にサーブは魔球らしく、敵チームの誰も動けずに大量得点を稼ぎだすこともありました。
自分でも「私は運動がからっきしできない人間」と思い込んでいたので、自分にこんな才能があるとは思わずたいへんびっくりしましたね。
だからこの分野は全くできないと決めてかかって諦めず、どんどん色々なことに挑戦していくべきです。
それにちょっと苦手なことでも真剣に取り組んでみて、それでもダメだったと言う風になってから諦めましょう。
もしかしたらやり方がちょっとだけ間違っているだけかもしれないですからね。

ぬるく生きるのも手ですが、熱く生きたほうが濃い人生になりますよ。
遺品整理の時に逸話がたくさん出たほうが面白いですしね。

青梅市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

私の悩みは髪の毛が多すぎることです。

薄毛の人がこの発言を聴いたら殺意を向けてくるでしょうね。
でも私だって悪意があって言っている訳では無いんですよ。
髪が多いなりの悩みがあるんです。

まずヘアスタイルが格好良く決まりません。
適度な量であればスマートなのに、どうにもモサっとしてしまいます。
まるで昔のアイドルのようになって古めかしいオーラが湧き出ます。

次に髪の毛がよく落ちます。
もしかしたらたいして抜けないから多いと思っている薄毛~普通の毛量の方もいるかもしれません。
そういうタイプの人もいるかもしれませんが、私の場合は髪の毛が多いからこそたくさん抜けるタイプです。
そのため部屋にはたくさん髪の毛が落ちているので、コロコロでの小まめな掃除は欠かせません。
髪の毛ゴミってどうしてあんなにまがまがしい感じがするのでしょうか?落ち方も髪の毛だまりができて、何だか気持ち悪いですよね。
いっそ金髪だったら嫌な感じも軽減されるのかもしれません。
しかしまず似合わないですし、髪の毛がとても傷みそうなので止めておきましょう。

他にも髪の毛を結んでいるゴムがはじけ飛ぶとか、美容師に毎回紙が多いと言われるだとか、遺品整理の時に品物に髪の毛がたくさんついていて不快にさせそうだとか、デメリットはたくさんです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP