日野市の色々な遺品整理関連の意見と感想をまとめました

日野市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に日野市の色々な遺品整理関連の意見と感想をまとめました

日野市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

現在の日本では火葬された後の遺骨はお墓の中に収められるのが一般的です。
ですが死後は自然に帰りたいという気持ちから自然葬を選択する人たちも最近では増えてきました。
自然葬とは海や山に遺骨を還すような葬儀の仕方です。
「葬送の自由をすすめる会」という団体が提唱した言葉です。
散骨という言い方もありますが遺骨を砕いて野山に撒くというやり方だけではなく墓標の代わりに木を植える樹木葬なども自然葬に含まれるのでより広い範囲の言葉と言うことが出来ます。

散骨は違法になるのではないかと昔は言われていましたが、節度を持って行わられるならば構わないという見解が出て今ではかなり一般的になりました。
とは言うものの地主の殆どが自分の持っている土地に遺骨を撒かれては困ると言うでしょう。
小説家の藤枝静男さんは無宗教の奥さんに遺骨を倉敷の美術館の庭の隅に植えて欲しいと頼まれて埋めに言ったところ、後から掘り出してくれと言われてトラブルになったというエピソードを書いています。
散骨のために船を出すなどのサービスを行っている遺品整理業者さんなどもいますので、自分は死後自然に還りたいなどと考えているならば生前から遺品整理の事を含めて相談してみるのが良いのではないでしょうか。

日野市の遺品整理に関する色々な感想・2

人間は文明社会の中で生きている限り必ず死後お葬式や形見分けなど遺族や周りの人が行わければいけない儀式があります。
昔の日本では仏教式のお葬式をするのが当たり前でした。
ですが価値観の多様化にともなって様々な形のお葬式が生まれてきました。
仏教やキリスト教などの宗教が全く絡まない無宗教のお葬式もあります。
焼いた後の遺骨をお墓に入れず海や山に撒く散骨という形式も出てきました。
散骨をする場合は撒く場所の地主に許可が必要ですし、海に撒く場合は船を出さなければいけないので少しハードルが高いですが、最近出てきた遺品整理業という業者さんが散骨をするというサービスをしていたりします。
墓石の代わりに苗木を植えて印にするという樹木葬というのもあります。

死後どのような形でお葬式を出されたいか、残された遺品はどう処分して欲しいかなど生きている間に書き残す事をエンディングノートといいます。
死後、葬儀のやり方や遺品整理について遺族が揉めることは少なくありません。
大富豪の遺族が遺産相続で争うというのはドラマや小説などでよくある事ですがお金持ちでなくとも発生する事態なようです。
もし故人の希望がはっきりわかっていればトラブルになることはかなりの確率で避けられるでしょう。
いつか必ずくる死に向けてエンディングノートをつけてみてはいかがでしょうか。

日野市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

これからの時代は少子高齢化によって起きる問題が多発すると考えられます。
年金や医療保険など社会保障制度の持続性、人口減少によって社会の活力が失われるなど様々な問題が挙げられています。
問題のひとつが高齢者の孤独死です。
家族や親戚がいない高齢者が部屋の中で一人きりで死亡し長時間放置されるというのは現代人にとって他人事ではありません。
そうなる可能性がある人は数多く存在しますし、身の回りで孤独死する人が出てくるという事態もあるでしょう。
遺品整理業という職業が生まれ広がっているのは需要が増えているからです。
孤独死した後の遺体は強烈な腐臭を発します。
またハエなどの害虫が増殖し、周囲にも多くの被害が出ます。
亡くなった後の部屋は死臭が染み付くため洗浄が必要になりますし場合によってはリフォームが必要になることもあります。

孤独死が発生して遺品整理が必要になると物件の大家さんがその費用を負担する必要があります。
余計な費用がかかる上に事故物件として価値が落ちるので高齢者の入居を拒む賃貸住宅の持ち主はどんどん増えるでしょう。
すると高齢者の住宅問題も生まれてきます。
高齢者向けの住宅も出てきますが料金がどうしても高くなります。
こうした問題に対する決定的な解決法はあるのでしょうか。

日野市の遺品整理行った上での感想・4

自分の死後の事について真剣に考えてみると様々な問題が浮かび上がってきます。
葬式のやり方や自分の持ち物はどう処分されるのかなどです。
自分がどのような死に方をしたいかについてあれこれ思い悩むのは不健康だと考える向きもあるでしょう。
死んだ後のことは自分には関係のないことだという考え方は確かに一見正しそうに思えます。

ですが、人間は一人だけで生きているものではありません。
死んだ後は必ず誰かが死後の始末を付けなければいけなくなります。
現代は葬式のやり方などを選べる時代です。
選べるということは選択肢で悩まなければいけないということでもあります。
自分のことについては自分で選べ、進められますが、葬式や遺品整理については本人以外の人が選択して行わなければいけません。
そして故人の遺志がわからない場合は非常に揉めやすくなります。
誰も本当のことはわからないので何が正しいのか決めにくいからです。
そんな時に故人が亡くなった後の事について希望を書き残しておけばトラブルの多くは回避できます。
また自分が亡くなった後集めていた収集物についてきちんと価値を書き生理の仕方についても道筋をつけておけば打ち捨てられるようなこともなくなります。
今は生前から遺品整理の相談を受付けている遺品整理業者サービスもあります。
どういう葬儀や遺品整理の仕方があるのかわからないという方は利用してみるのもいいかもしれません。

日野市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

ニュースなどで見ると遺品整理業者の仕事は孤独死した後の部屋を片付けることだけと思ってしまいがちですが、それ以外にも様々な事情の人が依頼に来るようです。
現場が汚れすぎていて踏み込めないというのが孤独死の現場に遺品整理業者が呼ばれる理由ですが同じような理由で自殺した後の部屋の整理にも呼ばれます。
中には割腹自殺して下の部屋にまで血が垂れてきたので呼ばれたなどという壮絶な現場もあるようです。

もちろん普通の死に方をした人の遺品整理を依頼されることもあります。
残された遺品が多すぎてとても家族だけでは処分が終わらないという場合などです。
人間一人が生きていくにはそれなりの品物が必要ですし衣服や本などを集めている人だったら運びださなければいけない荷物はかなりの量になります。
また残された遺族の精神的なショックが大きく片付けができないという人からの依頼もあるようです。
故人の使っていたものを捨てることには罪悪感がつきものですし、整理をするためにはどうしても遺品を通じて故人と向き合わなければいけないので無理もないことではないでしょうか。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP