羽村市の遺品整理などの様々な意見と感想をまとめました

羽村市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に羽村市の遺品整理などの様々な意見と感想をまとめました

羽村市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

遺品整理なんて経験することになるなんて……実はこの間、父の遺品整理をしてまいりました。
初めてのことでいろいろと大変でしたが、最終的には「やって良かったな」とは思います。
それでも最初のうちはけっこう辛かったんですけどね。

父はふじみ野市で生まれ、そしてふじみ野市で亡くなりました。
常日頃から「俺はここが好きだから」と言っていました。
僕といえば都会に憧れて、いまでは東京で一人暮らしをしています。
そんな僕に父は「故郷はいいぞ、帰ってこい」なんて酔っぱらいながら良く言っていました。

年に何度かは帰っていましたが、まさか遺品整理で帰ってくることになるとは……やはり辛さはありますよね。
それでもやらなくちゃいけないっていうのはわかります。
いつまでも遺品を残しておくことの方が良くないことですから。

遺品整理業者として選んだのは某社というところです。
遺品整理というものにはあまり詳しくありませんが、ここは非常に良かったと思います。
礼儀正しくて、でも堅物ってわけじゃなくて、むしろ人間味ある心温かい人柄のスタッフさんだったと思います。
妙に辛気臭くなってしまう遺品整理ですが、某社さんのおかげで多少気分も晴れた気がします。
やりたくないことではありましたが、それでもやって良かった。
そんな気持ちです。

羽村市の遺品整理に関する色々な感想・2

もう数か月前になると思いますが、祖母の遺品整理をやったことがあります。
そうそう経験することではないと思いますが、私にとっては「良い経験だったな」と感じています。

祖母はもう「超」がつくほどのお人よしで、頼まれたら断れないなんて当たり前。
むしろ、頼んでもいないのにあれこれ手をまわしてくれるような人でした。
実を言うと、私が埼玉県のふじみ野市で就職できたのも祖母の力添えが多少なりとも関係しています。
後から聞いた話ですが、どうやら祖母は私が面接したとある会社に「孫をよろしくお願いします」なんて挨拶に行っていたんだそうです。
びっくりしてしまいますよね。
でもそういう人だったんです。

そんな祖母だからこそ、遺品整理はしっかりやってあげたい。
それが私の願いでした。
なのでやはり、プロの方にお願いすべきだろうということで遺品整理業者を使うことになったんです。
某社というところがたまたま見つかり、良さそうだったのでお願いをしました。

某社の人は本当に人柄の良い人でした。
なんだか祖母を思い出すような雰囲気だったと思います。
もちろん見た目なんて全然違うんですけどね。
でも妙な親近感が沸きましたし、作業もとても丁寧で感激しました。
不思議な出会いというか、なんというか。
とにかく良い経験ができたような気がします。

羽村市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

あのときは本当に大変でした。
実はこの間なんですけど、埼玉県のふじみ野市の実家で祖父が亡くなったんです。
もうかなりの高齢だったんで、亡くなったこと自体はそれほど驚きはありませんでした。
ただものすごく趣味人だったので、遺品の量が半端なかったんです。

祖父の部屋はとにかく物で溢れ返っていました。
こう書くと「汚い」ってイメージだと思いますけど、そうではありません。
整然としてはいるんですけど、圧倒的な物量に驚かされるというか、部屋に入った瞬間、物が襲ってくるんじゃないかってくらいの物があったんです。

「これを素人がやるのは無理があるな」そう感じた私は、父と相談して遺品整理業者を頼むことにしました。
たまたま父の知り合いで某社という業者を使った人がいました。
「とてもいいところだったよ」なんて評判を頂いたので、迷わず某社というところにお願いしました。
他のところを探すのも面倒というのもありましたけどね。

某社は評判通りの良い働きを見せてくれました。
なんか上から目線みたいですけど、とにかく良かったんです。
丁寧さなんてのは当たり前ですけど、私たちへの心遣いや故人への敬意を感じさせる対応があったんです。
心ある作業というのはありがたいものです。
しかもあれだけの量を頑張ってやってくれたんですから、本当に感謝ですね。

羽村市の遺品整理行った上での感想・4

父があんなにオロオロするのを私は初めて見ました。
先日、母の遺品整理をしたのですがその際、とにかく父は「心ここにあらず」の状態だったんです。
いつもドッシリと構える人でしたから、私にとっては本当に意外でした。

ふじみ野市の自宅での遺品整理中、突然父が泣きだしたんです。
それも声を出して。
娘の私だって我慢しているのに……なんて言えませんよね。
最愛の伴侶を亡くしたんですから、声を出して泣くくらい当たり前なのかもしれません。
でもやっぱり私としては驚きでしたし、同時に心配でなりませんでした。

そんな父が言い出したのが遺品整理業者を使うということでした。
「他人に任せるの?」なんてついつい聞いてしまいましたが、よくよく聞くとちゃんと考えがあるようでした。
「プロの人にしっかり任せて、お母さんを送り出したい」という想いがあったようです。

某社というところにお願いし、作業当日。
父はやはり泣いていましたが声は出していませんでした。
某社のスタッフさんに運ばれる遺品の数々。
丁重に扱われる思い出の品。
なんだか私も思わず涙を流していました。
遺品整理に感動というのはおかしいかもしれません。
でも少なからず「他人任せ」と思っていた私にとって「心ある仕事ぶり」には心打たれずにいられなかったんです。

父は何度もうなずき母の遺品整理を見守っていました。
「しっかり送り出せて良かったな」と父。
私も本当にそう思います。

羽村市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

先日、実家に帰った折に強烈な体験をしてしまいました!なんと僕が遺品整理をしてきたんです!人生で初めての経験に心躍っちゃいました!……というのは嘘です。
本当はかなり悲しかったし、辛かったし、やりたくない気持ちでいっぱいでした。
それでも、「やらなくちゃいけない」という母の言葉を受け、最後までやり通してきました。

父が亡くなったのは半年前のことです。
僕と父とはそれほど仲が良くなく、年に数回は大喧嘩をするような感じでした。
それでも別に父が嫌いというわけじゃなく、尊敬をしていました。
いや、ちょっと違うかもしれません。
「超えられない壁」という感じで、多少のやっかみみたいなものがあったのかもしれませんね。

そんな偉大な父が亡くなり、壁がなくなった僕。
もう妬むことはないぞ!と物事はそう簡単にはいきませんでした。
壁は確かになくなったかもしれません。
その代り心に大きな穴がポッカリと空いてしまったんです。

遺品整理当日。
某社のスタッフがやってきて次々と遺品を運んでいきました。
「これで本当にお別れなんだな」と思うと涙が止まりませんでした。
丁寧に積まれていく遺品たち。
スタッフさんたちの作業を見ていて、感謝と悲しみとが入り混じってしまいました。
そんな僕を見て、某社のある方が声をかけてくれたのは印象的です。
仕事をしているなかで遺族を気づかうなんて素敵だなと思います。

父の死を悲しんでばかりはいられません。
今後は父のような、それ以上の男に成長するため頑張ろうと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP