上尾市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

上尾市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に上尾市の遺品整理に伴う様々な感想をまとめました

上尾市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

夫を失って、気づけば5年が経っていました。
当時はまだ学生だった子供たちもみなそれぞれの生活を始め、今では私一人が夫の建ててくれた家に一人暮らしています。

仕事はしているものの、時間を持て余すことの多い私は、先日からようやく夫の遺品整理を始めることにしました。
見えるところにあった夫の遺品は片付けたため、遺品整理にはあまり時間がかからないのではと思っていましたが、意外にものがあったことに驚いてしまいました。

もう時間がだいぶ経っていたため、それほど心は痛くならずに済むと思っていたのですが、やはりいろいろと思い出してしまうものですね。
夫の洋服を処分するのは特に大変な作業でした。
結局、あまり着ていなかったものはすんなり片付けられたのですが、いつも着ていたものは手元に置いておくことにしました。

遺品整理をしようと決めたからには、とことんやろうと思っていましたが、必ずしもすべて処分する必要はないのだと思い直すことも大切なのかもしれません。
部屋を明け渡すわけでもないので、急いで何もかも処分する必要はないのですよね。

私が死ぬ前に、もう少しものが減ればいいかと思うことにして、ゆっくり時間をかけて遺品整理をしていこうと思います。
一緒に自分の物も少しずつ処分していこうかな、とも考え中です。

上尾市の遺品整理に関する色々な感想・2

歳を重ねてこの世をされることがどんなに幸せなことなのか、友人を失ったときに私は初めて知りました。
友人は、不慮の事故で5年前に突然亡くなってしまいました。
いつか死んでしまうことを頭では理解していたつもりだった私ですが、心はなかなかそれを受け入れられずにいました。

仲がよかったとはいえ、私ですらそうなのですからきっとご家族はもっともっと辛い思いをされたでしょう。
友人の妹とも、私は仲が良いため、今でも時々彼女の家に伺います。
ご両親はそのたびに私を歓迎してくれました。

先日、いつものように妹である友人とお宅を訪ねたとき、ご両親から遺品整理を手伝ってくれないかというお話をいただきました。
私などがそんなことをご一緒していいのかと思い、一度は断ろうと思ったのですが、妹からもどうかと頼まれたため、一緒に遺品整理を行うことになりました。

遺品整理のような大切なことに、私のような第三者が関わっていいのかとその時は思っていたのですが、もしかしたら第三者がいることでうまくいくこともあるかもしれません。
娘を思い出してはなかなか遺品整理ができなかったご両親の気持ちも分かりますし、いつまでも帰らぬ娘の持ち物をそのままにしておいてはいけないと思う気持ちも分かります。

私が役に立てるかどうかは分かりませんが、できるだけのお手伝いをして来ようと思います。

上尾市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

これまでも、身近な人の死を経験したことは何度もありました。
祖父は学生の時に亡くなりましたし、叔父や伯母の葬儀に出たこともあります。
しかし、遺品整理を経験したのは父が亡くなった時でした。

母もしばらくは遺品整理をする気になれなかったようでしたが、いつまでもそのままにしておくわけにはいかず、一緒に父の持ち物を処分することになりました。

物には持ち主の魂が宿るといいますが、本当にその通りだと、遺品整理をしながら思いました。
時間が経っていたこともあり、遺品整理中に泣き出してどうしようもなくなってしまうことはありませんが、それでも何度手が止まってしまい、懐かしい思い出話に花が咲いてしまうことが何度もありました。

思い入れのあるものを処分するのは、特に簡単なことではありません。
どうしても処分できないものというのも少なからずありました。
しかし、きっとそれでもいいと思います。
遺品整理をできる心境になってから出来る状況にあるのなら急がなくても構わないでしょうし、処分できないものがあるならそれでもいいのだと思います。

母は、自分が死んだら一緒に処分してと、父の思い出の物をそっとしまったおくことにしたようです。
それで母の気持ちが満足なら、それでいいのだと思います。

上尾市の遺品整理行った上での感想・4

少子高齢化が進む現代、お年寄りをターゲットにした市場はにぎわいを見せているといいます。
中には生前に依頼する葬儀や遺品整理に関するものもあるのだとか。

私たちの親世代までは嫁に行った家族と一緒に暮らすことが多かったようですが、最近は一人で暮らすお年寄りも確実に増えています。
自分が亡くなった時のことを不安に思うのは無理もないかもしれません。

知人のおばあ様も、家族とは離れたところにおひとりで生活されていたのだとか。
ときどき様子を見に行ったり、電話で話をしたりはしていたようですが、不安があったのでしょう。
亡くなったとき、葬儀屋さんがいらしたり、遺品整理を頼まれていた業者から連絡をもらった際は、申し訳ない気持ちになったといっていました。

同居することが確かに幸せと感じる方も多いでしょう。
とはいえ、それぞれの生活があることもまた確かです。
どこかにストレスのしわ寄せが来れば、家族としてうまくいかなくなってしまうこともあるのだとか。

そう考えると、生前に葬儀の予約できる業者や遺品整理を請け負ってくれる会社は時代に合ったサービスなのかもしれません。
私の祖母も一人暮らしをしています。
伯母がすぐ近くに住んでいるため、週の半分は祖母の元も訪れているようですが、私も久しぶりに祖母に会いに行こうと思います。

上尾市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

先日テレビで、遺品整理を請け負う業者の方を特集した番組を目にしました。
遺品整理という言葉をその時初めて耳にしたのですが、葬儀よりも遺族の負担になることがあるようですね。
持家に一緒に暮らしている場合はそう急ぐ必要もないでしょうが、賃貸の場合などは早く部屋を引き渡さなければならないこともあるのだとか。
遠方に住んでいたり、仕事をしていたりすれば、遺品整理をゆっくり行うことができない場合も多いようです。

遺品整理を引き受けてくれる業者は、そうした忙しい遺族に変わって故人の持ち物を整理してくれるのだといいます。
時には亡くなって何日も気づかれない孤独死をされた方の部屋を請け負うこともあるのだとか。

遺品整理を行う業者はは引っ越し屋さんのような仕事だと思っていましたが、亡くなった人の持ち物を取り扱うのという点で大きく異なるといえます。
世の中にはそういう仕事もあるのだと、興味深く見ていました。

仕事はどんな仕事であっても決して楽なものはないでしょう。
人に憧れられないからといって、必要ないかといわれればそんなことはありません。
むしろ、人がしたがらないことのほうが重要な場合もあるでしょう。

私も自分の仕事にやりがいと誇りを持って頑張ろうと思いました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP