蕨市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

蕨市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に蕨市の遺品整理で様々な意見と感想をまとめました

蕨市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

高齢者の多いある団地では、孤立死が増えたことをうけて、住人が集会場で集う機会を増やしたり、さまざまな見守り制度を利用して、対策としているそうです。

その団地では、年に数十件の孤立死があったというのですが、分譲・賃貸を問わず住居の価値にも影響を与えることがあるかも知れない、深刻な問題といえます。

でも、同じ団地で数十件ともなると、近隣では逆に、周知されているとも思われます。

孤立死した物件も、ふつうは転用しないといけないように思うのですが、この場合、いよいよ遺品整理や清掃業者の助けが必要です。

転用する際には、孤立死があった部屋だと知らせるのでしょうか。
とても、気になります。
法律では、賃貸住宅では次回の契約時にのみ、そういった情報の告知義務があるようですが「病死」「自然死」の場合は、告知義務はないのだそうです。

なるほど、それらは事故物件にはあたらないのですね。
ちょっと意外でした。

先のような、高齢者の多い団地でなければ、返って知らされることもないわけです。
場所を問わず、時間を問わず、それこそ隣家でも起こり得ていることだと思うと、複雑な思いがします。

住んでいる高齢者の側からみると、そういった互いに「見守る」ような取り組みを作れば、高齢者の多い団地ならではのメリットがあるということですね。

蕨市の遺品整理に関する色々な感想・2

私ごとですが、ちょうど1年ほどまえ熱心に住居を探していたのですが、希望する地区が人気で、なかなか安い物件に出会えませんでした。

ある時、これはというものがあって訊ねると、なんと事故物件だというのです。

背筋が寒くなりましたが、その後も希望に合うものがみつかりません。
妥協もせねばと思い始めた私は、「御払い」などすればどうだろうと、息子に、事故のことを気にするか聞いてみました。
ところが、その瞬間、不動産ネットの情報が更新され、今住んでいる、希望通りの物件がみつかったのを、よく覚えています。
あまりに、タイミングが良かったからです。

つまり、今の住居がみつからなければ、事故物件で妥協していたかも知れなかった訳です。
たしかに、その条件にしては不自然な安さでした。

そんな体験をして、特に分譲住宅での事故死や自殺は、残された人に大変なリスクをもたらすのだと痛感しました。

ひとり暮らしで、託す子どももいない場合、もしも自分の遺品整理などについて考える人であれば、なるべく賃貸住宅に暮らすという選択があるのだと思いました。

もちろん、いずれにしても、孤立死するリスクは避けたいものですが、老後を分譲住宅で暮らすか、賃貸住宅にするか、もしかしたらこれは遺品整理をする以前に重要な問題なのかも知れません。

蕨市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

遺品整理を行おうとする業者に、実は、特別な「資格」は今のところ不要なのだそうです。
その上、作業に関する基準もまだ確立されていないので、問題が起きたときの対処が曖昧になることもあるようです。

問題というのは、たとえば遺品を紛失されたとか、高額請求されたとか、ごみの不法投棄といったトラブルだといいます。

これらはすべて、たとえば引越業においても有り得るトラブルだと思うのですが、遺品整理という業種が新しいジャンルなので、それ専門としては定義が確立していない状態のようです。

遺品の買い取りには古物商の認可が要りますが、そのほか、遺品整理の代行には廃棄物に関する許可や、配送するための貨物に関する許可も必要なのだそうです。

とはいえ、もともと運送関係や回収業をしていた業者は、これらの許可はクリアーしている場合が多いでしょうね。
遺品整理に新規に参戦した業者であれば、こういった許可があるかどうかは、ひとつの重要なポイントとなりそうです。

「遺品整理士」というひとつの資格が、ある団体で作られたという段階のようですから、ほかの多くの資格と同じように、今後色々な名前で資格自体が増えるかも知れません。
でも、まだ法的な規制はされておらず、はじめて遺品整理の業者を選ぶことは、すべての人に簡単なことではなさそうです。

蕨市の遺品整理行った上での感想・4

友人が、このほど初めて遺品整理のサービスを利用しました。

彼女は、新卒で入社した会社の同期で、ずっと独身で仕事を続けていて東京で暮らしています。
ひとりっ子で、老いたお母さんが故郷の実家で亡くなり、臨終のときには帰って看取ることができました。
しかし、実家の片付けなどは、たとえ休みをとっても無理、かといって親戚に頼めることでもないので、遺品整理の業者をさがして手配することにしたのだそうです。

ただでさえ多忙で、出張の多い仕事です。
遠く離れた故郷での、葬儀だけでもたいへんな労力を使ったでしょうから、ひとりで実家を片付けることは本当に不可能なことだったと察します。

遺品整理を委託する業者さんが、今はたくさんあって、そして実際頼むことができて、本当に助けられたと、彼女はしみじみ話していました。

ただの回収業と違って、なにかと細かい配慮があり、残したいものの希望もきちんと聞いてもらえたそうです。
処分に際しても、合同供養をしてくれて心も癒されたと、涙ながらに語っていました。
話を聞いた私のほうも、そういう業者さんがいてくれて良かったと、心から思いました。

彼女の話をきいて、遺品整理を必要とする人が周りにいたら、勧めてみようと思いました。
また、自分もいつか必要に迫られる場合もあるかも知れないとも感じました。

友人の、とても参考になる体験談でした。

蕨市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

新聞の広告に、「家族の思い出を管理する」ソフトウェア、というものを見つけました。
7万円以上と高額です。
それが、震災特集のページの下に載せられています。

色々と考えるものだと思いましたが、震災で何もかも失ってしまった人にしか判らない価値のサービスなのだろうと思うと、高額でも売れるのかも知れないと感じました。

家族の記録やあらゆる情報、写真やビデオや賞状、絵などを取り込んでデータ化し、長期保存して、いつでも簡単にみることができるのだそうです。

自分でやればお金もかからないとは思ったものの、大事なデータさえバックアップをとろうといつも思いつつ、今度やろうといいながら、結局ずっとできないままで過してしまう…、そしてあるとき突然、ちょっとした「事故」は起こり、データが消滅したという話は結構きいたりします。

私にも経験がありますし、起こってからでは遅いとわかっていても、日々慌しく生活していると、後回しにされる類いのことではないでしょうか。

遺品整理をしたくても何もなくなってしまうのは、あらためて考えてみると、どんなに悲しいことでしょう。
それを思えば、遺品整理ができるのは、ある意味では幸せなことなのかも知れませんね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP