前橋市の様々な遺品整理体験などの感想をまとめました

前橋市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に前橋市の様々な遺品整理体験などの感想をまとめました

前橋市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

昔祖母が亡くなった時に遺品整理専門の業者さんにお世話になったことがあります。
それまで葬儀のようなものを経験したことがなかった私は、それが普通なんだと思っていました。
ですが大学生になって多少常識の様なものを身に付けてからは誰もがお世話になったことのある業者ではないことも知っています。
ですが、あの業者さんには誰もがお世話になるべきだと思います。

当時私は高校生でしたが、祖母が亡くなってしまったことでなんとも言うことができない悲しみを感じたのを今でも覚えています。
家族全員が重苦しい空気に包まれ、ふとしたことで私か妹二人のどちらかが泣き出してしまうような状態でした。

葬儀などが一通り終わり、今まで通りの日常に戻るのかと思っていましたが、抜けてしまった穴は大きすぎたようで、簡単にはいきませんでした。
だからといって何もしなくても時間は過ぎていきます。

そのうち祖母の遺品整理をするこということになりましたが、すでに父が遺品整理専門業者の手配をしていたようで、これが私の常識になりました。
素晴らしい手際の良さを今でも覚えていて、それが常識だと思いこむには十分なものでした。

常識ではないのかもしれませんが、それでも彼らが素晴らしい業者であることには間違いありません。

前橋市の遺品整理に関する色々な感想・2

以前友人の家の祖母が亡くなった時に遺品整理専門の業者さんにお世話になったという話を聞いたことがあります。

その話を聞いたのは先日の連休のことですが、あまりなじみのある業者とは言い難いので正直最初は何の話をしているのか理解できていませんでした。
しかし今にも前に乗り出してきそうな友人からは話の信憑性もしっかり伝わってきました。

はっきり言って僕の記憶力はあまりいいとは言えませんが、それでも必死に聞いた話を要約するとこんな感じです。

・遺品整理を代行する業者が実在する
・想像よりはるかに丁寧
友人が特に話してきたのは仕事の丁寧さでした。
最初は本人も単なる作業の様なものだろうと思っていたそうです。
やることが遺品整理なので、作業には違いないのですが、それでもその丁寧ぶりは仕事人と呼ぶにふさわしいものだったと言っていました。

友人のあまりの迫力に負けたのか僕も気になってしまったのでインターネットで調べてみたら確かに存在しているようです。
身内に死にかけている人間がいないのでお世話になることはなさそうですが、どの記事を見てもかなりの高評価でした。
なんでもおおげさに話しがちな友人ではありますが、こればっかりは真実のようです。

前橋市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

もう何年か前の出来事ですが、母が亡くなってしまいました。
まだまだこれからという年齢だったので特に父の落ち込みようは、本人が元気になった今になっても頭から離れない記憶になってしまっています。
もちろん私と弟も例外ではありませんでした。

親戚たちに支えられて、やりたくもない葬儀をなんとか終えることができましたが、家族の中には大きな風穴が空いてしまったようで、常に隙間風が吹き込んでいるような感覚になっていました。

葬儀だけはなんとしてでも亡くなってすぐにやってしまわなければなりません。
これだけはどうしようもないのですが、遺品整理となると話は別です。
逆に言えばいつまででも遺品整理をせずに、故人が生前の時に使っていたままにしておくことができるわけです。
私家族の中にはいつかなんとかしなければならないという認識はありましたが、あまりに急な別れだったので、どうしても素直に母の死を受け入れることができませんでした。
そのため、遺品整理専門の業者に依頼して、代行してもらうことになりました。

やりたくはなかったのですが、片付いてしまえばスッキリしました。
こんな誰もやりたくないようなことを請け負ってくれた業者さんには本当に感謝しています。

前橋市の遺品整理行った上での感想・4

数ヶ月前に恋人が亡くなりました。
恋人とは言っても、もはや婚姻届の記入も終わっていて、あとは市役所に提出するだけといった段階でした。
僕の悲しみはこの二十数年間で最大となりました。
連絡をもらった時には完全に冗談だと信じ込んでいたので笑っていました。
遺体を見た時ですら信じられませんでした。
しかし徐々に現実を受け入れることになっていきました。

もう一緒に住んでいましたし、当然結婚式の準備からハネムーンの準備までしていました。

何が何だかわからないまま葬儀が終わり、いつのまにか家には妻になるはずだった女性の遺品だけが残されてしまいました。
ただただ何も考えない日々を過ごしました。
会社側も気を使って長期休暇をくれました。

しかし遺品と一緒に過ごしているとかけがえのない人と一緒にいる気になってしまいます。
実際には次に進まないといけないのに。

思いきって遺品整理をすることにしました。
完全に素人であることは言うまでもなく、遺品整理のプロにお願いすることにしました。
丁寧で、なにより僕が印象的だったのは迅速だったことです。
決意がにぶらないうちに対応して頂けたので、今では仕事にも復帰し、少しずつではありますが、元気も取り戻せています。

前橋市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

現実は小説より奇なり。
なんて言葉があるぐらい世の中は信じられないことの方がよっぽど多いのだと感じることがまれにあります。

先日まさにそんなことを思わせる出来事がありました。

ご近所付き合い程度でしたが、多少の交流があった方が亡くなってしまわれました。
以前から体調がよくないと本人が言っていたので、もしかしたらその影響だったのかもしれません。
最期は入院するでもなく、朝ご家族の方が目を覚ますと亡くなっていたそうです。

こればっかりは苦しまずに亡くなることができたのでよかったのかもしれません。

問題だったのはその後です。
どうやら普通の家庭にしては多すぎる遺産があったようで、遠くの親戚までやってくるさわぎになってしまいました。
こんなドラマのようなことが本当にあるものだと思いました。

一番驚いたのはここからです。
なにせそんなドタバタが繰り広げられることになったので人が亡くなったからと言ってのんびり遺品整理なんてしているわけにはいきません。
まして遺産が絡んでいるかもしれないので大変です。
後で聞いた話ですが公平を期すために第三者、つまり遺品整理業者に依頼をしたようです。

まさかそんな業者がいるなんて、本当に世の中わからないものです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP