宇都宮市の色々な遺品整理関連の意見と感想をまとめました

宇都宮市の遺品整理に関わるご相談ならロングテールジャパン
今回は下記に宇都宮市の色々な遺品整理関連の意見と感想をまとめました

宇都宮市の遺品整理に伴う片付けの感想・1

いずれくる死に向けて、生前から身の回りの品物を処分して少しずつ減らしていく事を生前整理と呼びます。
亡くなった後に遺族が片付ける作業、遺品整理に対して生きているうちに始めるという事で「生前」整理と呼ぶのでしょう。
自分が死んだ後に誰かが必ず整理を行わなければいけないので、ならば生きている間に自分の手で行うかと思うのは自然な感情ではないでしょうか。
誰もがいずれは死にますが何時死ぬかは誰にもわかりません。
明日突然車に轢かれて死ぬかもしれないわけです。
いざその時がきた際に思い残すことがあったら死んでも死にきれないでしょう。
そういった事を考えると生きている間から死後に備えて準備をしておくのは悪くないことだと思われます。

死に対しての備えは生前整理だけではありません。
エンディングノートというものもあります。
自分の死後のために書き残された文章を遺言と言いますが遺言には法律的に決まった形式があり作成するには公証人が必要です。
対してエンディングノートはもっとライトな性質の文章です。
特にこれといった形式はなく、希望する葬儀の形態や遺品整理の仕方について書き残しておくのがエンディングノートです。
まったくの白紙から作るのはどうすればいいか悩むという方のために無料で配布されているひな形もあります。
興味を持った方は試しにダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

宇都宮市の遺品整理に関する色々な感想・2

遺品整理業に最近注目が集まってきています。
遺族に代わって故人の使っていたものを処分するという最近になって生まれたサービスですが、少子高齢化社会の今の日本では需要がある商売のようです。
引越し業者やリサイクル業者など様々な業者がこの業界に参入してきています。
最近ではただ遺品を運び出して処分するだけではなく、遺品の供養を行ったり、遺品をリサイクルしたりと様々なオプション的サービスを行っているようです。
生前から身の回りのものを処分する手伝いをしたり、遺骨を自然に還す散骨葬のサービスをしたりとどんどん遺品整理業者のカバーする領域が増えています。

最初に遺品整理業を始めた吉田太一氏はもともと引っ越し運送業をしており、さらにいらない家具をリサイクルする事をはじめていた方だそうです。
あるとき遺品整理の需要があることに気が付いて仕事を始めたとか。
つまり遺品整理という仕事自体が他の業種から派生してきた仕事だと言えます。
遺品整理業者が関連する様々なサービスに乗り出すのはそうした背景があるからかもしれません。
これからは病院、葬儀社、遺品整理業者が一体となったサービスをするかもしれませんし、協会や寺院が遺品整理業と提携するようになるかもしれません。
これからも可能性の広がりがあるのが遺品整理の仕事だと言えるでしょう。

宇都宮市の遺品整理関連で見た様々な感想・3

親族に迷惑を掛けたくないという事で生前から遺品整理業者に相談をして死後の遺品整理の予約をしたり、身の回りのものを少しずつ処分していく人は増えてきています。
少子高齢化によって親戚つきあいが減り、人出が足りなくなったので遺品整理業者を呼ぶという人も増えています。
遺品整理業の需要は高まり続けていますが供給はまだまだ追いついていない感があります。
引越し業者やリサイクル業者などが遺品整理業に参入してきていますが、急に増えているのでモラルの悪い業者も出てきているようです。

整理が終わった後に高額の追加料金を請求されたりするようなトラブルが多く報告されています。
最初に安い値段を提示して仕事が終わった後に追加料金を取るのは廃品回収など他の業界でもあることですが遺品整理業者業界でも同じなようです。
また安い値段でも安心してはいけません。
安い料金なのは引き取った後の遺品を安く処分するために不法投棄しているからというケースもあります。
良い業者に出会うためには事前に口コミ情報などを良く調べてから仕事を依頼するのが良いでしょう。

宇都宮市の遺品整理行った上での感想・4

遺品整理業という仕事が生まれたのはここ最近のことです。
少子高齢化社会の日本ではこれから20年は需要が増え続ける仕事だと言われています。
ですが需要が急に増えると供給のほうが追いつきません。
遺品整理には服や家電製品など様々な品物を扱う上で自治体からの許可が必要だったり特別な清掃をするための薬剤の取り扱いなど多種多様な方面の知識が必要です。
必要な許可を取らずに営業をしていて遺品を不法投棄するような業者や後から高額の別料金を取ったりする業者など悪質な会社も存在しています。

業界をより良いものにしてサービスを向上させるために「遺品整理士」という資格が生まれました。
遺品整理に関係する法律の知識や故人・遺族と接する上で求められるマナーなどについて講習を受け、テストに合格することで得ることができる資格です。
また遺品整理士の認定を受けた人は認定団体から遺品整理業者への紹介を受けることができます。
まだ国家資格ではない資格ですが将来性の高い資格だと言えるでしょう。

宇都宮市の遺品整理に伴う様々な作業の感想・5

住んでいた人が孤独死した後の部屋はとても汚れるため遺品整理業者を呼んで清掃してもらわなければいけません。
ですが孤独死した原因によってかかる費用は変わってくるそうです。
亡くなった方が心臓発作などの病死によって亡くなった場合は入居者に責任はありません。
その為遺品整理、清掃などの料金は家主さんが払うことになる場合がほとんどのようです。
ですが、これが自殺の場合は話が別です。
自殺した場合は責任が入居者に発生するので清掃にかかる料金を遺族が負担しなければならなくなるそうです。

これは実際にどれくらい汚れたか周りに迷惑がかかったか関係がないそうです。
死亡した状態によって必要な清掃の度合いは変わります。
場合によってはリフォームが必要になる事もあります。
自殺の場合は病死よりも死体の状況が酷いことになることが多く、費用が余計にかかることも多いとか。
またお祓いなどの費用が請求されることもあります。
自殺は遺族にとって精神的な衝撃だけではなく経済的な負担もかかる事になる行為です。
自殺するほどの精神状態な人にそんな事まで気を回せと要求するのは酷ですが、自殺することが頭のどこかによぎった時は思いとどまる理由の一つとしてその事を思い出してみてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

遺品の整理などのご相談受付中です。
TOP