浦安市の遺品整理・片付け代行サービス

浦安市のサービスで地域一番を目指すLTJ遺品整理隊の遺品整理サービス

浦安市の遺品整理でこんなことでお困りではありませんか?

特徴1浦安市の遺品整理作業に特化
当社では浦安市で多くのご依頼から遺品整理作業を行ってきており、浦安市での業務ノウハウを蓄積してきました。この地域に合わせて特化したサービスをご提供いたします
特徴2独自作業用具で作業時間を圧縮
当社では今まで浦安市の遺品整理などを含める数々の現場で作業を行った経験から作業時の人員負担や作業性向上の為、所有トラック事態を独自に車両構造を改造したものやマンションなどの運搬距離が長い現場で重宝する運搬具の改造など安全で効率的な作業を提供できることでコスト面での低減にも取り組んでおります。
特徴3万が一の物損事故にも対応
当社では作業中の不慮な損害などが発生した際に1億円まで賠償される賠償保険に加入しております。万が一に何か問題が発生した場合でもお客様にご不安を与えないよう配慮しております。

浦安市の遺品整理にお困りでしたらLTJ遺品整理隊へお任せください。

LTJ遺品整理隊では浦安市で故人や知り合いの遺品整理や形見分け、生前のお部屋の片付けなどの生前整理など、お客様からご依頼いただいた内容から様々な作業方法をご提案し、お客様がご要望する形で作業を進めてきます。

浦安市遺品の整理や処分にお困りでしたらLTJ遺品整理隊にお任せください。
「浦安市に普段住んでおらず遺品整理の進め方が分からない」「自分以外身内がおらず、相続したが片づけられない」「捨てに行くだけの時間と体力がない」LTJ遺品整理隊ではなど浦安市無いの遺品の整理や処理などでお困りのお客様のお手伝いをさせていただいております。 形見分けから残った遺品の片付けまで遺品整理の処理・処分などの片付けにお困りでしたらLTJ遺品整理隊にご相談ください

浦安市で行った実際の遺品整理の一例

浦安市で行った遺品整理 作業前/作業後
LTJ遺品整理隊では上記のようなお部屋の状況でもきれいに片付けさせていただきます。また、遺品の整理などだけではなくゴミ屋敷化したお部屋や納戸、倉庫、店舗や事務所などありとあらゆる形態の片付けも行っておりますので浦安市遺品の整理や処分などに限らず是非当社へご相談ください

料金は明朗会計な載せ切りパックプランがおすすめ

「浦安市にお住まいの方限定」明朗会計なパックプランのご紹介
当社のパックプランは費用や量に応じて217種類から選択できます。 また、基本的な料金のベースとなるので人数の追加やパックプランの組み合わせ方によって色々な規模の現場に対応しておりますのでお客様のご依頼内容に合わせてご提案させていただくことも可能です。
  • ※上記金額は税抜価格となります。 当地域 交通調整費 : 5000円 (すべてのパック料金に上記金額がプラスされます)

    他社にはない当社独自の提供サービス

    当社では通常の作業以外に以下のようなサービスを提供させていただいております。
  • 24時間受付で、お客様の希望するお問い合わせ方法を複数ご用意しています。
    ブランド品・骨董品からマニア商品まで多様な商品の高価買取します。
    他社が扱いを断る、様々な事情を抱える特殊な状況の片付け作業もご相談ください。
    高濃度オゾン脱臭機による強力な除菌・脱臭サービスの提供しています。
    HDDなどの個人情報・記憶媒体の物理破壊を目の前で行うこと出張サービスです。
    すべての片付けサービスで、室内の掃き掃除等の簡易清掃サービスを行っています。
  • よくある質問

    お客様からよくいただく質問・お問い合わせいただく内容をまとめました。
    Q01.遺品整理やそれらの処分を行う場合の目安になる金額を教えてください。

    まず、当社で行う場合の一般的な遺品整理に伴う料金の目安だけ記載します。

    ・1K  1~2名作業 55000円 ~ 110000円

    ・1DK 2~3名作業 88000 ~ 165000円

    ・2DK 2~3名作業 108000 ~ 265000円

    ・3DK 3~4名作業 210000 ~ 420000円

    ・それ以上の間取り 案件ごとに別途見積もり

    ※1:上記に記載料金は一般的な見積内容としてご提示しており、トラック停車位置から建物玄関などの搬出口までの距離が10m以内でアパート・マンション等の2Fなどの場合はベランダや玄関側のどちらか出入口付近の真下にトラックを横付けして荷降ろしが出来るような比較的取り纏めた荷物の搬出がしやすい条件がそろった場合の料金になります。

    ※2:当社の「遺品整理・片付けサービス」の基本作業内容は

    ①屋内に残り、撤去を依頼された残置物すべての分別・取りまとめ作業

    ②トラックまでの荷物の運び出しと積込作業

    ③協力業者を含めた処分先の選定と処分

    ④作業完了後の簡易掃き掃除

    以上が上記料金に含まれます。

    ※3:水回り4点(トイレ・台所・洗面台・お風呂場)の水回り清掃は上記料金には含まれず、別途見積金額をご提示致します。

    ※4:「遺品整理片付けサービス」では一般的な家庭から出てくる家庭ごみ全般を想定しているため、当社にて地域毎の分別要件ごとに分別を行い、各地域毎に提携する一般廃棄物処理業者へ処分を依頼することを想定した金額となっております。また、これらの家庭ごみの中で当社にて資源化や海外向けリユースなどが出来る商品については出来る限りのリユース・リサイクルを行うものとした料金となっており、委託する一般廃棄物処理費用を極力抑えた場合の料金設定となっております。

    ※5:一般廃棄物として処分を行う場合、資源リサイクル品はすべて単一商品毎に分別が必要となり、一例としてペットボトルや調味料の中身入りなど、別途作業が必要となる商品が大量にある場合や事業で使われていたと判断される産業廃棄物、古い建物などの防火材などに使用されたアスベスト含有商品や農薬などの特別産業廃棄物、インシュリンの針などの医療系産業廃棄物など通常の家から出てこない物品で見積もり時に申告がなかったものについては別途見積をさせていただき、当社もしくはお客様にて処分をお願いする場合がございます。

    ※6:金額の振れ幅の違いはタンスや押し入れなどの収納の数などによる変動が大きくなります。また、当然ながらごみ屋敷のような一般的な家よりも荷物の多い現場の場合や大型マンションや現場の搬出先建物などにトラック等が寄せられない旗地などの場合は上記金額より増えるケースが多いのでその辺につきましてもご了承ください。

    ※7:大きな農家や旧家のような建物が大きい現場の場合も同様に荷物の多い傾向がありますので上記よりも金額が上がる傾向にあります。 詳しくは当社スタッフへお電話にてご連絡ください。

    Q02.遺品整理を初めて行うのですが何からしたらいいのか、全く分かりません。どうしたらいいのでしょうか?

    まずは遺品整理を始める前に親族の方などと協力して故人の方に対する各種手続きを市役所等で進めてください。

    基本的に49日ぐらいまではお葬式やお墓の準備など様々な事でお忙しいと思うので様々な行政上の手続きを進めておくことをお勧めします。

    その上である程度の手続き関連が完了し、遺品整理を行う時間が取れそうであれば、ご親族を含め形見分け等の整理などから始めるのが宜しいかと思います。

    また、この時にご親族の方などのご協力をいただけるのであれば形見分けを行うのと同時に貴重品の捜索などを並行して行ってください。

    遺品整理を行う上で大事なことは相続人全員に土地や金銭だけでなく、遺品などを受け取る権利がある為、後々に揉めないように相続人全員で捜索を行う事をお勧めしています。

     

    Q03.初めての遺品整理ですがどのようなところに気を付けて作業を行えばいいかポイント等を教えてください。

    遺品整理やごみ屋敷などお部屋の片付けに共通することではありますが一番の大原則として「捨ててしまうと今後手に入る可能性が無いものは捨てない」という事ではないでしょうか?

    また、逆に言えば容易に手に入るものであれば出来る限り捨ててしまうとも言えます。

    これらは遺品整理をしているとよく起こりがちなことで故人との思い出の品などはお金を払っても買うことは出来ない為、ある程度は慎重に捨てる必要があると思いますが生活雑貨などですぐに使わないものなどを大量に持ちかえった場合は自宅の保管場所などの問題がある為、必要ある分以外は意外と捨ててしまった方がスムーズに事が進む事があります。

    そのような事を避けるために遺品整理を行う前にご自宅側で持ち帰る荷物の保管スペースをあらかじめ作って置き、そこに収まる分だけを持ち帰り、収まらない部分については現地で処分するなどの方法を考えておくと段取り良く遺品整理を進めることが出来ると思います。

    Q04.無くなりそうな親族がおり、部屋には戻れない為、生前に少し片付けようと思っていますが問題ないのでしょうか?

    病院等に入院し、戻れる目安が立たない為、生前整理を行いたいという方はよくいらっしゃいます。

    問題あるかどうかでいえば、所有権者が在命で本人の意思等を確認できる状態であれば本人の意思を確認してください。また、ご本人が意志の確認等が出来ない場合については戻ってこれる見込みが立たないと思うので事前に片付けを行う事も検討された方がいい場合もあります。

    生前の片付け等を行う場合の一番多いケースは持ち家ではなく賃貸物件にお住まいだったため、家賃分がもったいないというケースだと思います。

    このような場合は実際に家賃分の料金の数か月分で片付けの費用が賄える場合が多い為、入院期間が長くなりそうな場合はこの辺りを検討する必要もあると思います。

    また、持ち家の場合はそれほど急ぐ必要もないとは思いますが長期間家に人が入らないと空気が淀み、家が傷んでくることも多く、結果老朽化が進み、外損のある個所を日常的に確認したりすることが出来ない為、近隣に破損物が飛んでいき、近隣からのクレームが来てから片付けを行われるケースもございます。

    次に持ちマンションなどの場合は家賃はかかりませんが共益費や管理費、修繕積立金など意外と差し引かれるものが多い場合もございますので長期にわたり入院などをして家を空ける期間が長くなる場合は手放される準備を進めるのもいいかもしれません。

    当社から言えることとしては金銭的デメリットを享受できるのであれば片付け自体を急ぐ必要はないと思いますし、建物が傷んでいたりすると相続した際に管理責任などを問われる可能性もあるので在命の場合はその辺りを良く参考にしてご検討をいただければと思います。

    Q05.遺品整理を自分達でやろうと思い少しづつ片付けを進めていますが思うほど進みません。何かいい方法はないでしょうか?

    遺品整理と言うのは故人の歴史や財産、思い出すべてと向き合う作業であり、血縁等のあるご親族であれば尚更思い出などがある為、作業に時間がかかると思います。

    これは実際に私たちが自分の親族の方の片付けを行う場合も同じで、血縁や思いが強い程、かんたんに割り切って作業を行えるものではありません。

    特に個人との思い入れが強い品などは感傷に浸ることも多く、中々判断に困るものがあります。

    このような判断に時間がかかりそうな遺品については一度、どこか一か所にまとめておき、しっかりと時間が取れるときに最終的にどれを残し、捨てるのか判断するようにした方が一連の作業が進みやすくなり、効率的に遺品整理を進めることが出来ると思います。

    Q06.賃貸物件の為、すぐにでも片づけたいのですが可能でしょうか?

    Q02及びQ04でも記載しましたが故人が亡くなられて、一通りの手続きが完了しているのであれば、遺品整理を早めに進めて行くことは問題ありませんし、当社にご依頼いただければ出来るだけ早い時期に作業を行う事も可能です。

    このような場合のメリットはやはり家賃分を片付け代金に充てられることで遠方から来られる相続人などの場合は旅費等の費用に充てることもできる為、最低限探しておいた方がいい貴重品や思い出の品などを探して残りを遺品整理業者へ依頼し、処分をしてもらい、その後引き渡し迄早めにやってしまうのもいいと思います。

    Q07.遺品整理自体は業者さんへお願いしたいのですが片づけながら現物チェックさせてもらうことは可能でしょうか?

    当社に限らず、遺品整理自体は業者に頼んで現物チェックをしたいという声は実際よくいただきますが実際の作業をしている横でチェックを行う作業はお客様の金銭的負担が増える為、お勧めはしておりません。

    理由は作業員の横でお客様に確認のお伺いを立てながら作業をするとお客様の判断待ちになる時間が増える為、通常の作業の2倍から3倍時間がかかる場合もございます。

    当社としてもそのように進めてしまうと人件費がその分増える為、人数分の請求を別途させていただくことになります。

    ただし、片付けの作業を行う前に事前に確認作業を手伝ってほしいという場合においては「遺品整理・合いの手サービス」のご利用をお勧めしております。

    当サービスはお客様が大量の荷物や高い場所にある荷物を自分達で出すのが難しいというお客様のご要望にお応えしたサービスとなり、1日単位でお客様の各種確認作業や運び出し、空いている時間での分別作業、形見分けの発送準備などお客様の事前確認の様々な作業をサポートします。

    また、どの商品に価値があるのかなど事前にご相談や買取相談なども受け付けられますのでそういうお困りごとについてもサポートを行う事も可能です。

    その結果、片付け作業を行う前に現状のチェックが終わっている為、余計な作業員などを使うことなく作業を進めることが可能となりますので形見分け等をする際に事前サポートが必要な場合は当社スタッフにご相談ください。

    Q08.形見分けを行いたいのですが親族に女性しかいない為、高い場所の荷物や重いものの取り出しに不安があります。このようなサポートはしていただけますか?

    このようなケースの場合はQ07にも記載した「遺品整理・合いの手サービス」をご利用いただきたいと考えております。

    実際に形見分けを行う場合、大量の荷物が部屋を占拠していく事から確認しながら場所を片付けていき、確認する作業スペースを確保しながら行うと進捗がかなり進むため、形見分けや事前確認がお済でない場合は是非ご利用いただければと思います。

    Q09.遺品整理を行う中でどのような場所に貴重品が置いてあることが多いのでしょうか?

    遺品整理を行う中で一番重要な貴重品捜索ですがこの点については遺品整理を行わないとならないという段階で早めに行っておく必要があると思います。

    一つは防犯上の問題があげられ、人が住んでいない物件などは狙われやすいので注意が必要です。

    また、上記の問題からよくある場所は泥棒にも習われやすい場所になる為、こちらでは詳しく記載できませんがお見積もり等を当社でご依頼いただいたお客様に関しては現地にてありそうな場所をレクチャーすることも可能ですので必要な場合については当社スタッフにご相談いただきますようお願いします。

    Q10.通帳や登記簿などがどこかにあるはずですが全く見つかりません。どうするべきでしょうか?

    遺品整理の貴重品捜索を行うと意外な場所に貴重品が保管されている場合があります。

    基本的にはQ09でも記載したように当社にてレクチャーさせていただく範囲はよく探してみてください。

    それでも見つからない場合は銀行口座や登記簿、債券などに関しては司法書士を通して探すことも可能です。

    また、当社のような片付け業者が作業中に見つけるケースは多々ありますのでその時の作業に合わせてどうしても見つからないものがあれば最終的に司法書士に依頼するといった方法もいいかもしれません。

    ただ、公的書類などについては司法書士に依頼することではっきりと所在が分かりますがそれなりの費用は発生してしまいます。

    また、はっきりと資産を把握されていない場合は借金等の負債がある場合もあり、相続には借金も含まれるのでその辺りは注意が必要です。

    最終的には資産状況があまり把握できていないの出れば、司法書士に調査を依頼し、場合によっては相続放棄なども検討されるのもいいかもしれません。

    Q11.故人からの遺産に多額の借金がある為、遺産放棄を考えています。それでも遺品整理を行った方が宜しいでしょうか?

    遺産放棄を検討されている場合、基本的に遺品の相続や形見分け、処分義務なども放棄される為、遺品整理を行う権利自体放棄している状態になります。

    故人の財産のすべてを放棄するという事ですので遺品整理を行う義務があるのは財産の相続人が行う事が原則となります。

    また、遺産放棄を行う理由として故人の借金等が多い場合など引き継ぐ資産自体が有する資産より多ければ借金を相続する形になってしまうため、この辺りについては事前によく調査を行う必要があります。

    その上で遺産放棄をする場合、法務局等で財産管理人を選定してもらい遺品等の財産管理を含め、委任する必要があり遺品整理の権利も財産管理人が引き継ぐことになります。

    ただ、要注意なのが遺産放棄をしたにもかかわらず、財産管理人がなかなか決まらない為、その間に放棄したはずの土地や建物が朽ち果てて近隣とトラブルになるケースが増えてきています。

    ここで問題なのが財産管理人が決まるまでは財産管理を行う管理者として相続人が管理しなければならないという形になる為、土地建物などがある場合は法務局に預託金などを預け、財産管理人を早急に選定してもらう必要があります。

    その為、相続放棄をした場合についても土地建物がある場合はその辺りをしっかりと加味した形で段取りを行い、必要に応じては弁護士等に相談する必要がある場合もあります。

    Q12.遺産相続をする相続人がはっきりしていませんが賃貸物件なので早く片づけたいです。そのような状態でも片付けを進めていいのでしょうか

    遺産相続をする相続人が全く決まっていない状態での片付けはお勧めしていないので相続する相続人全員が確定してから片付けを行う方が確実だと思います。

    遺品整理については相続人全員に権利があり、個々の権利で勝手に行うとトラブルの原因になります。

    基本的には遺品の管理及び所有権のすべてが相続人全員の同意のもとで行われることが揉めないポイントとなりますので先行して片付けを行う場合は相続人全員の了承を得た上で作業を行う必要があります。

    そして、故人が離婚等をしている場合、別れた相手との間に子供がいる場合はその子供にも遺産を相続する権利がある為、故人が離婚等をしている場合はすべての実子に連絡と確認をしなければならない点にも注意が必要です。

    また、先方との連絡を取るのに時間がかかってしまうケースもあると思いますが財産が少なく賃貸物件などに住んでいる為、家賃などで財産が消耗してしまう場合はその判断を待つことなく、片付けを先行して行う場合もあると思います。

    ただ、相続を希望する場合にそれらの処分にかかった費用や財産の売却などを行う場合はそれらの証明を行った上でこれらも財産分与する必要がある為、この辺りを先行して作業を進める場合はこのような場合も想定して準備を進める必要があり、そのような場合は当社スタッフにもご相談をいただけますと作業方法を具体的に提案できると思います。

    Q13.遺品整理を行う部屋に大量の家具や家電品がありますがこれらを買取してもらうことは可能でしょうか?

    遺品整理につきものの家具や家電品ですが遺品整理に限らず、部屋の片付け全般を行うと大量の家具・家電品がお部屋にあると思います。

    このようなケースが多い為、ご依頼いただくお客様の多くから家具・家電品の買取を希望されるケースがございますが古い家具ですと現行の新築建物などだと使い勝手が悪く、国内販売などが難しい為買取等を行っておりません。

    一番の理由は最近の新築建物は最初から収納スペースが作り付けになっている為、家具を必要とするケースが少なく、昔の大型婚礼家具などが特に言えますが国内のニーズはほぼ皆無と言わざる得ません。

    ただ、全くの買取を行っていないというわけではなく、年数が新しい家電品や有名ブランド家具であれば買取しております。

    以上の事からすべての買取は難しいですが需要があるものだけを買い取らせていただくという形で対応しておりますのでご希望の場合は当社スタッフにご相談ください。

    Q14.故人が集めていた趣味のものがかなりあり、このような偏った趣味などの商品の買取を行ってもらうことはできますか?

    故人の方が集めていたオタク的な趣味で集めた商品の買取も積極的に行っています。

    一例としては骨董品はもちろんゲーム機やソフト、レコード・DVD・CD、カメラや釣り道具など様々な趣味で購入した物の買取をさせていただいております。

    一般的に買取できるかできないかの目安としてゲーム機、ソフト、レコード・DVD・CDなどの場合であれば高額買取が期待できる商品は一般的に数が出回っていない希少性の高い商品であれば高額買取が期待できます。また、発売して間もないものであればそれなりの値段が期待できると思いますが昔、ミリオンヒットしたようなたくさん出回っているようなものは総じて買取できない場合が多くあります。

    逆に骨董品であれば古いもので古伊万里や中国の骨董品などは高価買取が期待できます。

    カメラや釣り道具などは新しいものがどんどん出てくるので新しくても値段がつかないものや古くても癖があって人気があるものなどもあるので一概には言えませんが大量に同じ趣味の道具がある場合はそれなりの金額になることが多くあります。

    ただ、あまりにもニッチな商品については買取が難しいものもかなりある為、そのような買取をご希望の場合は当社スタッフへ事前にご相談ください。

    また、片付け作業を行いながら査定をご希望される場合については個別に査定を行う事も可能ですが作業の進捗が遅くなるため、大量に見積もりが必要な商品がある場合は事前に見積もりをしてほしい商品をまとめておいていただくか、作業ご依頼後ある程度こちらでまとめた上で買取金額をご提案させていただくなど様々な方法をご提案させていただきます。

    Q15.故人の形見分けで貴金属類が出てきました。これらの買取してもらうことは可能でしょうか?

    当社では遺品整理中に出てくる貴金属の買取に関して積極的に買取させていただいております。

    貴金属についてはそれぞれに刻印されている純度に応じて田中貴金属などで表示されている建値を基準に買取させていただいており、買取金額は作業料金と相殺することが出来るのでご希望の場合はご相談をいただければと思います・

    また、相続人がご依頼者様以外に複数人いらっしゃる場合は貴金属自体を財産目録に乗せる必要がある為、相続人同士の間で売却する旨をご相談いただきますようお願いします。

    浦安市ででご依頼いただいた 各種ご依頼 及び 作業実績

    浦安市の実績投稿はまだありません。

    浦安市で、遺品整理サービスをご利用いただいたお客様の声をご紹介いたします。
    その後お元気でお過ごしでしょうか?2月ほど前、千葉県浦安市の実家の遺品整理をしていただいたサラリーマンです。 僕の家は江戸時代から続く漁師、網元でした。ただ、時代の流れの中で漁がたちいかなくなり、高度経済成長期には漁に見切りをつけ辞めていました。ただ、当時のことを知る亡くなった父は、先祖代々続いた家業の品物を処分することができずにいたんです。でも、外から嫁いできた母と昔をまったくしらない僕は、父ほどの感傷はありませんでした。特に僕は、父を亡くした母の今後のことを考えなければならない立場にあったので、今回、父の死をきっかけに、父の遺品整理という形を借りて祖先の名残の処分をすることにしたんです。 ただ、量的にかなりあったので悩んでいたとき、会社の同僚が教えてくれたのが貴社でした。彼の実家でも貴社にお願いして遺品整理をしたとのことで、仕事に関して太鼓判を押してくれたんです。結果は、僕の想像以上でした。あれほど家族を悩ましていた不用品が見る間にきれいになっていく様子は圧巻でした。すっきりしたのをいい機会に、今、二世帯住宅にする計画が持ち上がっています。母を一人にしておくのは心配だと妻が言ってくれたんです。それもこれも遺品整理という形で家の不用品も一緒に処分できたからです。素晴らしい結果を残してくださったこと感謝しています。
    今回、母の遺品整理では本当にお世話になりました。まさか、一人暮らしだった母があんなにものを溜めていたとは思わなかったので、亡くなった母の先見の明と貴社の対応の細やかさと的確な仕事ぶりには感謝しております。貴社の存在がなければ今も右往左往していたと思います。 元々高血圧気味の母でしたが、数年前に亡くなった父が口うるさい人だったので、一人二なってからは、千葉県浦安市の実家で元気に一人暮らしを楽しんでいたんです。ご近所の友だちと旅行に行ったり、ちょっとランチに行ったりと、私にとって第二の青春よと言っていました。そんな母だったので、まさか、自分が亡くなった後のことをきちんと考えていたなんで思いもよりませんでした。 遺品整理のために貴社をお願いしていたのも母自身です。旅行友だちから教えてもらったと、残してくれた手紙に書いてありました。 遺品整理のさい立ち会った私と兄に、母が貴社にお願いしたときの様子を楽しく話してくださったこと、今でも忘れません。あのときスタッフの方が話してくださらなければ、勝手に何もかも自分で決めたと勘違いしたままだったと思います。 今なら言えます、我が母ながらあっぱれです。 亡くなった人の想いを伝える、それが遺品整理というお仕事なのですね。
    義弟の遺品整理のさいは本当にお世話になりました。まさか実兄である私の主人と義弟、兄弟そろってこんなにも短期間にお世話になるとは思ってもいませんでした。 亡くなった主人と義弟は、千葉県浦安市で生まれました。結婚後もそのまま住み続け、私たちの家も義弟一家の家も車で10数分という近さでしたので、元気なころから頻繁に行き来をしており、義妹とも仲良しでした。夫が進行性のガンを患い急逝したときは、義妹がいろいろ気にかけてくれました。その辛さが癒えきらないうちに義弟が同じ病で逝くなどと思いもよりませんでした。義妹の憔悴ぶりは私以上です。だから今度は私が助ける番です。まず、いちばん必要な遺品整理をするために貴社に連絡をしました。主人のときもお願いし、心のこもった仕事が記憶に残っていたからです。 主人のときは、義弟もいれくれました。義妹もいてくれました。兄弟そろって釣りが趣味がったことを覚えていてくれた貴社のスタッフが、遺品整理の中でも釣り道具から片付け、天国で兄弟そろって行けるようにと配慮してくださったこと、今でも義妹と二人で嬉しかったと話しています。 遺品整理というのは片付けるだけではない。残されたものが故人を偲ぶ手助けもしてくれるお仕事だということを、改めて実感しました。
    長く添い遂げた夫婦ほど片方が逝くと残された方が後を追う。そんな話を聞いたことがありますが、千葉県浦安市に住んでいた父方の祖父がまさにそれでした。 祖父母は結婚して60数年、金婚式などもう遥か昔に通り過ぎた超ベテラン夫婦でした。長男である私の父を筆頭に3人の子どもを独立させ、悠々自適の暮らしを二人で楽しんでいたのですが、昨年、祖父が亡くなりました。残されたのが祖父だったらがっくりきて…という心配もあったのですが、祖母だったのでご近所と楽しくお付き合いしながらまだまだ元気にいるだろうと思っていたんです。ところが祖父の1周忌を無事に終えた数日後、脳出血で倒れ、そのまま寝込むことなく逝きました。まるで天国の祖父が迎えにきたようなタイミングの最期でした。 二人とも寝込むことなく子ども孝行だったのですが、問題が一つ残りました。遺品整理です。祖父が亡くなったとき祖母が遺品整理を嫌がったので、そのまま残っていたんです。そこに今度は祖母の分が加わりました。一軒丸ごと片付けるようなものです。さすがに自分たちだけではできないと思ったのが、私がインターネットで見つけた貴社の話をすると父はすんなり受け入れたのです。 当初は反対していた叔父や叔母も今ではお願いしてよかったと言っています。貴社の仕事を見ながら遺品整理、しかも2人分の遺品整理があんなにも大変だとは思わなかったようです。あのときもし自分たちでしていたら、誰が一番大変だったかで後々もめただろうというのが、率直な感想です。 残された者のその後の人生まで左右する、それが遺品整理なのだと実感しました。貴社のおかげで父たち兄弟はすごくうまくいっています。
    年に何回か貴社に不用品回収をお願いしている千葉県浦安市に住む主婦です。実は、今回、不用品回収にからんで面白い体験をしたので、ペンを取った次第です。 娘が通う幼稚園では春と秋にバザーが開かれます。家庭菜園で作った野菜や手作りおやつ、また、不用品などが出品され、売り上げは全て園に寄付されます。私は貴社に不用品回収をお願いしているので、得意のお菓子を出すのですが、中にはいるんです、本当の不用品、使い古しを出す父兄が。まるで幼稚園のバザーをゴミ捨てのいい機会と思っている、そんな父兄に、私の体験を話して欲しいと頼まれ、貴社との関係を話させてもらいました。 私なりのバザー用の品物と、不用品回収用の品物を見極める基準。それに良心的な不用品回収業者の見つけ方などです。私は、インターネットで見つけ最初に貴社に出会えたので、嫌な思いをしたことはありませんが、人によっては不愉快な経験をした方もいるようです。だから私が何年も貴社と付き合っていると聞いて驚いていました。 不用品とバザー用品。自分の家で使わないものを出すという点では似ているかもしれませんが、全く違うということを、実は、私も貴社とお付き合いする中で勉強させてもらったのです。不用品とはいえ色々貴重な体験をさせていただけたこと、貴社にも感謝しています。ありがとうございました。
    父が興した小さな運送会社を手伝うことになり、最初に任されたのが移転が決まっている新しい事務所の片付けでした。場所は、古い事務所と同じ千葉県浦安市内。これまでは女性社員が交代で掃除をしていたので、店舗、事務所の片付けを専門にしている業者をお願いするのは、会社としても初めての経験でした。それをいきなり新人の僕が任されたのですから大変でした。 まず、業者のピックアップから始めました。店舗、事務所の片付けを専門している会社ってけっこうあるんですね。次に値段の比較です。ある程度目星をつけてから実際の交渉にあったんですが、正直いうと、連絡をした会社のなかには、僕が新人と分かった途端、対応が変わったところもありましたし、なめられたなと感じた会社もありました。そんな会社とはもちろんお付き合いするつもりはありません。いろいろ体験した中で、最初から最後まで対応が変わらなかったので貴社だったんです。どういう手順で店舗、事務所の片付けをしていくのか、丁寧に説明していただけたし、見積もりの内訳もきちんと教えてくれました。その誠実な対応が貴社の仕事を雄弁に物語っていたんです。 世間的にみれば小さな仕事ですが、僕にとっては仕事に対する向き合い方を教えていただけた貴重な体験でした。貴社にお願いして本当に良かったです。
    私たち一家が暮らす千葉県浦安市は都内への通勤・通学圏。新興住宅地も多く、こじゃれた家がたくさん建っています。でも、我が家は全く違います。先祖代々浦安市に住んでいる我が家は、周囲のオシャレな家からは浮きっぱなしの日本家屋。古さは目立ちますが、そこに味わいがあります。独特な風情を醸し出している要因は、夫の両親の時代から10年に一度の割合で続けている一軒丸ごと片付けのおかげです。 建材自体は、昔のものなので良いものを使っています。木材の段階で買付け、建てる前に1年間寝かせて枯らせたという自慢の品なんです。その話を嫁いで早々に聞かされた私は、両親亡きあとも我が家の習慣としてしっかり根付いている10年に一度の一軒丸ごと片付けを行ってきました。今年がその年にあたり、今回も貴社にお願いしました。 家は人が住まなくても痛みますが、ものを押し込め過ぎても痛むということを私は義母に教えてもらいました。長持ちさせるにはころあいがあるというのが、亡くなった義母の口癖で、その塩梅を見極めるのが、一軒丸ごと片付けなのです。そしてまた10年間、安心して暮らせるという証でもあるんです。それを教えてくれた義母に感謝しながら、間近に迫った我が家の一大イベント、一軒丸ごと片付けに今回も備えたいと思います。

    浦安市の当社「遺品整理サービス」対応エリア

    浦安市内の「遺品整理サービス」対応エリアは下記のエリアになります。
    浦安市内の「遺品整理サービス」対応エリア
    明海(あけみ)・今川(いまがわ)・入船(いりふね)・海楽(かいらく)・北栄(きたざかえ)・高洲(たかす)・千鳥(ちどり)・鉄鋼通り(てっこうどおり)・当代島(とうだいじま)・富岡(とみおか)・猫実(ねこざね)・東野(ひがしの)・日の出(ひので)・富士見(ふじみ)・弁天(べんてん)・堀江(ほりえ)・舞浜(まいはま)・港(みなと)・美浜(みはま)

    浦安市で遺品整理を行う上での行政連絡先

    ご覧いただいたいるお客様が浦安市で遺品整理等で故人の遺品の仕分けや形見分けなどを行い、処分をご自身で行いたい場合や各種手続きが終わっていない場合は下記行政へご相談ください。

    浦安市役所(うらやすしやくしょ)

    〒279-8501 浦安市猫実1-1-1 047-351-1111

    浦安市の遺品整理中で警察へご相談が必要な場合の連絡先

    万が一、浦安市でお客様が遺品整理の作業中で空き巣などの盗難や孤独死などの現場に立ち会われた場合は下記の最寄りの警察署等にご相談ください。

    浦安警察署

    〒279-0011 千葉県浦安市美浜5丁目13-2 047-350-0110
    LTJ遺品整理隊 相模原・町田相談センター
    〒252-0327
    神奈川県相模原市南区磯部2642-12
    電話:0120-996-694

    千葉県で受けられるサービス一覧



    LTJ遺品整理隊からのお知らせ、キャンペーン情報などがご覧いただけます。